「FEEL NOW」の強度&コリオ:FEELCYCLE

FEELCYCLE「FEEL NOW」は、プログラムの曲構成を一定期間で見直すことで、今しか受けることができない「NOW」を体感できる新コンセプトプログラムです。
FEELCYCLE公式では「誰もが楽しむことができる強度のプログラム」とも紹介されています。

スポンサーリンク

2022年4月リリース版

2022年リリースのプログラム。FEELCYCLEが厳選した最新曲で構成されたNOWシリーズ。 10回のノミネートや3度のグラミー賞を受賞しているザ・ウィークエンドの “Sacrifice”、楽界の名だたる栄冠を総なめにしている期待の新人歌姫のテイト・マクレーの”she’s all I wanna be”、ブリット・アワード授賞式でソングライター・オブ・ザ・イヤー賞を受賞したエド・シーランとテイラースウィフトの”The Joker And Queen”を選曲。

FEELCYCLE公式SNSより

今作のFEEL NOWも良曲ばかり。
2022年3月に開催された「Ultra Music Festival」のライブを観たばかりだったため、DiploのDon’t Forget My LoveやNicky RomeroのAfterglowは胸が熱くなりました。
Afterglowがラストなんて、FEELCYCLEではコテコテのパターンだけど、やっぱりFEELCYCLEの世界観に合うなぁとあらためて思ったそんなFEEL NOWでした。

FEEL NOWの強度

直近リリースのBB2ヒットシリーズと同等の強度と評価しました(並強度)
正直言って低強度と悩みました。
しかし、立ちこぎダブルタイムがプログラムの随所に散りばめられて強度が全体的に引き上げられていることと、高負荷のダンベルのことを考慮しました。

ランが登場するのはラストソングのみ。
コンビネーションを含め、難しい動作はほとんどありません。
問題はダンベル。
一度も肩の高さから下ろすことなく、一度動作を始まったら最後まで止めません。
終盤にフライが配置されていて、クローズをどこまでしっかりアプローチするかがポイント。
リズムが速いのでワチャワチャしておしまいになりやすく、動作本来の強度が感じられないかもしれません。
また、前記通り数多く登場する立ちこぎが、得意か不得意かで印象が大きく変わってくると思います。

走破のポイント

初見でも最初から全力疾走でOK

強度に注意したいのは3曲目、ダンベル、ラストソングくらい。
初見ではダンベルのサイズを控え目にすると良いと思います。
ラストにランをこげる程度の脚力を残しておけば、ガンガン飛ばしても問題無いはず。

オフビートは着実に

オフビートの動作を繰り返すシーンが多く登場します。
曲はリズムを取りやすいので、出だし失敗したとしても復帰は難しくないはず。
しっかりアプローチの回収を目指したいところです。

フライのアプローチ強化

ダンベルでアプローチを高めたいならフライで工夫を。
リズムが速くて難度が高いですが、クローズでしっかり肘を付けること。
勢いでやりがちなところをしっかりダンベルの重さを腕で感じながら丁寧に繰り返すのがポイント。

各曲の動作と強度

🚲01
Sacrifice – The Weeknd
3:08
[P3↑× RH:BPM122]
[BACK TO UP / TAP IT BACK / PUSH UP / TAP&PUSH]

バックトゥアップ、タピバ、プッシュアップ、タップ&プッシュのセット。

開始間も無く立ちこぎポジション3。
バックトゥアップ4カウント→サビで2カウント。
タピバ。
サビでプッシュアップ4カウント。
タピバ。
曲の最後までタップ&プッシュ。


🚲02
abc (The Wild Remix) – GAYLE
3:02
[P2↓× DT:BPM124]
[PUSH&ELBOW]

ダブルタイムでプッシュ&エルボーのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュ&エルボー4カウント→2カウント。
ドロップでプッシュ&エルボー4カウント+2プッシュ&エルボー2カウント。

2セット目は、プッシュ&エルボー4カウント→2カウント。
ドロップでプッシュ&エルボー2カウント+2プッシュ&エルボーシングルカウント。


🚲03
Don’t Forget My Love – Diplo & Miguel
3:19
[P3↑× RH⇔DT:BPM121]
[ELBOW DOWN / P3DT / BACK TO UP]

立ちこぎでエルボーダウン、ポジション3ダブルタイム、バックトゥアップのセット。

開始間も無く立ちこぎポジション3。
1セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント。
ドロップでダブルタイムへ加速し、ポジション3ダブルタイム32カウント。
ダブルタイムのままバックトゥアップ2カウント。

リズムへ減速。
2セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント→ライト&レフト。
ドロップでダブルタイムへ加速し、ポジション3ダブルタイム32カウント。
ダブルタイムのままバックトゥアップ2カウント。
ここで終わらずペダリングを続けてポジション3ダブルタイム32カウント。


🚲04
Love’s Train – Bruno Mars, Anderson .Paak & Silk Sonic
5:07
[P3↑× DT:BPM71]
[TAP IT BACK]

ゆったりダブルタイムでタピバのセット。

開始間も無く立ちこぎポジション3。
タピバ→ダブルタップ→トリプルタップ。
シングルタップ→ダブルタップ→トリプルタップ。


🚲05
Tomorrow – John Legend, Nas & Florian Picasso
3:23
[P2↓P3↑× DT:BPM96]
[PUSH UP]

ダブルタイムでプッシュアップのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップオフビート2カウント。
2セット目も、プッシュアップオフビート2カウント。
直後に立ちこぎ。
3セット目も、プッシュアップオフビート2カウント。


🚲06
she’s all i wanna be – Tate McRae
3:26
[P3↑× DT:BPM80]
[BACK TO UP / ELBOW DOWN / ELBOW&TAP]

バックトゥアップ、エルボーダウン、エルボー&タップのセット。

ダブルタイムスタート。
開始間も無く立ちこぎポジション3。
バックトゥアップ4カウント。
サビでエルボーダウンオフビート2カウント。
バックトゥアップ2カウント。
エルボーダウンオフビート2カウント。

バックトゥアップ4カウント→2カウント。
エルボーダウンオフビート2カウント。
サビで2エルボー2タップオフビート2カウント→エルボー&タップオフビート2カウント。

2セット目は、エルボー&タップオフビート2カウント。


🚲07
Joy – Andy Grammer
3:13
[P2↓× DT:BPM112]
[ELBOW DOWN / STANDING FAST]

ダブルタイムでエルボーダウンとスタンディングファストのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウンオフビートシングルカウント。
スタンディングファスト8カウント。

2セット目は、スタンディングファスト8カウント。
8アップ+4エルボーダウンライト&レフトオフビートシングルカウント+8ダウン+4エルボーダウンライト&レフトオフビートシングルカウント。
スタンディングファスト4カウント。

3セット目は、4アップ+2エルボーダウンライト&レフトオフビートシングルカウント+4ダウン+2エルボーダウンライト&レフトオフビートシングルカウント。


🚲08
Follow Me – Sam Feldt & Rita Ora
2:49
[P2↓× DT:BPM122]
[ELBOW DOWN / P3DT]

ダブルタイムでエルボーダウン、プッシュアップ、プッシュ&エルボー、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム32カウント。

2セット目は、プッシュアップオフビート2カウント。
エルボーダウンオフビート2カウント。
プッシュ&エルボーオフビート2カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム48カウント。


🚲09
Light Switch – Charlie Puth
3:05
[↓:BPM184]
[DUMBBELL]

ショルダープレス、チェストプレス、フライのセット。

ショルダープレス4カウント→2カウント。
チェストプレス4カウント→ライト&レフト2カウント→ボースハンド。
チェスト&ショルダー2カウント。
フライ4カウント→2カウント。


🚲010
The Joker And The Queen – Ed Sheeran feat.Taylor Swift
3:05
[P3↑× DT:BPM67]
[TAP IT BACK]

ゆったりダブルタイムでタピバのセット。

ダブルタイムスタート。
開始間も無く立ちこぎポジション3。
タピバ→ダブルタップ→シングルタップ。


🚲11
Afterglow – Nicky Romero & GATTUSO x Jared Lee
3:41
[P2↓× DT:BPM108]
[PUSH UP / PUSH&ELBOW / P2RUN / P3RUN]

ダブルタイムでプッシュアップ、プッシュ&エルボー、ランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ2カウント→4カウント→2カウント。
ドロップでポジション2ラン32カウント→ポジション3ラン32カウント。

2セット目は、プッシュ&エルボー2カウント→4カウント→2カウント。
ドロップでポジション3ラン64カウント。

FEEL NOWのセットリスト

🚲01
Sacrifice – The Weeknd
[BACK TO UP / TAP IT BACK / PUSH UP / TAP&PUSH]

🚲02
abc (The Wild Remix) – GAYLE
[PUSH&ELBOW]

🚲03
Don’t Forget My Love – Diplo & Miguel
[ELBOW DOWN / P3DT / BACK TO UP]

🚲04
Love’s Train – Bruno Mars, Anderson .Paak & Silk Sonic
[TAP IT BACK]

🚲05
Tomorrow – John Legend, Nas & Florian Picasso
[PUSH UP]

🚲06
she’s all i wanna be – Tate McRae
[BACK TO UP / ELBOW DOWN / ELBOW&TAP]

🚲07
Joy – Andy Grammer
[ELBOW DOWN / STANDING FAST]

🚲08
Follow Me – Sam Feldt & Rita Ora
[ELBOW DOWN / P3DT]

🚲09
Light Switch – Charlie Puth
[DUMBBELL]

🚲010
The Joker And The Queen – Ed Sheeran feat.Taylor Swift
[TAP IT BACK]

🚲11
Afterglow – Nicky Romero & GATTUSO x Jared Lee
[PUSH UP / PUSH&ELBOW / P2RUN / P3RUN]

スポンサーリンク

FEEL NOW 受講後振り返り


レッスンでFEELCYCLEと音楽の世界観を楽しめるように私が習慣化していることがあります。

  1. BCAAとプロテインの摂取
  2. 良質な睡眠

です。

FEELCYCLEのレッスン中に「matsukiyo LAB アミノプロ アミノプラスプロテイン」を水に溶かしたものをミネラルウォーター代わりに愛飲しています。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)は激しい運動での筋肉分解を抑制したり、集中力を高めたりする効果があるとか。

ドラッグストア「マツモトキヨシ」のプライベートブランド商品は、1袋にBCAAを2,000mg含む顆粒スティックが、30袋3,000円を切るハイコスパ。
マツモトキヨシやココカラファインの店頭でも購入できますが、ポイント還元が大きいECサイトでの購入がお得です。

マツモトキヨシ楽天市場店
¥2,980 (2022/06/30 08:13時点 | 楽天市場調べ)
シラタキ
シラタキ

楽天市場では2箱同時に購入すると送料無料になるので、私は毎回2箱買っています。
毎日飲むものなので常備。
これさえ飲めば高強度プログラムも怖くない!?笑

FEELCYCLE後に習慣的に摂取しているのがプロテイン。
プロテインは普通に購入すると値段が張るため、私はふるさと納税の返礼品でいただくことにしています。

リーズナブルな返礼品だと1kgあたり1万円から。
ふるさと納税の返礼品でもラインナップは豊富です。
こちらでは私が実際に利用したことがあるプロテインを紹介します。

島根県雲南市のふるさと納税
¥20,000 (2022/06/30 18:19時点 | 楽天市場調べ)
シラタキ
シラタキ

チョコやカフェオレもありますが、私のお気に入りはストロベリー味。
プレーンのヨーグルトと混ぜると程良い甘味です。
免疫力アップを兼ねて「明治プロビオヨーグルトR-1」と混ぜていただいています。

プロテインをふるさと納税でなく普通に購入するなら、私は美味しさ&溶けやすさからザバス一択。
フレーバーはベタですがリッチショコラを推します。

サンドラッグe-shop
¥4,169 (2022/07/02 20:23時点 | 楽天市場調べ)

冷蔵庫から取り出してササっと飲めたり、スタジオにも持ち込めたりするザバスミルク。
飲んでいるFEELCYCLISTをよく見かけます。
ECサイトでまとめ買いするとスーパーやドラッグストアで購入するよりもお得です。

ミルクの里
¥10,331 (2022/06/30 08:54時点 | 楽天市場調べ)
シラタキ
シラタキ

粉末のプロテインを摂るようになる前はザバスミルクを毎日愛飲していました。
コスパより、飲みやすさや携帯しやすさを重視するならザバスミルク一択かな。
プロテインデビューにもおすすめです!

良質な睡眠をとるために寝る前に習慣化しているのが、ココカラケアのサプリメントを飲むこと。
夜目覚めやすいのが悩みでしたが、解消されたような感じがします。
乳酸菌で腸内環境の改善にも繋がるし、カルピスと言うブランドで安心できるし。

アサヒカルピスウェルネスショップ
¥2,210 (2022/07/03 08:07時点 | 楽天市場調べ)
シラタキ
シラタキ

楽天市場で購入するなら3個パック商品を選択するのではなく、3個別々に買い物カゴに入れて購入した方がお得なクーポンが使えます。
1日あたり70円くらいで始められるのでリーズナブルだと思います。

最後は枕。
毎晩使うものだから見直したいと考えて選んだ枕がブレインスリープピロー。
正直言って高いですが睡眠への投資ととして購入しました。

ブレインスリープ 公式ストア
¥33,000 (2022/07/02 20:38時点 | 楽天市場調べ)
シラタキ
シラタキ

ブレインスリープピローで脳をしっかり休ませて翌朝すっきりとした気分に。
早朝5時30分からのFEELANYWHERE習慣に貢献してくれています。

FEELCYCLEを続ける上でも良質な睡眠は欠かせないと考えています。

スポンサーリンク

2022年1月リリース版

FEEL NOW初回となる2022年1月リリース版。
使用されている楽曲は2021年4月以降にリリースされた最新曲ばかりです。
ダンベル1曲を含む12曲構成。
使用するハンドルポジションは、ポジション2とポジション3がメイン。
1曲のみポジション1を使用します。

FEEL NOWの強度

直近のBB2ヒットシリーズに比べると明らかに強度が低いと感じました(低強度)

ランはラストソングのみに登場します。
フィニッシュはポジション3ランが64カウントありますが、普段からBB2を受講している人にとっては余裕を持って臨めるでしょう。
ポジション3ダブルタイムは度々登場するものの、ほとんどが32カウント止まり。
しかもダブルタイム中の動作はありません。
さらに難しい動作やコンビネーションもほとんど登場しません。
しかし、ポジション3ダブルタイムが苦手な人にとっては強度を感じやすいかもしれません。

「誰もが楽しむことができる強度のプログラム」は初級者向けのメッセージだったんですね。
普段からBB2やBB3を受講している人にとっては物足りなさを感じそう。
個人的には、今後の「FEEL NOW」で、アプローチ次第で振れ幅があるセットリストへの進化を期待したいです。

走破のポイント

序盤から全力で

前記通り、ポジション3ダブルタイムが苦手な人を除き、誰もが余裕を持って完走できるようなセットリストです。
走後感を増すために各動作のアプローチを深めてみてはいかがでしょう?
プッシュアップやエルボーダウンはより深く、フライのクローズは肘までくっ付けるように。
ランはラストソングのみ。
それまでに至るダブルタイムは忠実に。

ダイヤモンドもアプローチアップを

ダイヤモンドのシングルカウントが登場します。
シングルカウントなので回転が速く雑になりやすい。
腕や肩の力を抜き、お腹でしっかり支えます。
回転時には肩移動ではなくお腹を移動するイメージ。
ガチのノーバウンスで脚のアプローチを高めるのも良いと思います。

オフビートも丁寧に

ダイヤモンドと同じくらい雑になりやすいのが、立ちこぎポジション1でのオフビート。
曲のテンポが速く、タピバとエルボーダウンを素早く繰り返します。
お腹でしっかり支えて、手や腕、肩はリラックス。
素早く動けるフォームを掴めると、リズムから脱落することなくアプローチを高められそう。

各曲の動作と強度

🚲01
Rise – Calum Scott
3:36
[P2↓× DT:BPM114]
[PUSH UP / ELBOW DOWN / PUSH&ELBOW]

ダブルタイムでプッシュアップ、エルボーダウン、プッシュ&エルボーのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ4カウント→サビで2カウント。
2セット目は、エルボーダウン4カウント→サビで2カウント。
3セット目は、サビでプッシュ&エルボー2カウント。


🚲02
Shivers – Ed Sheeran
3:27
[P3↑× RH:BPM141]
[BACK TO UP / TAP IT BACK / PUSH UP / TAP&PUSH]

バックトゥアップ、プッシュアップ、タップ&プッシュのセット。

開始まもなく立ちこぎポジション3。
動作を始めたら止まらず曲の最後まで
バックトゥアップ8カウント→サビで4カウント→2カウント。

タピバ。
バックトゥアップ8カウント→サビで4カウント→2カウント。

プッシュアップ4カウント。
サビでタップ&プッシュ。
タップ&プッシュ前に一拍置くのでフライング注意。


🚲03
Runaway – R3HAB, Sigala & JP Cooper
2:48
[P2↓× DT:BPM122]
[PUSH UP / P3DT / ELBOW DOWN]

ダブルタイムでプッシュアップとエルボーダウン、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ4カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム32カウント。

2セット目は、エルボーダウン2カウント→4カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム32カウント。


🚲04
After All – Elton John & Charlie Puth
3:28
[P3↑× RH⇒DT:BPM82]
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK]

サイサイとダブルタイムでタピバのセット。

開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、サイサイ。

ダブルタイムへ加速。
2セット目は、タピバ。
最後ゆっくりになるためタピバのリズム取りが難しい。


🚲05
Boyz – Jesy Nelson feat.Nicki Minaj
2:59
[P3↑× RH⇒DT:BPM90]
[TAP IT BACK / DIAMOND / PUSH UP]

タピバ、ダイヤモンド、プッシュアップのセット。

開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、タピバ。
ダイヤモンドシングルカウント。
右回り4回転したら左回りにスイッチして4回転。

2セット目は、プッシュアップ2カウント。
サビでダイヤモンドシングルカウント。
次は右回り1回転と左回り1回転を交互に。

ダブルタイムへ加速。
3セット目は、プッシュアップ2カウント。
サビでダイヤモンドシングルカウント。
右回り4回転したら左回りにスイッチして6回転。
最後だけ回転数が違うので4回転目で止めないように。


🚲06
Crave – Years & Years
3:17
[P2↓× DT:BPM128]
[ELBOW DOWN / STANDING FAST]

ダブルタイムでエルボーダウン、スタンディングファストのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、サビでエルボーダウンオフビート2カウント→ライト&レフト→サビでボースハンド。
スタンディングファスト8カウント。

一瞬置いて、2セット目は、サビでエルボーダウンオフビート2カウント→ライト&レフト。
スタンディングファスト8カウント。


🚲07
THATS WHAT I WANT – Lil Nas X
2:23
[P2↓P1↑× DT:BPM88]
[ELBOW DOWN / TAP IT BACK / TAP&ELBOW]

立ちこぎでエルボーダウン、タピバ、タップ&エルボーのセット。

しばらくして立ちこぎポジション1。
1セット目は、サビでエルボーダウンオフビート2カウント。

サビ直後にポジション3へチェンジ。
2セット目は、タピバオフビート。
サビでエルボーダウンオフビート2カウント。
タップ&エルボーオフビート。

3セット目は、サビでタップ&エルボーオフビート。


🚲08
STAY – The Kid LAROI & Justin Bieber
2:21
[P3↑× RH:BPM170]
[BACK TO UP / PUSH&ELBOW]

バックトゥアップ、プッシュ&エルボーのセット。

開始まもなく立ちこぎポジション3。
バックトゥアップ4カウント。
サビでプッシュ&エルボー4カウント。
プッシュ&エルボー4カウント+2バックトゥアップ2カウント。

バックトゥアップ4カウント→2カウント→4カウント。
サビでプッシュ&エルボー4カウント。
プッシュ&エルボー4カウント+2バックトゥアップ2カウント。


🚲09
Promises – Diplo, Paul Woolford & Kareen Lomax
3:21
[P2↓× DT:BPM122]
[ELBOW DOWN / P3DT]

ダブルタイムでエルボーダウン、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウンライト&レフト2カウント。
サビでポジション3ダブルタイム32カウント。

2セット目は、エルボーダウンライト&レフト2カウント。
サビでポジション3ダブルタイム32カウント。

3セット目は、サビでポジション3ダブルタイム64カウント。


🚲10
Take My Breath – The Weeknd
3:40
[↓:BPM121]
[DUMBBELL]

ショルダープレス、フライ、フロントパンチのセット。

一度動作が始まったら曲の最後まで終わりません。
ショルダープレス2カウント。
フライ2カウント。
フロントパンチライト&レフトシングルカウント→シングルシングルダブル。

ショルダープレス2カウント。
フライ2カウント。
サビでフロントパンチライト&レフトシングルカウント。

ショルダープレス2カウント。
サビでショルダープレスライト&レフトシングルカウント→シングルシングルダブル。


🚲11
Easy On Me – Adele
3:44
[P3↑× RH:BPM142]
[TAP IT BACK]

ひたすらタピバのセット。

開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、サビでタピバ。
2セット目は、サビでタピバ→ダブルタップ→サビでシングルタップ。
しばらくペダリング。


🚲12
Fall Into Me – Forest Blakk
3:46
[P2↓× DT:BPM118]
[PUSH UP / P2RUN / P3RUN]

ダブルタイムでプッシュアップ、ランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、サビでプッシュアップ4カウント→2カウント。

2セット目は、サビでポジション2ラン32カウント→ポジション3ラン32カウント。

3セット目は、サビでポジション3ラン64カウント。
立ちこぎのままリズムへ減速してフィニッシュ。

FEEL NOWのセットリスト

🚲01
Rise – Calum Scott
[PUSH UP / ELBOW DOWN / PUSH&ELBOW]

🚲02
Shivers – Ed Sheeran
[BACK TO UP / TAP IT BACK / PUSH UP / TAP&PUSH]

🚲03
Runaway – R3HAB, Sigala & JP Cooper
[PUSH UP / P3DT / ELBOW DOWN]

🚲04
After All – Elton John & Charlie Puth
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK]

🚲05
Boyz – Jesy Nelson feat.Nicki Minaj
[TAP IT BACK / DIAMOND / PUSH UP]

🚲06
Crave – Years & Years
[ELBOW DOWN / STANDING FAST]

🚲07
THATS WHAT I WANT – Lil Nas X
[ELBOW DOWN / TAP IT BACK / TAP&ELBOW]

🚲08
STAY – The Kid LAROI & Justin Bieber
[BACK TO UP / PUSH&ELBOW]

🚲09
Promises – Diplo, Paul Woolford & Kareen Lomax
[ELBOW DOWN / P3DT]

🚲10
Take My Breath – The Weeknd
[DUMBBELL]

🚲11
Easy On Me – Adele
[TAP IT BACK]

🚲12
Fall Into Me – Forest Blakk
[PUSH UP / P2RUN / P3RUN]

コメント

タイトルとURLをコピーしました