定食が1000円未満!武蔵小杉「立ち呑みTON TON」でお得過ぎるひとりランチを楽しめた

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

武蔵小杉「立ち呑みTON TON」で、ランチにチキン南蛮定食を。

立ち呑みTON TONがランチを始めたらしいとの情報を目にして、さらにメニューに好物のチキン南蛮を発見。
早速ひとりランチの機会に訪れてみました。

場所は武蔵小杉駅の北側。
新丸子東二丁目交差点で南武沿線道路を横断して、ひたすら北上。
京濱伏見稲荷神社の正面です。
武蔵小杉駅から歩くと6〜7分程。
新丸子駅からの方が3分程で行けるので近い。

ランチのオープン時刻は11時30分。
店内は全席カウンター席。
店名に「立ち呑み」とあったので立食かなと思いきや座れました笑
8席ほどの小さいお店です。
2台のテレビに映されている民放がBGM代わり。

この日のランチメニューは、生姜焼き、カレー、チキン南蛮。
もちろん、目当てのチキン南蛮を注文しました。
今どき定食が600円とは破格です。

店主さんお一人で営まれているのかな。
まずはご飯と味噌汁からの提供。
続いてチキン南蛮の提供でした。

↑記事冒頭と同じ動画です。

チキン南蛮の甘酢は後掛けタイプ。
2〜3口はある大きいモモ唐揚げが5個。
唐揚げが揚げたてでカリカリ香ばしい。
中のお肉は柔らかい。
噛むと肉汁が溢れました。

タルタルソースがたっぷり。
粗めにカットした白身がプリプリしていました。
食べやすくてご飯が進むチキン南蛮でした。

炊き立てと思われる白ご飯も、油揚げと豆腐のシンプルな味噌汁も美味しい。
食べ終えた時には満腹に。
明らかに600円とは思えない満足度でした。
チキン南蛮好きな私は、1,000円でもリピートしたいな。

支払いは現金のみ。
店員さんの受け答えが丁寧で好感を持てました。
年明け後はおいくらになるんだろう?(ランチは8日からの予定とのこと)

▼おでかけした武蔵小杉のランチスポット
武蔵小杉「立ち呑みTON TON」

所在地:神奈川県川崎市中原区新丸子東2-898-36
ランチ:月曜・火曜・木曜・金曜11時30分~13時30分ラストオーダー
定休日:水曜/日曜
最寄駅:新丸子駅(東口)/武蔵小杉駅(JR北口)
行き方:京濱伏見稲荷神社方面へ新丸子駅東口から徒歩3分/JR北口から徒歩6分
支払い方法:現金
子連れ:難しそう
※訪問&投稿時点での情報です。おでかけの際には公式サイトやSNSで最新の情報を確認いただくことをおすすめします。

▼いただいたランチメニュー
・チキン南蛮定食:600円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:カウンター席のみ

▼武蔵小杉「立ち呑みTON TON」近くのランチスポット

▼同じ「武蔵小杉ランチ」のまとめ・ランキングはこちら

【武蔵小杉】ランチのおすすめは?250店食べ歩いた住人のグルメランキング

ランチでJR・東横線・目黒線「武蔵小杉」駅周辺の飲食店を片っ端から開拓。それぞれのランチの様子をブログ記事を通して紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました