東京駅のオイスターバーはココ!「THE CAVE DE OYSTER」でおすすめ牡蠣フライランチを食べてきた

スポンサーリンク

東京駅八重洲地下街「THE CAVE DE OYSTER(カーブ・ド・オイスター)」で牡蠣のミックスランチを。

11月23日って牡蠣の日なんですね。
当日はレッツのおでかけ記事に気付かず、23日を過ぎてからになってしまったんですが、牡蠣の日の余韻が残ってるかもしれない?オイスターバーへ後日訪れてみることにしました。

東京駅のお店ならランチタイム行けそうと思い、THE CAVE DE OYSTERへ。
この日は雨だったので、地下道を通って有楽町から東京駅へと歩きました。
日比谷駅から二重橋前駅へ続く通りから行幸地下ギャラリーを通り抜けて東京駅入り。

八重洲方面への自由通路を抜けてようやく八重洲地下街へ。
さらに地下街を南下してTHE CAVE DE OYSTERに到着。
結構歩きました。

入口からおしゃれです。
洋楽のノンストップミックスが流れていました。
ディナータイムはそこそこなお値段がしそうな雰囲気ですが、ランチでリーズナブルに楽しめるのは嬉しい。
カウンター席に案内されました。

牡蠣フライ御膳をいただくつもりで訪れましたがマッジクワード「数量限定」に負けました。
牡蠣フライ2ピースに加えて、牡蠣クリームコロッケ、牡蠣のバター醤油ソテー、牡蠣スープと、まさに牡蠣尽くしのランチメニュー。
牡蠣を食べに来たんだから注文するっきゃない!そんな衝動にかられてしまいました。
ドリンクも付いていてアイスコーヒーを注文しました。

まずは牡蠣フライ。
衣はパン粉粗めのサクサク食感。
タルタルソースがマヨネーズ色がかなり強めで、牡蠣フライに付けていただくと、タルタルの脇から牡蠣の旨味が顔を覗かせるような食体験です。

続いて、どうしても食べてみたかった牡蠣クリームコロッケ。
牡蠣フライと比べると2倍くらいの大きさです。
クリームソースが濃厚です。
チーズのようなコクを感じました。

最後に、牡蠣のバター醤油ソテー。
濃厚なタルタルとクリームソースを先にいただいたからでしょうか。
予想していたよりあっさりに感じました。

器や盛り付けで損していると思う。
メニューで見たミックスランチの豪華さからギャップがあり過ぎるからかな。
提供時にテンションが少し下がりました。

その場でもらえる生牡蠣とグラススパークリングのアプリ入会キャンペーン。
販促物を目にした時の心の揺れが、プロモーションの勉強になります。

東京駅直結でアクセス抜群。
店内広々としているので子連れでベビーカーでも大丈夫そう。
これは妻と娘と訪れると良かったかも。

▼おでかけした飲食店
東京駅八重洲地下街「THE CAVE DE OYSTER(カーブ・ド・オイスター)」

▼いただいたメニュー
・牡蠣のミックスランチ:1,408円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・デート:落ち着いていておしゃれ
・子連れ:ベビーカー入店OK

▼参考にしたおでかけ記事

【11/23は牡蠣の日】ご褒美で行きたい!都内の人気オイスターバー5選

ご褒美で行きたい!東京都内でオススメの人気オイスターバー5選|レッツエンジョイ東京
いつも仕事を頑張っている自分へのご褒美に、今が旬の絶品カキを食べに行きませんか?“海のミルク”と呼ばれ栄養が豊富なカキは、疲れた体も癒してくれるはず。今回は、そんなカキがいただける都内の人気オイスターバーを5店舗ご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました