満腹保証!虎ノ門「鳥酎」の漬けタイプのチキン南蛮

スポンサーリンク

東京のチキン南蛮開拓第一弾は虎ノ門「鳥酎」
以前から注目していたという訳ではなく、この開拓企画を閃いた時に、現在地から「チキン南蛮」を検索してヒットしたのがこちらの「鳥酎」でした。
溜池山王が職場だった頃、同じ名前の「鳥酎」のチキン南蛮を何度もリピートしたことがあり、もしや系列店?と期待を膨らませました。

新橋仲通り沿いの虎ノ門第一ビルの地下一階。
溜池山王の鳥酎も地下だったような。
すれ違うには難しいくらい細い階段を下るとすぐに入口がありました。
カウンター席とテーブル席数組の小さな居酒屋です。
ほとんどの席が埋まっていて案内されるまで少し待ちました。
そしてパーティションを挟んで相席のテーブル席に案内されました。

迷わず漬け南蛮定食を注文。
ご飯の量を尋ねられたので大盛りをお願いしました。
提供まで5分と待たなかったと思います。
色が黒い。
そして久々に見ました、このビッグサイズ。
鶏もも肉が一枚デデンと登場しました。

衣に甘酢だれがしっかり染み込んでいます。
お肉は柔らかく甘くて食べやすい。
タルタルソースは横に添えられています。
マヨネーズ色マックスで濃厚。
胡椒が効いたパンチあるタルタルソースでした。

大盛りのご飯と相性抜群で油断すると食べ過ぎてしまいそう。
見た目通り、食べごたえもインパクト満点のチキン南蛮でした。
東京チキン南蛮開拓第一弾から幸先の良いスタート。

13時以降だとソフトドリンク1杯サービスだった模様。
タッチの差だったのかなぁ。
私は12時台入店組としてカウントされていました。
残念。

お客さんは男性1人と2人組がメイン。
13時台もお客さんが断続的に入ってきて忙しそうでした。
キャッシュレス決済は、PayPayとau PAYに対応。
三井住友ゴールドカードNL→Kyash Card→TOYOTA Wallet経由でチャージした6gramからPayPayで支払いました。

▼開拓した東京チキン南蛮
鳥酎(とりちゅう)虎ノ門店

▼いただいたチキン南蛮メニュー
・漬け鶏南蛮定食:800円

▼おすすめのチキン南蛮シーン
・ソロ活:カウンター席あり

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました