毎月10日はすためしの日で600円!お得な機会に「情熱のすためしどんどん」ですた丼との違いを確かめてきた

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

情熱のすためしどんどん新丸子店で、ランチにすためしMサイズを。
新丸子駅東口を出てすぐのところにある豚バラニンニク醤油丼のお店です。

すためしどんどんを訪れるのは、まだ都内に住んでいた頃に新宿で食べた以来じゃないかな?
もともとスタ丼が大好きだったので、似たような豚バラニンニク醤油丼を提供するすためしどんどんが気になって食べに行ったことがありました。
当時の感想は「なんか違うけど、すためしどんどんが後発だからパクリと言われても仕方なさそう笑」

毎月10日の情熱のすためしどんどんですためしMサイズが600円になるお得な機会に、あらためてすた丼の違いを確かめに訪れてみました。
当日、どれくらい混むか分からなかったので、オープン時刻の10時30分に新丸子へ。
すためしの日は毎月開催で珍しくないからか、店頭で待っているお客さんはいませんでした。

まずは店外の券売機で食券を購入します。
トップ画面に「すためしの日」がドーンと案内されていたので、そのまま選択。
キャッシュレス決済はコード決済を含めて豊富に対応していました。
支払った後で利用不可と書かれた案内に気付いてハッとしましたが、問題無く楽天ペイが使えてしまいました。

新丸子店は、厨房に面したカウンター席8席くらいとテーブル席2組の小さなお店です。
BGMはボリューム大きめで新旧バラバラのJポップスが流れていました。

まずは食券をカウンター越しに手渡します。
すためしMサイズは略称で「すた中」と呼ぶみたい。
すぐに生卵の提供でした。
そして後を追うようにすためしも。
提供まで2分も待たなかったんじゃないかな。
めちゃめちゃ早いです。

丼を持つだけでそのボリュームを実感できました。
ずっしり。
丼の豚肉をかきわけて中央に凹みを作って、生卵をトッピング。
タレの色が薄いのかな?パッと見、スタ丼より淡い印象です。
ニンニク醤油の香りが食欲をそそる点は、スタ丼と変わりません。

ささっと撮影して実食。
お肉が柔らかく、思ったより豚肉がサッパリしていて食べやすい。
ソースは濃厚でご飯がどんどん進みました。
ただ、スタ丼よりも甘みやコクが控えめかな。
スタ丼に食べ慣れていたら、何か物足りなさを感じるかも。

生卵をとくとまろやかな味わいに。
卵を混ぜちゃうと、もう、私の舌ではスタ丼との違いが分からなくなってしまいました笑
(両店でテイクアウトして横並べして食べ比べると分かるかも)

途中で飽きてもマヨネーズがあるから味変できます。
すた丼ではマヨネーズは追加料金が発生するので、卓上にあって無料で楽しめるすためしの方が気軽に楽しめるかな。
まぁ、もともとの丼自体の料金がすた丼の方が安いので、トータルでお得とは言えないけど。

今回は油分を気にして控えました。
時折、米の芯を感じたのが残念なポイント。
ご飯の美味しさは、断然、スタ丼に軍配かな。
でも、これだけボリュームある豚バラニンニク醤油丼を600円で楽しめることが、とてもリーズナブルなのは間違いありません。

この日は滞在していた11時まで席が空いていました。
12時前くらいから混んでくるのかな?
居合わせたお客さん全員が、私と同じ、すためしMサイズ単品注文でした。

▼おでかけした新丸子のランチスポット
情熱のすためしどんどん新丸子店

▼ランチでいただいたメニュー
・すためしMサイズ:880円→毎月10日は600円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:カウンター席がメイン

所在地:神奈川県川崎市中原区新丸子東1-772
最寄駅:東横線・目黒線「新丸子」駅(東口)
行き方:東口を出て綱島街道方面へ(駅から徒歩1分未満)
ランチ:10時30分~翌2時45分ラストオーダー
定休日:不明
予 約:不可
喫 煙:全席禁煙
支払い:現金/クレジットカード/電子マネー/コード決済
子連れ:おそらく可だけど難しそう
※訪問&投稿時点での情報です。おでかけの際には公式サイトやSNSで最新の情報を確認いただくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました