炭火焼グリルにクラフトビール!横浜駅近くの「バベルベイサイドキッチン」で肉ランチ&昼飲みしてきた

スポンサーリンク

横浜ベイクォーターM2階にあるビアレストラン「babel bayside kitchen(バベル ベイサイド キッチン)」で、ランチに3種の炭火焼グリルコンボ(オリジナルBBQソース)を。
グリル料理と、お昼からクラフトビールを楽しむことができます。

お得に食事ができる「かながわPay第2弾」をきっかけに、横浜ベイクォーターの飲食店を集中的に開拓中。
この日も、妻と娘と息子との4人で横浜へおでかけ。
未開のバベルベイサイドキッチンをランチで訪れてみることにしました。

お店があるのは横浜ベイクォーターのM2階で、シーバス乗船ターミナルのある川沿い。
店内へ入る前に、眺めが良くて風が気持ちよさそうなテラス席が目に飛び込んできました。
確かにこんな開放的な空間でいただくグリル料理とクラフトビールは美味しそう。

訪れた日は猛暑日だったため店内で食事をとることに。
4名掛けのテーブル席へ案内されました。
ベビーカーは預かってもらい、子供椅子を2脚出してもらいました。

グリル料理がずらりと並ぶ中、妻はプレミアムBLTバーガーを。
私は、

  • 牛ハラミの炭火ステーキ
  • 豚肉の炭火焼き
  • 若鶏の炭火焼き

がワンプレートになった3種の炭火焼グリルコンボ(オリジナルBBQソース)を注文しました。

おもちゃ付きのキッズプレートもありましたが、この日は夫婦で食べるハンバーガーやポテトフライをシェアすることにして注文を控えました。

そしてクラフトビールメニューの中から横浜ラガーを注文し、2人で飲むことに。

まずはビールからの提供でした。
泡がたっぷり。
フルーツの香りがして苦味をしっかり感じる爽やか系でした。

そして料理の提供まで注文して20分くらい待ったかなぁ。
席でじっとしていられない息子と店内&店外散歩。
シーバスの出港も見送りました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

あれ?メニューの盛り付けと随分と印象と違うなぁ笑
ビーフとポークが小さいなぁと思っていたら、野菜の下に隠れていたビッグサイズのチキンを発見。
ちょっとした残念感がありましたが、食べごたえは十分ありそう。

下味は控えめなのでバーベキューソースとマスタードをたっぷりと付けながら。
こんがり香ばしく歯ごたえが。
ソースが無くなったので岩塩とブラックペッパーをかけていただきました。

ハンバーガーの方は見た目から迫力がありました。
妻「パンが固いんだけど。ハードパン」
バンズはサクサク系。
パティはしっかりとした焼き加減で香ばしい。
バーベキューソースが濃厚でした。


息子はグリルに付いてきたホクホクタイプとハンバーガーに付いてきた細切りカットの2種類のフライドポテトを美味しそうに食べていました。

▼おでかけした飲食店
横浜ベイクォーターM2階「babel bayside kitchen(バベル ベイサイド キッチン)」

▼いただいたメニュー

  • 3種の炭火焼グリルコンボ(オリジナルBBQソース):1,738円
  • プレミアムBLTバーガー:1,738円
  • 横浜Lager:1,133円

▼おすすめのおでかけシーン
・デート:開放的な空間
・友達と:肉好き同士なら

▼同じ「横浜ベイクォーターのランチ」レポート

▼同じ「横浜駅周辺のランチ」レポート

▼同じ「横浜」のスイーツレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました