【レポ】代々木公園「富谷商店」のコッペパン

代々木公園「富谷商店」のコッペパン

富ヶ谷のコッペパンスタンド「富谷商店(とみたにしょうてん)」へ。

お店がオープンした2020年2月は、まだ周辺に住んでいたんですがお店の存在を知りませんでした。
富ヶ谷交差点から山手通りを池尻大橋方面へ南下。
少し歩いて右に入る商店街の通り沿いにひっそりとお店がありました。

隣はシャッターが閉まってるし、お店は奥まってるので看板に気付かないとスルーしてしまいそうです。

一番人気のプライムリブローストビーフを食べたかったんですが、店員さんに尋ねると今日は作っていないとのこと。
ローストビーフを含むコッペパン全種が日替わり、そして作った分の売り切りスタイルのようです。
「ローストビーフ毎日作ってないんかーい」と突っ込みたい気持ちを抑えつつ、ショーケースを覗き込んで残っているコッペパンの中から金箔ゆずあんバターとピスタチオを購入することにしました。

ローストビーフを食べられなくて半分残念な気持ちで帰宅したわけですが、その残念な気持ちを払拭するくらいの絶品コッペパンでした。

さすがカタネベーカリーのパン。
一噛みで他のパンとの違いが分かります。
しっとり柔らかで中の具材まで歯を包み込みながら届けてくれる感じ。

まずはあんバター。
持つとずっしり重たいです。
バターがたっぷり濃厚。
最初にバターは口の中で溶けて後からじわりじわりとあんこの甘さがやってきます。
奥に柚子の爽やかさを感じました。

ピスタチオもクリームたっぷり。
ピーナッツバターのような香りで、奥にほんのりピスタチオを感じます。

ラインナップが日替わりなのは、コッペパンとの出会いを演出するための販売戦略なのかも。
機会あればローストビーフも食べてみたいなぁ。

▼おでかけした飲食店
代々木公園「富谷商店(とみたにしょうてん)」

▼いただいたメニュー
・プライムリブローストビーフ:520円
・金箔ゆずあんバター:380円

▼おすすめのシーン
・ソロ活(テイクアウト)

▼参考にしたおでかけ記事
絶品ローストビーフがたっぷり!こだわりと地元愛が詰まったコッペパンスタンド「富谷商店」へ

コッペパンスタンド「富谷商店」で、自慢のローストビーフサンドを堪能
2020年2月4日、奥渋エリアの商店街に小さなコッペパンスタンドがオープンしました。その名も「富谷商店(トミタニショウテン)」。自慢のローストビーフやお惣菜、南アルプスのフルーツ産ジャムなどをたっぷりと挟んだコッペパンが人気で、早くも全メニューを制覇しているファンがいるほど、大きな人気を集めているんです。ランチにピッタ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました