このブログはプロモーションを含みます

【向河原】駅から徒歩1分の担々麺はココ!武蔵小杉「白湯麺屋」でサクッとひとりランチ

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は8年間で2,500店を超えました。
X(旧Twitter)Instagramで最新レポートを配信中。
「フォロー」や「いいね」で応援していただけると更新の励みになります!

・読者さんからの「ここ行ってみて」
・店舗さんからの「ランチやってるからうちに来て」
コメントお問い合わせでお待ちしています!

白湯麺屋武蔵小杉店で、ランチに特製豚バラ担々麺(白ごま)を。

向河原駅周辺のランチスポット開拓。
本当は近くの立呑み としちゃんでチキン南蛮定食を食べようと思って向河原を訪れたところ、オープンの11時30分を過ぎても開店しない。。
この日は時間が無く、近くですぐに入れそうな飲食店を探す中で見付けた白湯麺屋を訪れることにしました。

まずは店外の券売機で食券を購入します。
支払いは現金のみです。
一番オーソドックスなのは白湯ラーメン、白ごま担々麺、黒ごま担々麺の800円シリーズかな。
お店が推してそうな写真付きのメニューで最も美味しそうに感じた特製豚バラ担々麺(白ごま)を選びました。
発券された食券を取って店内へ。

カウンター席10席程度の小さなお店です。
BGMはJポップ。
この日の滞在中に居合わせたお客さんは全員、私と同じ男性ソロ活のお客さんばかりでした。

食券を店員さんに手渡して提供を待ちました。
着丼まで待ち時間は5分くらいかな。
特製豚バラ担々麺(白ごま)は、バラチャーシュー2枚と味玉付き。
大きいチャーシューがインパクトあります。

↑記事冒頭と同じ動画です。

麺はちゃんぽんのような太麺。
ツルッとした喉越しとモチッとした食感が楽しい。
スープがよく絡んで濃厚な味わいです。

スープは胡麻の香りがしてとってもマイルド。
クセが無くて飲みやすい。
辛い物が得意ではない私でも美味しく食べることができました。
後から爽やかな辛さがやってきます。

チャーシューは見た目通りのボリューム感。
肉感ありつつ、脂身はとろっととろける1枚でした。
味玉は白身ぷるぷる、中はほぼ生の半熟でした。
もう1個食べたいくらい。

挽き肉を回収しながらスープを飲み干しました。
麺を食べた後にライスを注文して投入するのも良かったかも。
肌寒い日に担々麺で体の中からじんわりと温まることができました。

▼おでかけした武蔵小杉のランチスポット
白湯麺屋武蔵小杉店

▼ランチでいただいたメニュー
・特製豚バラ担々麺(白ごま):1,000円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:カウンター席のみ

所在地:神奈川県川崎市中原区下沼部1748
最寄駅:南武線「向河原」駅
行き方:駅前の商店街通り沿い左手(駅から徒歩1分)
営 業:11時30分~23時ラストオーダー※早じまい有り
定休日:なし
支払い方法:現金
子連れ:全席カウンター席で難しそう
※訪問&投稿時点での情報です。おでかけの際には公式サイトやSNSで最新の情報を確認いただくことをおすすめします。

▼ランチで食べた「武蔵小杉」駅最寄りのラーメンたち(新丸子駅最寄りを除く)

▼ランチで食べた「新丸子」駅最寄りのラーメンたち

▼ほか「ラーメン」以外を含めた、最新の「武蔵小杉ランチ」ブログ記事はこちら

【武蔵小杉】ランチのおすすめは?250店食べ歩いた住人のグルメランキング

ランチでJR・東横線・目黒線「武蔵小杉」駅周辺の飲食店を片っ端から開拓。それぞれのランチの様子をブログ記事を通して紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました