【日吉】淡麗・白湯系の人気店「らぁ麺 善治」がオープン!おすすめメニューの全部のせを食べてきた

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

らぁ麺 善治(ぜんじ)日吉店で、ランチに特製濃厚醤油らぁ麺<全部のせ>を。

淡麗・白湯系ラーメンのチェーン店「らぁ麺 善治(ぜんじ)」が、2024年4月に日吉にオープン。
オープン直後の3日間はオープンセールをやっていて行列を予想したので、セールが終わった4日目に訪れてみました(実際に3日間は大行列だった様子)

オープン時刻の11時ちょうどに店頭に到着。
私と同じようにオープンに合わせて訪れたお客さんが既に続々と入店していました。
まずは券売機で食券を購入します。
ベースは醤油らぁ麺か塩らぁ麺。
淡麗か濃厚かを選び、どのトッピングをするかという流れ。
特製濃厚醤油らぁ麺<全部のせ>を選択。
支払い方法は現金のみでした。

1階は厨房に面したカウンター席が4席。
通路を挟んで背を向けるようにカウンター席がもう4席の8席のみ。
座る席は店員さんから指定されました。
席と席の間隔は比較的狭いかな。
厨房に立つ店員さんとも距離が近いので圧迫感を覚えました。

BGMは三味線。
店内には焦げの香ばしい香りが漂っていました。
バーナーで炙っているチャーシューからのものでした。

↑記事冒頭と同じ動画です。

注文して5分程待っての着丼でした。
味玉に炙りチャーシューが3枚。
ノーマルの濃厚醤油らぁ麺に、プラス300円で味玉と炙りチャーシュー+2枚かな。

それではリピート率不動の1位の一杯をいただきます。
博多ラーメンのような極細麺です。
鶏ガラのスープがめちゃめちゃ絡みます。
レンゲ不要です。
確かに雑味がない。
麺はプツンプツンと歯切れが良い。

炙りチャーシューは焦げが香ばしい。
しっとりしていて、炙っている割にはひんやり。
炙り溜めしてたのかな?
また、濃厚なスープに合わせてか思ったよりあっさりでした。

シナチクの上にトッピングされてい赤いのは梅干し。
シナチクとチンゲンサイの異なるシャキシャキ食感を楽しめました。

厨房の奥に大量の鰻の蒲焼が見えました。
オープン10分後には満席に。
居合わせたお客さんのほとんどが私と同じ男性ソロ活でした。
麺を食べ終えた後に替え玉+100円を注文しているお客さんも。

日吉駅西口は続々と新店がオープンするラーメン激戦区。
日吉の人たちに支持されるかどうか今後も着目したいと思います。

▼おでかけした日吉のランチスポット
らぁ麺 善治(ぜんじ)日吉店

▼ランチでいただいたメニュー
・特製濃厚醤油らぁ麺<全部のせ>:1,200円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:カウンター席のみ

所在地:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-2-11
最寄駅:東横線・目黒線・新横浜線「日吉」駅(西口)
行き方:西口から浜銀通りを進み2つ目の交差点左側(駅から徒歩2分)
ランチ:11時~24時
定休日:不明
予 約:不可
支払い:現金のみ
子連れ:難しそう(カウンター席のみ)
※訪問&投稿時点での情報です。おでかけの際には公式サイトやSNSで最新の情報を確認いただくことをおすすめします。

▼同じ「日吉ラーメン」ランチブログ記事

▼ほか「ラーメン」以外を含む、最新の「日吉ランチ」ブログ記事はこちら

日吉ランチのおすすめは?地元民が1000円前後の美味しいお店を片っ端から食べ歩き

ランチで東横線・目黒線・新横浜線「日吉」駅周辺の飲食店を片っ端から開拓。それぞれのランチの様子をブログ記事を通して紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました