【レポ】ココイチの牛カレーとんかつトッピング

ココイチの牛カレーとんかつトッピング
スポンサーリンク

カレーハウスCoCo壱番屋 中原区元住吉店で、ランチに牛カレープラス手仕込とんかつを。

1,300gを20分以内だったかな?完食すると無料になるサービス。
あれをやってた頃以来なので何年ぶりだろう。
少なくとも上京してからは訪れていないので、20年ぶりくらいのココイチです。

どうしてもココイチは高いという印象を拭い去れなくて。
レトルトカレーが進化して家庭でも手軽に本格カレーを味わえるようになり、ココイチで食べたいと思う機会が無くなりました。
きっと家庭では再現できないような工夫をしてるんでしょうけどね。
価格に見合う価値を感じることができませんでした。

今回は今のココイチはどうなのか確かめるため、最寄りの元住吉店を訪れてみました。
元住吉のココイチは、モトスミオズ通り商店街の綱島通り沿いにあります。

4人掛けのテーブル席2組、2人掛けのテーブル席が1組に、残りはカウンター席の小さなお店でした。

ココイチのメニュー表は税抜き価格表記無しの税込み表記。
なるほど、これは高く感じる。
カレーに失礼かもしれないけど、カレー一杯でこんなにするの?という印象を抱きました。
各社が税抜き表記に括弧付きで税込み表記するわけだ。

今一番イチオシそうなメニュー、牛カレーをいただいてみることにしました。
リニューアルしたと言う手仕込とんかつをトッピング。
リニューアルする前を知らないけど。
20年前は普通が辛くて甘口を注文していましたが、今は違うかもしれないと思い、とりあえず普通で注文しました。

お皿が大きい、そして渋い。
チェーン店だと思って迎えると逆詐欺感があります。
まさかココイチで逆詐欺来るとは思いませんでした。
ここでようやく価格の納得性が少し増します。

とんかつは高さより面積を重視したカット。
カレーのトッピングとしていただくとちょうど良いボリュームなのかもしれませんが、どうしても薄切り感を覚えてしまいます。
私だったら、メニュー写真にように面積を取らずにもう少し厚切りにするかな。

20年ぶりのココイチを初心に戻っていただきました。
ルーにはコクがあります。
あとからピリッとくる爽やかな辛さです。
20年前と比べてココイチが甘くなったのか、私が辛さに強くなったのか分かりませんが、普通で程よく感じました。

牛肉はとことん柔らかい。
脂身までとろっとしてて旨味があります。

とんかつは衣がサックサクです。
お肉に臭みはありません。
軽くてルーと一緒にペロリと完食できます。
試しに一切れだけ芳醇ソースをかけると確かに芳醇な香りがしました。

大きいお皿をペロリと完食。
これで1,400円かなぁ。
あらためて食べ終えて、やっぱりココイチは高く感じるなぁ。
また20年後に定点観測で訪れてみようと思います笑

ココイチでは楽天ポイントが貯まるんですね。
楽天ポイントカードを提示しつつ、たぬきの大恩返し開催中だったau PAYで支払いました。

▼おでかけした飲食店
カレーハウスCoCo壱番屋 中原区元住吉店

▼いただいたメニュー
・牛カレープラス手仕込とんかつ:1,421円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:基本カウンター席

コメント

タイトルとURLをコピーしました