崎陽軒のシウマイも食べ放題!横浜「アリババ」のランチバイキングが再開していた

スポンサーリンク

横浜の崎陽軒本店地下1階にあるレストラン「亜利巴″巴″(アリババ)」でランチバイキングを。

先日、崎陽軒本店のラウンジ「アボリータム」でアフタヌーンティーをいただいたばかり。
平日休みに妻と子供2人の4人で再び横浜を訪れ、今度は地下1階のアリババでランチすることにしました。
崎陽軒本店は横浜駅東口の地下街ポルタと直結しているので地上に上がることなくアリババへ行くことができます。

到着したのはオープン時刻の11時30分ちょうど。
既に数組のお客さんが入口の外で待っていました。
看板を見るとランチバイキング「再開!!」の文字が。
もともとシウマイ食べ放題が付いたランチセットをいただくつもりでいましたが、いつの間にかランチバイキング再開で入れ替わっていたようです。
想定より食事代は跳ね上がってしまいましたが、かながわPayの20%還元店ですし、せっかく訪れたのでランチバイキングを利用してみることに。

妻「空いてて良いね」
テーブル席が豊富で余裕で入れました。
店内は天井が高く広々としています。
普段の飲食店で見ることが無い、まるで宮殿のような内装です。
陽気なラテンのBGMが流れてました。

アリババのランチバイキングはメイン料理1品+ビュッフェという内容。
メイン料理は、ローストチキン、麻婆豆腐、刺身といった和洋中なんでもありなラインナップでした。
妻は好物の海老が入った平日限定エビチリ、私は意外性から握り寿司を注文しました。
あとはメインメニューの提供を待ちつつ、ビュッフェ台に並ぶ料理を取りに行きます。

崎陽軒の昔ながらのシウマイをはじめ、点心、春巻き、酢豚、カレー、ピザ、サラダ、デザート等、中華寄りですがビュッフェも何でもありなラインナップでした。

ほぼ一通り料理を皿に盛って席へ。
全種類食べようとすると少量ずつ取ってもなかなかのボリュームになります。
これにメイン料理のにぎり寿司8貫が加わり、1回だけで満腹確定コースに。

↑記事冒頭と同じ動画です。

早速メイン料理のにぎり寿司から。
普段のバイキングで食べるようなものではなく、しっかり握られた握り寿司。
ネタが大きめで食べごたえありました。

妻「エビチリのソース辛くない?全体的に味が濃いなぁ」
妻が注文したメイン料理のエビチリは、海老大きめ。
はっきりとした辛さでした。

続いてビュッフェ。
まずは昔ながらのシウマイから。
皮は薄くてお肉がぎっしり。
旨味が凝縮されています。
ミニサイズながら存在感あり。
安定の崎陽軒品質でした。
何個でも食べられそう。

肉まんはふわふわしっとりしていました。
妻はデニッシュパンのメープルピーカンがお気に入りのようでした。

出来立てがビュッフェ台に並ぶ時にはアナウンスがあります。
ホイコーローや海老蒸し餃子が追加されていました。
妻「すり身(笑)」
海老蒸し餃子は皮がアツアツもっちり。
海老はすり身でしたが、香りが豊かでした。

4歳未満は無料とのことで娘にもバイキングメニューを。妻が、カレー等、娘が食べられそうなものを取ってきてくれました。

キャッシュレス決済は、スマホ決済を含めて豊富に対応。
d払いを支払元にかながわPayで支払いました。

▼おでかけした飲食店
崎陽軒本店地下1階「亜利巴″巴″(アリババ)」

▼いただいたメニュー
ランチバイキング:平日2,300円

▼おすすめのおでかけシーン
子連れ:ベビーカー入店可

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました