【レポ】BB2 SUMR 1:強度&セットリスト

「BB2 SUMR 1」は、全身の脂肪燃焼を目的とした中級者ボディバーンシリーズで、レッスン使用曲に「夏らしい爽やかさや輝きを感じられる」曲のみを採用したプログラムの第一弾です。

一ヶ月の期間限定プログラムで、2019年は8月1日(木)~8月31日(土)の提供です。

コンセプト通り、1曲1曲が夏を感じるものばかり。提供期間中は暑い日が続いてフィールサイクルのスタジオまで行くにも億劫になりやすいですが、レッスン後は清々しい気分になれると思います。

次の受講のチャンスはまた来年の夏ということになってしまうため、提供期間中に受けておきたいプログラムです。

スポンサーリンク

BB2 SUMR 1の強度

直近のBB2ヒットシリーズに比べて、明らかに強度が低くなっています(並強度)

ポジション3ランが、3曲目とダンベル前とラストソングの王道曲順に配置されているものの、その他の曲は強度が低めのものばかり。

緩急がハッキリしていて、ランでの消耗を次のランまで引きずってしまうことはあまり無いと思います。つまり毎回ランを万全の状態で臨みやすく、爽快感を覚え、モチベーションが続きやすいです。

走破のポイント

夏の音楽を楽しむ

強度も難度も高くないので走破自体は難しくないはず。3曲目、7曲目、10曲目にランがあることだけ覚えておいて、まずはサマーセットの世界観を楽しみ尽くしましょう!

空回り注意

座りこぎでのダブルタイムが多く登場します。曲が速くないので、テンション上がり過ぎると勢い余って空回りしがち。個人的にはサマーは楽しむの優先という考えですが、しっかりやりたい時は、ビートに耳を傾けダブルタイムをしっかり刻みましょう。

脱力を意識

サマーは軽快に動けると楽しさが倍増します。ガチガチに力んで臨むより、体幹で支えつつリラックス。曲に合わせて跳ねるようにこぎ進めれると、より楽しめると思います。

各曲の動作と強度

🚲01
Love Generation (Radio Edit) – Bob Sinclar feat.Gary Pine
3:24
[P2↓× RH⇒DT:BPM128]
[ELBOW DOWN]

リズムからダブルタイムに加速し、エルボーダウンのボースハンド、ライト&レフトのセット。


🚲02
We Are One (Ole Ola) [The Official 2014 FIFA World Cup™ Song] – Pitbull feat.Jennifer Lopez & Cláudia Leitte
3:43
[P2↓P2↑P3↑× RH:BPM125]
[BACK TO UP / PUSH&PULL / PUSH UP]

バックトゥアップの後、座りこぎプッシャンプル。
再び立ちこぎでプッシュアップの後、バックトゥアップ。

思いっ切りプッシャンプルしても良さそう。


🚲03
Summer of Love – Cascada
3:35
[P2↓× DT:BPM128]
[ELBOW DOWN OFF BEAT / STANDING FAST / P2RUN / P3RUN]

エルボーダウンオフビートからのサビでスタンディングファストとランのセット。
ランは1セット目ポジション2の16カウント(あっと言う間)、2セット目はポジション2の32カウント、2セット目から程なくの3セット目はポジション2とポジション3で32カウントずつ。


🚲04
Summer Love – One Direction
3:28
[P3↑P2↓× RH:BPM122]
[TAP IT BACK]

サビでひたすらタピバ。
1セット目と2セット目の間で座らせてもらえるのでクールダウンできます。


🚲05
All Star – Smash Mouth
3:20
[P2↓× DT:BPM104]
[ELBOW DOWN / CLAP]

ダブルタイムでエルボーダウンとクラップのセット。
終盤はエルボー+クラップ+ライト&レフトのコンビネーション。

速くないダブルタイム中のエルボーダウンとクラップで空回りしやすい。


🚲06
Beautiful Girls – Sean Kingston
4:01
[P3↑× RH:BPM130]
[BACK TO UP / TAP IT BACK / SIDE TO SIDE]

1セット目はサビ以外でバックトゥアップで、サビ前半にタピバ、サビ後半にサイサイ。
2セット目はサビ前にバックトゥアップ、タピバ、サイサイまでやった後、サビを含め残りはタップサイサイのコンビネーション(タップ+左+右+左)


🚲07
Summer – Calvin Harris
3:42
[P2↓× DT⇔SD:BPM128]
[P3RUN / P2RUN / PUSH UP / PUSH&ELBOW / ELBOW DOWN]

ドロップでポジション3ラン+ポジション2ランそれぞれ32カウントからスタート。
ブレイクダウンでプッシュアップ、ドロップ前半でプッシャンエルボー、ドロップ後半でエルボーダウン。
ブレイクでスローダウン、そのままドロップでポジション2ラン+ポジション3ランを再び32カウントずつでフィニッシュ。

曲開始50秒でポジション3ラン。
おそらく全プログラム中、最短なのでは?


🚲08
Turn Me On – Kevin Lyttle
3:12
[↓:BPM106]
[DUMBBELL]

ダンベルを縦に持って、片腕ずつ前方上から下へグルンと円を描くハンマーサークルと、クロスチェストプレス、ワイパーのセット。
ハンマーサークルとチェストプレスのコンビネーションも。


🚲09
Better Together – Jack Johnson
3:27
[P3↑× RH:BPM110]
[TAP IT BACK]

再び丸ごと1曲タピバのみ。


🚲10
Volare (Nel blu di pinto di blu) – Gipsy Kings
3:39
[P2↓× DT:BPM116]
[STANDING FAST / P3RUN / P2RUN]

サビ以外はダブルタイムで、サビでスタンディングファスト。
最後のサビだけポジション3ラン64カウント+ポジション2ラン32カウント。
ゆったりなのでカウント数よりがながーくこいでるような感じがします。

スポンサーリンク

BB2 SUMR 1のセットリスト

🚲01
Love Generation (Radio Edit) – Bob Sinclar feat.Gary Pine
[ELBOW DOWN]

🚲02
We Are One (Ole Ola) [The Official 2014 FIFA World Cup™ Song] – Pitbull feat.Jennifer Lopez & Cláudia Leitte
[BACK TO UP / PUSH&PULL / PUSH UP]

🚲03
Summer of Love – Cascada
[ELBOW DOWN OFF BEAT / STANDING FAST / P2RUN / P3RUN]

🚲04
Summer Love – One Direction
[TAP IT BACK]

🚲05
All Star – Smash Mouth
[ELBOW DOWN / CLAP]

🚲06
Beautiful Girls – Sean Kingston
[BACK TO UP / TAP IT BACK / SIDE TO SIDE]

🚲07
Summer – Calvin Harris
[P3RUN / P2RUN / PUSH UP / PUSH&ELBOW / ELBOW DOWN]

🚲08
Turn Me On – Kevin Lyttle
[DUMBBELL]

🚲09
Better Together – Jack Johnson
[TAP IT BACK]

🚲10
Volare (Nel blu di pinto di blu) – Gipsy Kings
[STANDING FAST / P3RUN / P2RUN]

コメント

タイトルとURLをコピーしました