オズ通り商店街に行列!元住吉「萬牛カルビ」で焼肉丼をオープン記念価格で食べた感想

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

元住吉「炭火たれ焼肉丼 萬牛カルビ」で、ランチに萬牛カルビ丼梅+卵黄のせを。

萬牛カルビは「焼き肉屋が本気で作るカルビ丼」をコンセプトにした炭火たれ焼き肉丼の専門店。
元住吉駅東口のモトスミオズ通り商店街にオープンしました。
串かつでんがなの跡地です。

オープン前からずっと気になっていました。
開店特別価格でお得に食べられる7月14日までに食べておきたい。
2023年7月1日のオープン後も常に行列ができているのを見て行くタイミングを伺っていました。

比較的待ち時間が短くて済みそうかなと考えて開店5分前に訪れました。
この日は炎天下の中、既に4人並んでいました。
開店時刻の11時をまわった時には10人くらい待ってたかな。

順番に店内に通され、まずは食券を購入します。
支払いは現金のみです。

特別価格のセット

  • 萬牛カルビ丼(梅):1,300円
  • 卵黄のせ:+100円

開店特別価格:1,000円を選択。
他、萬牛ハラミ丼(梅)の卵黄のせも1,000円でいただけるようでしたが、まずは店名を冠するカルビ丼から食べてみたいと考えました。

店内はカウンター席が10席のみ。
背もたれがあってゆったりできる席です。
居合わせたのは私と同じ男性で一人のお客さんが多い印象でした。お冷はセルフサービスです。

店内には焼肉の香ばしい香りが充満していました。
陽気な管弦楽のインストルメンタルが。
私の後にも続々とお客さんが入店しあっという間に満席に。
店内に入り切れず店頭で待つお客さんの姿が見えました。

↑記事冒頭と同じです。

カウンター席から厨房の様子が伺えます。
ファーストフード店とは異なり、落ち着いてゆっくり調理している印象でした。
5分は待ったと思います。
カウンター越しに焼肉丼が提供されました。

お肉が少ないというクチコミを目にして期待値調整されていたせいか、逆にお肉びっしりのビジュアルにほっとしました。
中央にはきれいに卵黄が。
照りがあって見ているだけでヨダレが出てきます。

赤身が見えるくらいの結構レアです。
焼いたと言うより炙ったと言った方が良い。
食感が柔らかい。
甘くてほんのり酸味を感じるタレがかかっていました。

焼肉と卵黄と相性が良いのは言わずもがな。
濃厚な味わいに。
カルビ丼はこってり好き向けかな。
程良いボリュームだったと思います。

焼肉丼には浅漬けキムチとしじみ汁がセット。
浅漬けキムチはカルビとの白ご飯争奪戦に。
しじみ汁はしっかり出汁が出てました。
ただ、個人的にはこの浅漬けキムチとしじみ汁を無しにして、その分価格を抑えてもらえると通いやすいだろうなと想像しました。

普段食べることが無い品質の焼肉丼であることは確か。
しかし、果たして元住吉の住人が、1,300円~の焼肉丼を求めてリピートするか。
価格にシビアな地域性だと思うので苦戦しそうと想像しますが。。
これからの動向を見守ります。

▼おでかけした元住吉のランチスポット
元住吉「炭火たれ焼肉丼 萬牛カルビ」

東横線・目黒線「元住吉」駅東口側、モトスミ・オズ通り商店街沿い
元住吉駅から徒歩1分

▼ランチでいただいたメニュー
・萬牛カルビ丼(梅):1,300円
・卵黄のせ:+100円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:全席カウンター席

▼同じ「モトスミ・オズ通り商店街」のランチブログ記事

▼ほか「モトスミ・オズ通り商店街」以外を含む、最新の「元住吉ランチ」ブログ記事はこちら

【元住吉】ランチのおすすめは?100店食べ歩いた住人が選ぶひとりでも通えるランキング
ランチで東横線「元住吉」駅周辺の飲食店を片っ端から開拓。それぞれのランチの様子をブログ記事を通して紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました