【武蔵小杉】二郎系初心者に優しい!ラーメン「豚山」でアレのコールとおすすめの食べ方を試してきた

ラーメン豚山は、. 東京都、神奈川県、愛知県、大阪府を中心に展開している二郎系ラーメン店。
武蔵小杉店は、新店ラッシュが続くJR武蔵小杉駅北口ロータリーにあります。
2022年にオープンした新しい豚山です。

豚山でイートインしたことが無く、事前にコールのことをネットで勉強。
しかし、店内でも丁寧な説明のポップがあったり、店員さんの尋ね方も優しかったりと心配無用でした。
券売機は交通系電子マネーに対応しているので現金で支払う煩わしさはありません。

シラタキ家は、2022年に小ラーメン(ニンニク少し、アレ)とライス、2024年に小ラーメン汁なしをいただきました。
こちらのブログ記事では、それぞれのランチの様子を紹介します。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

小ラーメン(ニンニク無し+汁なし変更)編:2024年

豚山武蔵小杉店で、ランチに小ラーメン汁なしを。

豚山は二郎インスパイア系のラーメン店。
武蔵小杉店は2022年4月にオープンしました。
オープン当時に訪れた以来で、約2年ぶりの再訪になりました。

場所は武蔵小杉駅JR北口からすぐ。
駅と同じ建物内にあります。
まずは食券を購入します。
オープン直後の前回は、普通に小ラーメンをいただきました。
今回は+100円で汁なしをいただいてみることに。

座席は厨房に面したカウンター席のみです。
オープン時刻は11時。
オープン10分後にはほとんどの席が埋まっていました。
座席は店員さんに番号で指定されます。
L字に並ぶカウンター席のちょうど角にあたる席に座るように促され、一瞬座るのを躊躇しました。
右隣のお客さんと仕切るように調味料が置かれていて他の席と比べて3分の2くらいのスペースに感じました。

その後11時15分には満席。
満席になるとカウンター席の後ろに並びます。
居合わせたお客さんは全員男性ソロ活でした。
他のお客さんのコールを聞いていると不慣れな人もちらほら。
二郎系初心者に支持されているのを感じました。

着席してからコールを聞かれるまで5分と待たなかったと思います。
コールも前回から変えてみようと思い、翌日人と会う約束もあったことから

  • ニンニク抜き
  • 野菜(300g⇒450g)

をコールしました。
今回もカウンターに貼られている注文方法のガイドがあったので、余裕を持ってコールすることができました。
まもなく着丼。

↑記事冒頭と同じ動画です。

汁なしにすると、

  • 卵黄
  • オニオンチップ

がトッピングされるみたい。
ビビって野菜マシマシ(600g)にはしなかったけど、野菜マシでも麺が覗くくらいのボリューム。
マシマシに挑戦してみてても良かったかな。

モヤシから湧き上がる湯気を顔で浴びながら食べ進めました。
モヤシがシャッキシャキ。

麺はいつもの極太で噛みごたえ満点。
汁なしの方が、より小麦の香りを楽しめるような感じがしました。
粗挽きの胡椒が爽やか。
卵黄を溶くとまろやかな味わいに。

豚は極厚。
気のせいかもしれないけど少し小さくなったかな?
ペロッと食べれてしまいました。

濃厚な醤油スープをストレートに堪能できたんですが、、やはりニンニク無しだと物足りなさを感じました。
3分の2程食べ進めたら飽きてきて、卓上の酢をかけて味変しながら完食しました。

豚山は、ガイドがあってコールのしやすく、店員さんの対応も優しくて初心者でも安心。
だけど、隣のお客さんとの間隔が狭い上、今回の席はスペースが完全にハズレでした。
左利きならマシかもしれませんが、右利きは窮屈で食べづらい。
ちょうど角で通りづらいのか、お客さんが後ろを通行する度にバッグが当たって食事に集中できませんでした。
あと店員さんの私語の多さも気になったかな。
次は味噌山に変更を食べてみようと思ったけど、同じ席に当たらないことを祈るばかり。

▼おでかけした武蔵小杉のランチスポット
豚山 武蔵小杉店

▼ランチでいただいたメニュー
・小ラーメン:900円
・汁なしに変更:+100円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:カウンター席のみ

小ラーメン(ニンニク少し+アレ)編:2022年

ラーメン豚山武蔵小杉店で、ランチに小ラーメン(ニンニク少し、アレ)とライスを。
豚山は東京都と神奈川に約20店舗展開するラーメンチェーン。

豚山の特徴は他に負けない力強いスープにコクのある醤油ダレ。
やわらかいぶた肉とボリュームたっぷりの野菜が特徴です。

豚山の公式サイトより

そんな豚山が武蔵小杉にオープンしたのが2022年4月。
私が住んでいる元住吉にも店舗があり、一度テイクアウトを利用したことがありました。
元住吉へ引っ越してすぐにコロナだったため、イートインで行かないまま今に至っていました。

二郎系とのことで行く前に予習することに。
ラーメンが提供される前にニンニクや野菜の量を口頭で伝える「コール」という行程があり、さらにそのコールで注文できる無料トッピングの「本日のアレ」というものがあるらしい。
毎朝、豚山のTwitterで各店舗の「本日のアレ」が公開されるとのことでチェックしてみることに。
訪れた日は10時30分頃の投稿で、蔵小杉店の「本日のアレ」は「フライドガーリック」

武蔵小杉店のあるJR武蔵小杉駅北口ロータリーへ向かいました。
到着がオープン直後だったので7人オープン前から待っていたことになります。
オープン10分後の11時10分には、カウンター席14席は全て埋まりました。
恐るべし豚山人気。

まずは券売機で食券を購入します。
「小ラーメン」と「ライス」のボタンを押してモバイルSuicaで支払いました。
あっ、味玉も注文するんだった。
まっいっか。
ライスのことばかり気にかけて味玉を注文するのを忘れていました。

ラーメン提供前のコールを順番に聞かれます。
ホームページの他、席にも注文方法の案内があるので初心者もコールしやすいです。
続々と進んでいたコールの順番が何故か私の前でストップ。
待っている3分間ドキドキしました笑
「○番さん、ニンニク入れますか?」
キターーー
「ニンニク少し、アレでお願いします」
これで下記をお願いしたことになります。

  • ニンニク:大さじ半杯
  • 野菜:標準(300g)
  • 背アブラ:標準
  • 味の濃さ:標準
  • 本日のアレ:フライドガーリック
↑記事冒頭と同じ動画です。

そして完成したラーメンがテーブル越しに手渡されます。
レンゲに隠れていましたが、ニンニクは「少し」でもそこそこの量です。
スープからニンニクの香りがプンプンしました。
スープをすするとピリっとスパイシー。

太麺がもっちもち。
標準でも300gもあるもやしも一緒に食べながらなので、麺の量がなかなか減りません。
音を立てず綺麗に食べようと考えてはいけません。
二郎を食べる時と同じように豪快に勢い良くすすりました。

極上ぶた肉(チャーシュー)はトロトロで柔らかい。
肉と脂が良い塩梅でした。
おすすめの食べ方として紹介されていたように、ライスの上にのせてチャーシュー丼に。
本当は増した背アブラをかけるのが良いとのことですが、胃腸のことを考えて控えました。
味付けはあっさり目で、スープを追いがけしながらいただいました。

隣の席との間隔が狭くて、アクリル板に割り箸を何度かツンツン当ててしまいました。
この日は真夏日。
エアコンが音を立てるくらいガンガン効いていたものの全身から汗ダラダラでした。

他のお客さんのコールを聞いているとまるで学校の発表会みたい。
元気にコールするお客さんもいれば、私のように不慣れにコールする人も。
店員さんはどんなコールでも優しく受け止めてくれました。

▼おでかけした飲食店
ラーメン豚山武蔵小杉店

▼いただいたメニュー
・小ラーメン(ニンニク少し、アレ):830円
・ライス:100円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:全席カウンター席

所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町3-492
最寄駅:JR・東横線・目黒線「武蔵小杉」駅(JR北口)
行き方:東急南口前のこすぎコアパークから道路の反対側へ。センターロード小杉北門そば(駅から徒歩1分未満)
営 業:11時~23時
定休日:なし
予 約:不可
支払い:現金/電子マネー
子連れ:可だけど全席カウンター席
※訪問&投稿時点での情報です。おでかけの際には公式サイトやSNSで最新の情報を確認いただくことをおすすめします。

▼ほかの「武蔵小杉ラーメン」店開拓レポート

▼ラーメン店以外のお店を含めた「武蔵小杉ランチ」の最新開拓レポートはこちら

【武蔵小杉】ランチのおすすめは?250店食べ歩いた住人のグルメランキング

ランチでJR・東横線・目黒線「武蔵小杉」駅周辺の飲食店を片っ端から開拓。それぞれのランチの様子をブログ記事を通して紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました