【武蔵小杉】ラテグラフィックはモーニングも子連れランチも楽しめる万能おしゃれカフェだった

LATTE GRAPHIC(ラテグラフィック)は、オーストラリアのメルボルン発祥のカフェ&レストランです。
2021年に武蔵小杉もラテグラフィックが進出。
東急武蔵小杉駅前に誕生した公園「こすぎコアパーク」の南側にあります。
駅目の前のため人通りが多く、ラテグラフィックの店内も常に賑わっている印象です。

私は武蔵小杉店以外で過去に何度かラテグラフィックで食事をとったことがありましたが、武蔵小杉店オープンをきっかけに再訪してみることにしました。
こちらのブログ記事ではひとりモーニングと子連れランチの様子をそれぞれレポートします。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

店内で子連れランチ編:2024年

LATTE GRAPHIC(ラテグラフィック) 武蔵小杉店で、ランチに生ハムとグリル野菜のジェノベーゼパスタを大盛りで。

休日に家族4人で武蔵小杉駅前のラテグラフィックへ。
私も妻も個々に何度かリピートしているものの、子連れランチで利用するのはオープン以来でした。

ランチタイムが始まる11時にラテグラに到着。
店外のテラス席はガラガラだったので空いてるかもと期待したものの、店内席は見事に満席。
この日外は風が吹いて極寒。
店員さんからストーブの近くへ案内するから待ち時間が無いテラス席にしないか?と提案がありましたが、断って店内の席が空くのを待ちました。

その間、2階のテラス席に座って待ってても良いとの心配りも。
言葉に甘えて2階のテラス席で待つことに。
娘はテラス席から見下ろせる猿回しを喜んで眺めていました。

店員さんからかなり待ちますよと脅されましたが笑、10分くらいで店内へ案内してもらえました。
やっぱり店内はめちゃめちゃ暖かい。
寒い日にテラス席を選ばなくて正解。

この日、私にとっては初めての2階席でした。
2人掛けテーブル席がメイン。
中央の4人掛け大テーブル席へ案内してもらえました。
相席用かな?縦のスペースが広い。
ひっそりと洋楽アコースティックのBGMが流れていました。
お客さん同士の会話も満席の割にはひっそり。

スマホで卓上のQRコードを読み込んで注文します。
一瞬、ランチスペシャルコースを注文するかと頭を過りましたが、2人で軽く5,000円を超えるため、普通のランチの今回は見送り。

6種類のメイン料理の中から、まだ食べたことが無い生ハムとグリル野菜のジェノベーゼパスタを注文しました。
妻とシェアするため+165円の大盛りで。
妻は赤海老とムール貝のペスカトーレパスタを、子供たちにはラテグラフィックキッズプレートを注文しました。

料理の提供を待っている間、子供用に塗り絵を出してもらえました。
2人が塗り絵に夢中になっているうちに、先にキッズプレートを出してもらえました。

好物のポテトフライの取り合いに。
オムライスの中はケチャップライスではなく白米でした。
食べ残しを食べた時、ライスがかたいのとヨーグルトがすっぱいのが気になりました。

続いて大人のパスタも提供されました。
ジェノベーゼは野菜もパスタもモリモリ。
平打ちの麺がモッチモチ。
バジルソースが小麦粉の香りを殺さない程度の絶妙な濃厚さ。
時折オリーブも香りました。

トッピングされている野菜も満足度高めです。
茄子がとろっとしていて柔らかい。
アスパラやブロッコリーのグリルが香ばしい。

麺を半分くらい食べ終えた後はレモンをかけて味変を楽しみました。
大盛りの量は想像以上で、かなりの食べ応えでした。

妻が注文したペスカトーレも大きい海老が2尾とムール貝がたっぷり入っていて、普通盛りでも食べ応え十分。

妻「これがめっちゃ美味しい。持って帰りたいくらい」
セットで注文したカフェラテを絶賛していました。

キャッシュレス決済は、クレジットカードと電子マネーに対応。
モバイルSuicaで支払いました。
私達以外にも子連れのお客さんが。
前もって訪れることが分かっていたら予約を強くおすすめします。

▼おでかけした武蔵小杉のランチスポット
LATTE GRAPHIC(ラテグラフィック) 武蔵小杉店

所在地:神奈川県川崎市中原区小杉3-472-23
最寄駅:JR・東横線・目黒線「武蔵小杉」駅(東急南口)
行き方:東急南口からこすぎコアパークを南下(駅から徒歩1分)
ランチ:11時~14時
定休日:元日
支払い:現金/クレジットカード/電子マネー
子連れ:キッズメニュー・子供椅子あり/ベビーカーのまま入店可
※訪問&投稿時点での情報です。おでかけの際には公式サイトやSNSで最新の情報を確認いただくことをおすすめします。

▼いただいたランチメニュー
・生ハムとグリル野菜のジェノベーゼパスタ:1,408円
・大盛り:+165円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:ゆっくり寛げる
・デート:駅近でおしゃれ
・子連れ:キッズメニュー・子供椅子・オムツ台あり/ベビーカーのまま入店可

モーニング編:2022年

LATTE GRAPHIC(ラテグラフィック)武蔵小杉で、モーニングにベーコンエッグベネディクトをアボカドトッピング、カフェラテセットで。

朝食をとるためひとり朝7時に武蔵小杉駅へ。
武蔵小杉東急スクエアの「ぼんたぼんた」でおにぎりをいただく予定でしたが8時オープンらしく断念。
せっかく駅までやってきたので近くにあるラテグラでモーニングをとっていくことにしました。

朝から入口にスタッフさんが立っていて迎え入れてくれます。
入口入ってすぐの相席のテーブル席へ案内されました。
ボリューム大きめの洋楽がBGMで流れていました。

モーニングも日中と変わらずQRコードを読み込み自身のスマホで注文します。
3月〜6月の期間限定価格らしいベーコンエッグベネディクトを選択。
ちょっと贅沢に+165円でアボカドをトッピングしてみました。
+308円でセットドリンクを付けてカフェラテを。
1,000円ちょっとの朝ごはんになりました。。

待つこと5分。
まずはカフェラテからの提供でした。
セットドリンクはグラス入りなんですね。

↑記事冒頭と同じ動画です。

続けてベーコンエッグベネディクトも。
盛り付けが丁寧です。
朝からこんなご飯を目の前にするとテンションが上がります。
極厚バゲットが2カット。
ナイフを入れる時のパリッ、ミシミシという音から美味しさが伝わってきました。
外はザクザク、中はふんわり。

たっぷりかかったマヨネーズソースがまろやか。
マスタードが香り付け程度に入っているのかな?
半熟卵の黄身を割っていただくとさらにまろやかな味わいに。

ベーコンが程よい塩味。
たっぷり乗っていて満足度が高い。
ほうれん草と一緒にバゲットにのせていただきました。

トッピングしたアボカドは程よい柔らかさ。
エッグベネディクトと相性抜群なのは言うまでもありません。
トッピングして正解でした。

カフェラテはミルキーでとってもまろやか。
泡が繊細です。
ぼんごぼんごに行けなかったのは残念だったけど朝から爽やかな気分になれました。
居合わせたお客さんは全員ソロ活。
同じ相席テーブルに大集合していました笑

キャッシュレス決済は、クレジットカード、交通系電子マネー、PayPayやau PAYに対応。
何故かd払いが使えない。。
今回はPayPayで支払いました。

▼おでかけした飲食店
LATTE GRAPHIC(ラテグラフィック)武蔵小杉

▼いただいたメニュー
・ベーコンエッグベネディクト:638円
+アボカド:165円
+カフェラテ:308円

テラス席で子連れランチ編:2021年

武蔵小杉前「こすぎコアパーク」の一角にオープンした「LATTE GRAPHIC 武蔵小杉」で、ランチにトリュフ香るバルサミコマッシュルームピザ、ランチメニューからスモークサーモンとキノコのクリームパスタとホワイトチョコレートラフランスパンケーキを。

こすぎコアパークがオープンする前からずっと気になっていました。
看板を目にした時に「ラテグラが武蔵小杉にできるの?」と驚いたのを覚えています。
さすが人口が増え続けている武蔵小杉。
人気店が続々と進出してきますね。

オープン直後から行列ができていると噂を聞きつけていました。
訪れた休日11時頃でも見事に満席。
ランチメニューは11時から14時まで。
モーニングの時間帯から居続けるお客さんも多いようです。
案内されるまで5分程待ちました。
テラス席か店内席か希望を尋ねられます。

ベビーカーのまま入店できました。
リクエストすれば子供椅子も準備してもらえるようです。
今回は屋根から飛び出たテラス席へ案内してもらえました。
武蔵小杉駅からの通行人が多く、慣れるまで時間が掛かりました。

ランチメニューだと+500円でティラミスやハーフパンケーキ、+280円でソフトドリンクを注文できました。
ランチタイムでもグランドメニューを注文できますがセットは頼めません。
グランドメニューからトリュフ香るバルサミコマッシュルームピザ、ランチメニューからスモークサーモンとキノコのクリームパスタと季節のパンケーキ「ホワイトチョコレートラフランスパンケーキ」を注文し、妻と娘とシェアすることにしました。

妻「薄生地だね」
トリュフ香るバルサミコマッシュルームピザは、その名の通りトリュフの香りがプンプンします。
マスク越しに伝わってきました。
薄生地で、内側はしっとりとしたソフトタイプで、外側はパリパリのクリスピータイプ。
トリュフとキノコの柔らかい食感と香りがストレートに伝わってきました。

娘用にお皿とフォークやスプーンを用意してもらえ、娘はスモークサーモンとキノコのクリームパスタを美味しそうに沢山食べました。
クリームパスタもトリュフ入り。
モチモチ食感のパスタ麺です。
スモークサーモンとトリュフとグリルレモンの香りが混ざり合った大人な味わい。
チーズも入っているような。
妻「これは大人だね。大人がお酒を嗜みたいところだね」

そして食後にホワイトチョコレートラフランスパンケーキ。
妻「卵白ふわふわパンケーキ」
ふわっふわで噛まなくても口の中で溶けるパンケーキ。
バターの香りが香ばしい。
3品をペロリと完食しました。

妻「すごくきれいなオムツ替え室だった。授乳室と兼用」
武蔵小杉駅からの通行人に落ち着かないと文句を言っていたはずなのに、トイレに行った後の妻の評価はガラリと変わっていました。

支払いはセルフです。
キャッシュレス決済は、クレジットカード、交通系電子マネー、PayPay等の一部QRコード決済に対応していました。
次はモーニングに訪れてみようかな。

▼おでかけした飲食店
LATTE GRAPHIC 武蔵小杉

▼いただいたメニュー
・トリュフ香るバルサミコマッシュルームピザ:1,280円
・スモークサーモンとキノコのクリームパスタ:1,180円
・ホワイトチョコレートラフランスパンケーキ(ハーフ):+500円

▼おすすめのおでかけシーン
・デート:駅近
・子連れ:ベビーカー入店可&子供椅子あり
・女子会:おしゃれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました