【ランチ】武蔵小杉「ごはんや旬彩」の定食

スポンサーリンク

武蔵小杉の和食店「ごはんや旬彩」で、ランチに刺し身定食(刺し身とあさり、竹の子釜定食)を。

Googleマップで元住吉と武蔵小杉のランチスポットを探してて偶然見つけたお店。
住宅街の中にあります。
どちらかというと武蔵小杉駅からの方が近いかな。
グランツリーから新川崎方面に向かい、駅から10分以上歩きます。
住宅街に溶け込むように外観は民家です。
1階を食堂に改装したような店内。
テーブル席が数組とカウンター席が3席のみでした。

開店直後の11時30分過ぎに訪れたところ、既にほぼ満席状態でした。
一人だったのでカウンター席に案内されました。
既に両側2席お客さんが座っていて、その間に座ることに。

ランチメニューは5つ。
煮付け、カレーうどん、フライ、生姜焼きに刺身。
刺し身定食(刺し身とあさり、竹の子釜定食)を注文しました。
煮物かサラダか小鉢を選べ、サラダを注文しました。

目の前が厨房でご主人が黙々と調理しています。
他の4人の店員さんは全員女性。
終始賑やかな店員さんとの対比を眺めながら待ちました。

定食は5分くらい待っての提供でした。
ご主人がカウンター越しにお盆ごと。
定食名は刺し身が前に出ていますが、メインは釜飯です。
刺し身はマグロ、鯛、はまち。
量は少し寂しいかなぁ。
マグロはとろっと舌の上で溶けました。
小鉢のサラダはごぼうサラダでした。

釜飯はお米が立ってて美味しい。
優しい醤油の味わいです。
あさりの出汁と旨味を感じました。
竹の子のコリコリとした食感が楽しい。

近場の常連のお客さんが多いのか、滞在中入れ替わりで常にほぼ満席。
支払いは現金のみでした。

▼おでかけした飲食店
武蔵小杉「ごはんや旬彩」

▼いただいたメニュー
・刺し身定食(刺し身とあさり、竹の子釜定食):980円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:席数少なめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました