【日吉】イタリアンの新店がオープン!Oyster House Piscaの1000円パスタランチが高コスパだった

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

日吉のイタリア料理店「Oyster House Pisca(ピスカ)」で、ランチにパスタセットを。

2023年3月に、日吉に新しい飲食店がオープンしました。
産直生牡蠣とイタリアンを楽しめるお店「Oyster House Pisca(ピスカ)」
日吉駅西口のマック側、普通部通りを進み3つ目の交差点角にあります。

片側ソファの2人掛けテーブル席が6組、カウンター席が6席の小さなお店です。
12時過ぎの到着で半分くらいの座席が埋まっていました。
2人組のお客さんが多め。
中には私と同じソロ活のお客さんもいました。
BGMにピアノメインのインストルメンタルが流れていました。

ランチメニューはパスタセットまたはメインセット。
パスタやメインの内容は壁に掛けてある黒板で確認します。
ちょっと見づらいかな。
この日のパスタは2種類。

  1. 釜揚げシラスのジェノベーゼ
  2. 大山鶏モモ肉のカチョエペペ

サラダ、ドリンク、デザートまで付いて、どちらも1,000円です。

この日のメインは3種類。
パスタと異なり、メニューにより価格が変わります。

  1. 本日の鮮魚のソテー:1,800円
  2. 霧島豚肩ロースロースト:1,700円
  3. 黒毛和牛牛ランプロースト:2,380円

メインには、サラダ、ドリンク、デザートの他、前菜の盛り合わせとパンが付いてきます。
牡蠣メニューがあればメインセットを注文したいところでしたが、今回はリーズナブルなパスタセットを注文しました。
パスタはジェノベーゼ、ドリンクはアイスコーヒーを選択。

まずはサラダからの提供でした。
オリジナルのりんごドレッシング掛けとのこと。

パスタの提供まで10分程待ったかな。
麺はかための茹で加減。
プツンと歯切れが良いタイプ。

バジルの香りが豊か。
魚介の出汁、ニンニクもよく効いていてました。
チンゲン菜かな?シャキシャキ食感が楽しい。

お皿が小さめだったので見た目は少し寂しく感じましたが、実際に食べてみるとボリュームを感じました。

デザートはバナナのチーズケーキでした。
一口サイズでかわいい。
しっとりしていて濃厚な味わい。
本当にバナナの香りがしました。
アイスコーヒーを飲み干して席を立ちました。
これだけの内容で1,000円台ぽっきりはとってもお得。

テーブル会計です。
キャッシュレス決済はクレジットカードのみに対応。
後日PayPayに対応予定とのことでした。

▼おでかけした日吉のランチスポット
「Oyster House Pisca(ピスカ)」

▼いただいたランチメニュー
・パスタセット:1,000円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・デート:おしゃれなイタリアン

所在地:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-19-2 サンハイツ野崎
最寄駅:東横線・目黒線・新横浜線「日吉」駅(西口)
行き方:西口から普通部通りを進み3つ目の交差点右側(駅から徒歩2分)
ランチ:11時30分~14時ラストオーダー
定休日:月曜
予 約:ディナーはネット予約可
支払い:現金/クレジットカード/PayPay
子連れ:おそらく可
※訪問&投稿時点での情報です。おでかけの際には公式サイトやSNSで最新の情報を確認いただくことをおすすめします。

▼同じ「普通部通り沿いのランチ」ブログ記事

▼最新の「日吉ランチ」ブログ記事はこちら

日吉ランチのおすすめは?地元民が1000円前後の美味しいお店を片っ端から食べ歩き

ランチで東横線・目黒線・新横浜線「日吉」駅周辺の飲食店を片っ端から開拓。それぞれのランチの様子をブログ記事を通して紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました