このブログはプロモーションを含みます

武蔵小杉にくら寿司が!事前にスマホで席予約も注文保存もできて子連れランチが快適だった

くら寿司は言わずと知れた全国展開の回転寿司チェーン。
2021年に武蔵小杉店がオープンしました。
場所は、中心街から少し離れた武蔵小杉駅「JR横須賀線口」側。
飲食店が並ぶフロンティア武蔵小杉N棟の1階です。

新しい都市型店舗でベビーカーのままでの入店も容易。
子供でも食べられるメニューが充実していることから、シラタキ家も複数回訪問しました。
こちらのブログ記事ではそれぞれのおでかけの様子を紹介します。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は8年間で2,500店を超えました。
X(旧Twitter)Instagramで最新レポートを配信中。
「フォロー」や「いいね」で応援していただけると更新の励みになります!

・読者さんからの「ここ行ってみて」
・店舗さんからの「ランチやってるからうちに来て」
コメントお問い合わせでお待ちしています!

子連れディナー編:2023年

この日は子供2人を含めて6人での夜ご飯。
お寿司のリクエストがあったので、グランツリーの回し寿司 活か、オープンしたばかりのスシローか、少し離れたくら寿司かの3択から選ぶことに。
回し寿司 活はいつも通りの行列ですぐに入れないだろうし、スシローは連続で行ったばかりだしということで、久々にくら寿司へ行くことにしました。

久々のくら寿司。
スシローと同じくアプリで事前予約することができました。
17時以降のディナータイムのピークは予約を受け付けていないのかな?
16時50分までの予約しか受け付けていませんでした。

妻「超楽じゃんね。最高じゃん」
アプリには、メニューを見て、事前に注文を保存しておく機能もありました。
子連れで入店直後のわちゃわちゃタイムを減らすことができて便利。
事前予約と事前注文(保存)を終えて、夕方にいざ、くら寿司へ。

私が注文したのはおすすめメニューの中から

  • ぶり塩熟成大とろ:370円
  • 天然本まぐろねぎまぐろ:290円
  • 紅鮭いくら:140円
  • 天然 大葉すずき:132円
  • 剣先いか:125円
  • はも天にぎり一貫:150円

ほか、合計8皿くらいいただきました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

ぶり塩熟成大とろは噛まなくても舌の上で転がすだけでとろけました。
ねぎとろはボリュームたっぷり。
すずきは大葉が爽やかでした。

剣先いかは身が柔らかい。
鱧天は揚げ立ての熱々サクサクでした。

タブレットを使わずスマホで注文できるのは便利。
6人いてもタブレットの取り合いになりませんでした。

回転レーンに流れるお寿司は全品125円なんですね。
なるほど!これは分かりやすくて手に取りやすい。
スシローと比べて工夫を感じられたくら寿司ディナーになりました。

▼おでかけした武蔵小杉のディナースポット

野村不動産武蔵小杉ビルN棟1階「くら寿司 武蔵小杉店」

▼ディナーでいただいたメニュー

  • ぶり塩熟成大とろ:370円
  • 天然本まぐろねぎまぐろ:290円
  • 紅鮭いくら:140円
  • 天然 大葉すずき:132円
  • 剣先いか:125円
  • はも天にぎり一貫:150円

▼おすすめのディナーシーン
・子連れ:ベビーカーのまま入店可/テーブル席豊富

子連れランチ編:2021年

休日に野村不動産武蔵小杉ビルN棟1階「無添くら寿司 武蔵小杉店」でランチを。

2021年にオープンしたばかりの都市型店舗らしい。
1皿100円ではなく121円と他のくら寿司より割高。
JR武蔵小杉駅の横須賀線・湘南新宿ラインホーム側のすぐ近く。
まさにタワーマンションのふもとです。

公式サイトで予約できるようでしたが、開店30分前の段階で13時20分以降の予約しか受け付けていませんでした。
どれくらい混雑するのか分からなかったので、オープンの11時前到着を目標に訪れてみることに。
近くのショッピングモール、グランツリー武蔵小杉で子供の準備を万全にした後、いざ、くら寿司へ。

開店5分前くらいから受付を開始していたようで、中には案内を待つお客さんが何組か既に待ち合いスペースに座ってました。
タッチパネルでテーブル席希望で受付すると案内予定が11時20分とのこと。
20分待つのかと思いきやサクサクと呼び出しの順番が進み、11時ちょうどぐらいに受付番号を呼ばれました。

店頭のロゴも店内のディスプレイも一新されて以前のくら寿司のようなちょっとした古臭さは全く感じません。
普段テーブル席上にある醤油さしや箸入れ、お茶っ葉等は全てテーブルの蓋の上に収納。
これなら食事中にごちゃごちゃしません。

くら寿司もタッチパネルの注文で一皿ひとさら注文しなければいけない形式。
スシローのようにまとめて注文できると良いんですけどね。
できないのは特許絡みでしょうか。

皿もリニューアルされてました。
お寿司が映えます。
真上から写真を撮りたくなりました。
妻「なんかシャリが甘い」
シャリは小ぶりです。
ネタは新鮮。
大きさは100円寿司としては標準サイズです。
薄いとは思いませんでした。
私は121円皿の中から8ネタをいただきました。

「感動のくらランチ」は平日限定17時までで注文できず。
妻は値段を気にせず自由にネタを注文してました笑

皿の回収口に5枚投入すると抽選になる、くら寿司恒例のビッくらポンも。
最初だけアタリで残り2回はハズレでした。
妻「これ一番最初に出して食べさせておいて2回3回目はハズレるみたいな笑」

妻「子供が忙しいね」
今コロナ禍というにを忘れるくらい子供の話し声が終始賑やかでした。

キャッシュレス決済はQRコード決済に豊富に対応。
楽天ペイで支払いました。
楽天ポイントカードの提示でポイントも。
すべてセルフで行います。
結局、最後まで店員さんとの会話、接触はありませんでした。
通路で1回すれ違った程度。
ここまで非接触が徹底された飲食店は初めてでした。

▼おでかけした飲食店
野村不動産武蔵小杉ビルN棟1階「無添くら寿司 武蔵小杉店」

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・子連れ:子供椅子あり/ベビーカー入店可

\心置きなく外食を楽しむために/

コメント

タイトルとURLをコピーしました