武蔵小杉「築地すし好 」がグランツリーの隣にオープン!ひとりランチで名物メニューを食べた感想

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

Classense(クラッセンス)武蔵小杉1階「築地すし好 武蔵小杉店」で、ランチに極上天然本まぐろセットを。

築地すし好は、都内を中心に展開している江戸前寿司店。
武蔵小杉店が初進出みたい。
2023年6月にグランツリー武蔵小杉目の前の複合施設クラッセンス武蔵小杉にオープンしました。

オープン2日間限定で特上天然本まぐろセット4,400円が2,200円で食べられるということで、オープン当日から行列が。
私が訪れたオープン2日目も、13時過ぎの到着で店頭に10組は並んでいました。
私と同じソロ活のお客さんが多い印象でした。
年齢層は高めで居合わせたお客さんの中では私が一番若かったんじゃないかなぁ笑

カウンター14席、テーブル席28席とそこそこ客席が多いと感じましたが、行列はなかなか先に進まず。
席数を絞っている様子でした。
入れるまで30分は待ちました。
カウンター席へ案内されました。

少し隣のお客さんとの距離が近めかなぁ。
もしかしたら通常時よりも席数を増やされていたのかもしれません。
まずは飲み物を尋ねられ、お茶をお願いしました。
カウンターの目の前にはずらりと職人さんが。
なかなか緊張します。
信長の野望のサントラで流れるような壮大なクラシックがBGM。

握りを一貫から注文できるようですが、メニューは握りセットが充実していました。
一番人気のメニューは3,500円のおまかせ。
オープン2日間限定で半額の「極上天然本まぐろセット」が売り切れていないかヒヤヒヤしましたが注文することができました。
通称「まぐろセット」みたい。
さすがにお客さんのほとんどが特上天然本まぐろセットを注文しているようで、厨房で何皿も一気に作られている様子が伺えました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

提供まで10分くらい待ったかな。
内容は赤身、中トロ?、大トロ、炙り、ネギトロが2貫ずつ、鉄火巻き6貫。
全貫お皿にのせた状態での提供でした。
これだけのまぐろの握りを一度の食事でいただくのは人生初めてでした。
お寿司の食べ放題でもさすがにこれだけまぐろばかりは食べません笑

シャリはふんわりとした握り加減。
お米がもっちりしていました。
甘じょっぱくて醤油無しでも十分。

ネタがしっかりしていて一貫一貫が食べごたえがあります。
中トロと大トロは脂がしっかりのっていてとろけました。
目がキリっとするくらいのワサビが入っていたので苦手な人は注文時に伝えた方が良いかも。

居合わせたお客さんの中には赤ちゃん連れのお客さんもいました。
グランツリー武蔵小杉の回し寿司 活 美登利がいつも行列ができているので、そのお客さんが待ち時間を嫌って流れてくることがあり得そう。
キャッシュレス決済は、クレジットカードの他、スマホ決済に対応。
PayPayで支払いました。

▼おでかけした武蔵小杉のランチスポット
築地すし好 武蔵小杉店

  • 東横線・目黒線・JR南武線「武蔵小杉」駅から6分歩いた綱島街道沿い(グランツリー武蔵小杉の隣)
  • JR横須賀線「武蔵小杉」駅からは徒歩3分

▼ランチでいただいたメニュー
・極上天然本まぐろセット:4,400円⇒2,200円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:カウンター席あり

▼同じ「武蔵小杉寿司ランチ」のブログ記事

▼ほか「寿司」以外を含めた、最新の「武蔵小杉ランチ」ブログ記事はこちら

https://shirataki.me/kosugi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました