伊佐木商店跡地にオープン!武蔵小杉の居酒屋「灯 別邸」で1000円切りランチ

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

武蔵小杉の博多水炊き・焼き鳥居酒屋「灯(あかり)別邸」で、ランチにチキン南蛮とスタミナ焼き定食を。

同じく武蔵小杉の博多焼き鳥居酒屋「灯」の2号店かな?
2023年11月に、以前、伊佐木商店があった場所にオープンしました。
自家製麺 然(ぜん)の隣、Punjabi Dhaba(パンジャビダバ)Punjabi Bar(パンジャビ バル)の近くです。
入口の扉は手前に開くタイプ。
伊佐木商店の時は引き戸だったような。。

そして居抜きかな?
中のレイアウトは伊佐木商店と変わっていないような。
厨房を囲むようにカウンター席が。
通路を挟んで反対側には掘りごたつのテーブル席も。
ひとりでの訪問でカウンター席へ案内してもらえました。
店内には和楽器のBGMが流れていました。

ランチメニューは1,000円以下の定食。
事前にグルメサイトで見たランチメニューとは違いました笑
好物のチキン南蛮があって良かった。。
ご飯大盛りも特盛りも無料です。
チキン南蛮とスタミナ焼き定食を注文し、ご飯は特盛りでお願いしました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

お盆に一色のせての提供でした。
メインのおかず二皿のわんぱく定食。
どちらにも千切りキャベツが敷かれていました。

まずは鶏白湯スープから。
優しい味わいでほっこり。
熱々で冷えた体に染みました。
千切りキャベツにかかっているのは、普通のオーロラソースかと思いきや、明太子入り。
ピリッとしました。

チキン南蛮は胸肉。
4〜5口の大きめ唐揚げに後掛けで甘酢とタルタルソースを掛けたタイプ。
タルタル抜きで食べるとさっぱりとした味わい。
甘酢の絡みが弱いので、お皿を持って直接すすりました。
タルタルはマヨネーズ色が強く濃厚。

スタミナ焼きは甘じょっぱくてご飯が進む味。
見た目より脂っこくありませんでした。
さすがにメインのおかずが2品もあると、特盛りのご飯を普通に食べ進めてちょうど良い量でした。

以前あった伊佐木商店がコスパ良過ぎで、比べてしまうと若干お得感が薄れた印象。
しかし、武蔵小杉では十分コスパが高いと感じました。
キャッシュレス決済は、クレジットカードの他、PayPayに対応。
PayPayで支払いました。

▼おでかけした武蔵小杉のランチスポット
武蔵小杉「灯(あかり)別邸」

所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町1-526-6 コスモ武蔵小杉105
ランチ:11時30分~14時
定休日:なし
最寄駅:武蔵小杉駅(JR北口)/新丸子駅(西口)
支払い方法:現金/クレジットカード/PayPay
子連れ:小上がりの掘りごたつ席あり
※訪問&投稿時点での情報です。おでかけの際には公式サイトやSNSで最新の情報を確認いただくことをおすすめします。

武蔵小杉駅北口から日本医科大学方面へ徒歩4分(南部沿線道路の横断に信号待ちで時間がかかります)

▼いただいたランチメニュー
・チキン南蛮とスタミナ焼き定食:990円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・同僚と:ボリュームある1000円切りランチ

▼今回紹介した「灯 別邸」近くのランチスポット

▼同じ「武蔵小杉ランチ」のまとめ・ランキングはこちら

【武蔵小杉】ランチのおすすめは?250店食べ歩いた住人のグルメランキング

ランチでJR・東横線・目黒線「武蔵小杉」駅周辺の飲食店を片っ端から開拓。それぞれのランチの様子をブログ記事を通して紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました