船橋屋が手掛ける表参道「BE:SIDE」のみずくずもちに感動した話

スポンサーリンク

表参道にオープンした、老舗和菓子屋「船橋屋」の新ブランド「BE:SIDE(ビーサイド)」でみずくずもち(黒蜜黄な粉)を。

虎ノ門駅から銀座行きの銀座線で表参道駅まで。
A2出口から地上へ。
駅から15分程歩きます。
神宮前の住宅街に目的のお店、ビーサイドがありました。

行列が見えて嫌な予感がしました。
予想外の満席。
若い女性のグループ客で賑わってました。
店頭のタブレットで受付をします。
お昼過ぎで5組待ち。
電話やメールで呼び出すかここで待つかを選択します。
回転は早いんじゃないかと期待し、現地で待ってみることにしました。
蒸し暑い夏日で汗をダラダラ流しながらの待ち時間。
予想は外れ30分くらい待ったと思います。
耐久レースみたいで結構こたえました。

禁煙の店内席希望者が多く、どちらでもOKと答えた私は喫煙可のテラス席への案内でした。
賞味期限20分で、「BE:SIDE」限定のみずくずもち(黒蜜黄な粉)を注文しました。
ドリンクは屋久島無農薬のアイスで。

5分待っての提供でした。
器を振るうとぷるぷるする球体が3個、黒蜜に浮いているかのようです。
食べてみると経験したことのないとろとろ感。
口の中ですーっと溶けていき、後味がすっきりしています。
清涼感が半端ない。
みずくずもち自身には味が付いていないので、たっぷりのきな粉と濃厚黒糖と一緒にいただきました。
これは待った甲斐がありました。
二度と夏日に待ちたくないけど。

屋久島無農薬はすっきりしていてほろ苦い。
汗をいっぱいかいたので一気に飲み干しました。
キャッシュレス決済はクレジットカードと交通系ICカードの他、PayPayが使えるようでした。
楽天カード→Kyash Card→TOYOTA Wallet経由でチャージしたモバイルSuicaで支払いました。

アクセスは決して良くない住宅街のど真ん中なのに何の情報を見て来てるんだろう。
受付さえ済ませれば現地を離れて待つことはできるものの、時間に余裕を持って訪れた方が良さそうです。

▼おすすめのおでかけシーン
表参道「BE:SIDE(ビーサイド)」

▼いただいたメニュー
・みずくずもち(黒蜜黄な粉):ドリンク付1,250円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:人気店
・デート:時間に余裕を持って

▼参考にしたおでかけ記事
風流な夏に!賞味期限30分以内「くず餅&わらび餅」3選

賞味期限30分以内「くず餅&わらび餅」3選|レッツエンジョイ東京
夏といえば、ひんやり冷たいスイーツが食べたくなる季節。そこで今回は、見た目も涼しげな「くず餅&わらび餅」のオススメ店を和スイーツ研究家・安原伶香さんに紹介していただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました