積立投資(NISA & iDeCo)

積立投資(NISA & iDeCo)

5万円枠どうする?楽天証券のクレジットカード決済とつみたてNISAの考え方

楽天カードで楽天証券につみたてNISAの積立ができるらしい つみたてNISAの年間拠出額は40万円。月に換算すると33,333円。 楽天カードで投信積立できる上限額は月5万円。その差額は16,777円。 ...
積立投資(NISA & iDeCo)

楽天証券と楽天銀行は同時開設が良い?マネーブリッジのメリット

シラタキ家では、楽天証券をメインの証券口座として利用しています。私と妻はNISA口座、娘はジュニアNISA口座を、それぞれ楽天証券で開設しています。合わせて、私と妻は、楽天銀行にも口座を開設。メインの銀行口座として利用し、楽天証券...
積立投資(NISA & iDeCo)

iDeCoもメリット!楽天以外の口座開設のおすすめはSBI証券

当時のシラタキ 将来に備えて投資を始めた方が良いのかなぁ? 3年前の私が真剣に悩んだ疑問です。家庭を持ったことで独身の時よりもお金について考えるようになりました。 当時のシラタキ 老後資金は年金だけでは足りないし、子...
積立投資(NISA & iDeCo)

おすすめ銘柄の組み合わせは?楽天証券つみたてNISAの買い方・始め方

つみたてNISAで投資を始めたいけど何を積み立てれば良いんだろう? 投資デビューする時に誰もがぶち当たる疑問だと思います。私も投資を始める際に どの証券会社が良いんだろう? NISAとつみたてNISAどっち...
積立投資(NISA & iDeCo)

配当金生活はいくら必要?高配当株投資の向き合い方

「配当金生活」「金の卵」 めちゃめちゃ魅力的な言葉です。仕事をしなくても生きていける訳ですから。 実際に配当金だけで生活している人もいると聞きます。完全に配当金だけで生活するのは難しくても、好きな仕事を好きな時に好...
積立投資(NISA & iDeCo)

楽天証券&SBI証券がおすすめ?証券口座を複数を持つメリット

複数の証券口座を持つかどうか。持ち家か賃貸か程ではありませんが「複数持った方が良い」「ひとつに絞った方が良い」といったそれぞれの主張がネット上で飛び交っています。 お互いの主張はざっくりこんな感じです。 複数口座開設派...
節約術

イオン経済圏で食費節約の始め方&楽天併用術

シラタキ家は、楽天経済圏を多用して倹約生活を送っています。一方、最寄りのスーパーマーケットがマックスバリュのため、生鮮食品や日配をお得に買えるよう、イオンのサービスも併用しています。 「仕組みで日々の買い物をお得にする」イオ...
積立投資(NISA & iDeCo)

SPU攻略も!おすすめの楽天証券ポイント投資のやり方

ポイント投資。手持ちのお金から拠出することなく、普段の買い物やサービス利用で貯まったポイントで投資ができるサービスです。投資を始める心理的ハードルが低くなるため、各証券会社はポイントで投資できることをメリットとして挙げているのをよ...
積立投資(NISA & iDeCo)

イデコは楽天証券?節約家がおすすめする証券会社

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、個人で老後に備える年金制度。国民年金や厚生年金に加えて、年金や一時金として受け取ることができます。 制度名に「個人型」とある通り、個人の裁量に委ねられる部分が多い制度です。その中でも大切に...
積立投資(NISA & iDeCo)

楽天カード決済にポイント投資も!楽天証券つみたてNISAがおすすめ

いきなりですが、私は「つみてNISA」を利用していません。楽天証券で「(一般)NISA」「ジュニアNISA」を利用しています。また、楽天証券以外にもあらゆる楽天経済圏のサービスを活用して節約できたお金+月々の給料を投資資金へまわし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました