東京駅に「メルヘン」のサンドイッチをイートインできるカフェがあるって知ってた?限定メニューを食べてきた

スポンサーリンク

東京たまごサンド開拓3店舗目は、グランスタ東京の丸の内坂エリアにある「PREMIUM SAND +CAFÉ メルヘン グランスタ東京店」。
ランチに東京駅限定の浅草今半黒毛和牛すき焼きサンドとタマゴのペアサンドとマンゴー生クリームを。

東京駅にメルヘンのサンドイッチをイートインできるカフェがあるらしい。
メルヘンカフェは東京駅構内の丸の内側(西側)JR改札内にあります。
JR改札内からの行き方は地下1階の「丸の内地下中央口」を目指します。
グランスタ東京の丸の内坂の真正面です。

改札外から向かうなら丸の内・皇居側の東京駅中央口から向かうのがスマートかなぁ。

まずは普段メルヘンでサンドイッチをテイクアウトする時と同じく冷蔵ケースの中に陳列されたサンドイッチの中から好みのサンドイッチを注文します。

今回いただくことにしたのは、浅草今半黒毛和牛すき焼きサンドとタマゴのペアサンドとマンゴー生クリーム。たまごサンド開拓企画なので、タマゴサンドはマスト。ちょっぴり贅沢な今半とのコラボレーションしたサンドイッチとのペア商品を選びました。

その際、店員さんにイートインしたい旨を伝えます。
会計を済ませると脇のカウンターからサンドイッチをお盆にのせておしぼりとともに提供されます。
サンドイッチを受け取って奥のイートインスペースへ向かいます。

BGMが無くてめちゃめちゃひっそりしています。
絵画が飾られていたちょっとしたアートな空間。
2人掛けテーブル席の他、カウンター席も。
ひとりでの利用だったのでカウンター席へ。
私以外にもソロ活のお客さんが2名いました。
平日は空いていてランチスポットの穴場かも。

↑記事冒頭と同じ動画です。

まずはタマゴサンドから。
メルヘンのタマゴサンドをいただくのは2回目でした。
食パンはふわふわ。
もう少しパサつきが無くしっとりしたパンが好みだけど、具材が引き立つには水分量はこれくらいが良いのかな?
たまごサラダは優しい味わい。
白身の粒が極小で舌触りも優しい。
甘さも塩っぱさも計算し尽くされているかのようなバランス加減で完成度の高さを感じました。

続いて初めていただく浅草今半のすき焼きサンド。
すき焼きの醤油ダレがパンに合いました。
噛む度に肉の旨味が口の中に広がります。
レタスとの分離感があるけど許容範囲。

最後にデザート代わりに買ったマンゴー生クリームを。
マンゴーがひんやりとろとろー。
一口食べただけで口の中が南国に。
マンゴーを包むふわふわクリームとの相性も抜群。
尻尾の方にもマンゴーが。
断面のような極厚マンゴーが丸々サンドされている訳ではないけど、そのそうりゃそうだよねのちょっぴり残念感を十分上回る食体験でした。

あとでネットで知ったんですが、グランスタ限定の4色パックがあるらしい。
しかし帰りにショーケースを見ても見当たりませんでした。
数量限定メニューなのかな?
次に目にした時はチェックしてみよう。

▼開拓した東京たまごサンドを食べられる飲食店
グランスタ東京「PREMIUM SAND +CAFÉ メルヘン グランスタ東京店」

▼いただいたメニュー
・浅草今半黒毛和牛すき焼きサンドとタマゴのペアサンド:イートイン726円
・マンゴー生クリーム:イートイン550円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・デート:サンドイッチでデートの小休憩

▼他のお店を含めた、おすすめしたい「東京たまごサンド」ランキングはこちら

東京「たまごサンド」のおすすめは?有名店を食べ尽した正直ランキング

「たまごサンド」を食べられる東京の人気店や有名店を片っ端から開拓。王道のフィリングから厚焼き玉子やだし巻き卵まで。筆者自身が食べた正直なおすすめをランキング形式で紹介します。

▼同じ「東京駅周辺ランチ」のブログ記事

▼最新の「東京タマゴサンド」ブログ記事はこちら

東京「たまごサンド」のおすすめは?有名店を食べ尽した正直ランキング

「たまごサンド」を食べられる東京の人気店や有名店を片っ端から開拓。王道のフィリングから厚焼き玉子やだし巻き卵まで。筆者自身が食べた正直なおすすめをランキング形式で紹介します。

▼ほか「東京駅周辺ランチ」以外を含めた最新の「東京グルメ」ブログ記事はこちら

「東京ランチ」のおすすめ店を食べ歩き!1000円~2000円で楽しめたお昼ごはんまとめ
東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」のおでかけ記事を読んで、プライベートで実際にランチを食べ歩き。おでかけの様子を動画や写真を交えながらレポートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました