鳥取&岡山のアンテナショップにレストランが!新橋駅1分「ももてなし家」でランチ

スポンサーリンク

鳥取県と岡山県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」2階のレストラン「ももてなし家 新橋」で、ランチに小豆雑煮とぶり雑煮を。

とっとり・おかやま新橋館は、新橋駅徒歩1分のところにあります。
1月4日〜10日には鳥取と岡山のご当地雑煮が食べられるらしい。
2023年のお雑煮が食べられるギリギリのタイミングで駆け込みました。
一度12時台に訪れたところ、お雑煮は14時からのカフェタイムからしかやっていないとのこと。
14時に出直しました。

ももてなし家 新橋は入口正面の階段を上がった2階です。
1階の物産品売り場をスルーして2階へ直行。

階段を上がると広々とした飲食スペースが広がっていました。
4人掛けテーブル席の他、ハイチェアのカウンター席も充実。
子供用椅子もありました。
店内にはひっそりと洋楽BGMが。
空調の音が大きく感じるくらい静かな空間でした笑

ランチタイムを過ぎた14時はさすがにお客さんはまばら。
遅めのランチをとっているお客さんが数組いるくらいでした。
私と同じようにソロ活のお客さんも。
座席はどこでも良いとのことだったのでカウンター席へ。

席に着いてすぐに目当ての小豆雑煮とぶり雑煮を注文しました。
提供まで注文してから5分も待たなかったと思います。
2つのお雑煮が同じお盆で同時に提供されました。
まぁ、見た目は普通のぜんざい(お汁粉)とお雑煮です笑

↑記事冒頭と同じ動画です。

まずは岡山のぶり雑煮から。
ブリのだしを使ったしょうゆベースのお雑煮。
ゆずの香りがしてほっこりしました。
お餅とブリの切り身の他、かまぼこ、人参と大根の千切り、青菜入り。

お餅がずっしりしていて箸で持ち上げるのは大変。
柔らかもっちもちでした。
うーん、800円ならもう少し何かが欲しいと思ったのが正直な感想かな。

続いて鳥取の小豆雑煮。
ぶり雑煮と同じく大きい丸餅入り。
2個入っててぶり雑煮より食べ応えあったかも。

小豆の煮汁はとっても甘い。
これはデザートだな。

定食メニューはしっかりした価格のラインナップですが、17時までランチをやっているらしい。
ゆっくり休憩を兼ねてと考えると、新橋駅周辺では穴場だと思いました。
後で気付いたんですが、座席の中には撮影のために用意されたスペースも。
レストランではなかなか無くて珍しい。

キャッシュレス決済は、クレジットカードや交通系電子マネー、PayPayに対応。
港区のポイント還元キャンペーンをやっていたのでPayPayで支払ったんですが、クレジットカードを支払元にした支払いはポイント還元対象外でした。。

開運カニだのみフェアの「カニパフェ」って笑
企画がおもしろい。

▼おでかけした飲食店
とっとり・おかやま新橋館2階「ももてなし家 新橋」

▼いただいたメニュー
・小豆雑煮:500円
・ぶり雑煮:800円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・同僚と:席数が豊富

▼参考にしたレッツエンジョイ東京のおでかけ記事
白味噌雑煮やあん餅雑煮も!東京で食べられる全国のお雑煮6選

白味噌雑煮やあん餅雑煮も!東京で食べられる全国のお雑煮6選|レッツエンジョイ東京
日本人のお正月に欠かせない「お雑煮」。一口にお雑煮といっても、お餅の形や具材、だしは何でとっているかなどで、その味は千差万別。地方色が実に色濃く出る料理なのです。家庭によってスタイルが異なるというのも奥深く、おもしろいところ。そんなご当地のお雑煮を、都内で食べられるお店をご紹介します。

▼同じ「新橋駅周辺のランチ」ブログ記事

▼ほか「新橋駅周辺」以外を含めた、最新の「東京ランチ」ブログ記事

「東京ランチ」のおすすめ店を食べ歩き!1000円~2000円で楽しめたお昼ごはんまとめ

東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」のおでかけ記事を読んで、プライベートで実際にランチを食べ歩き。おでかけの様子を動画や写真を交えながらレポートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました