ユニクロペイはメリットあり?続々キャンペーンに期待

2021年1月19日、ユニクロは独自のQRコード決済サービス「UNIQLO Pay(ユニクロペイ)」のサービスリリースを発表しました。

シラタキ
シラタキ

「UNIQLO Pay、はじめました。」って、まるで冷やし中華みたい。

専用のアプリがリリースされたわけではなく、既存の公式アプリ「ユニクロアプリ」の新機能として提供されています。

ユニクロさんには長年お世話になっています。
大学生の頃からだから約20年前からでしょうか。
無意識だったので正確には覚えていませんが、365日、ユニクロを身に着けない日はありません笑

そんなユニクロ愛用者の私シラタキは、楽天経済圏を軸にした倹約生活を送っています。
ユニクロ利用も倹約の一部でもあります。

品質の高い製品を安価に買えて満足し、使ってみても長持ちして満足。
結構ボロボロになるまで使い倒します。

2020年から楽天経済圏の軸足はそのままで、他経済圏との併用も模索し始めています。
今回のユニクロペイの一報もアンテナに引っ掛かりました。

これまでの愛用とは関係無く、忖度無しで、節約の観点から、サービスリリース段階でのユニクロペイをどう評価しているかを書きまとめます。

記事タイトルと前置きからして、この後の展開は既にご想像かと思います。
本記事は、ユニクロペイの利用を推奨、非推奨するものではありません。
あくまでサービスを外側から見た私の考察です。
みなさんが今後ユニクロペイの利用を検討する際に、答えを導き出すヒントになれたら嬉しいです。

スポンサーリンク

ユニクロペイのメリット

ユニクロ公式サイトで訴求されているメリットはおおまかに下記の通りです。

  • 会員登録無料
  • 好みの支払い方法が選べる
  • ユニクロ会員証提示と支払いがひとつになってスピーディーに

最初から厳しい言い方をすると、少なくとも上2つは、電子マネー決済や他のQRコード決済サービスが無い場合のメリットです。
公式サイトでははっきりと「メリット」と書かれているわけではなく「UNIQLO Payとは」の中でさらっと書かれてるだけですが。。

それでは1つずつ見ていきます。

まず「会員登録無料」

会員登録無料が先頭にある時点で「んっ?」となります。
今の時代、利用登録時に料金を取るようなQRコード決済サービスなんてあったっけ?という突っ込みをしたくなりました。
まずは初期段階での心理的ハードルを下げるために、当たり前だけど敢えて無料を打ち出したんでしょうか。

次に支払い方法が選べること

登録可能な決済サービスのラインナップを見ると、また「ん?」となりました。
これはクレジットカードを支払い方法として選ぶことを想定しているのかなぁ。
銀行が少ないです。
メガバンクのみずほ銀行ですら入ってないくらい。
テレビ東京のビジネスニュース番組「ワールドビジネスサテライト」でも解説されていたんですが、セブンペイ問題等、近年のセキュリティ問題を重く受け止め、慎重になっているということでしょうか。

私が支払い方法として選ぶとしたら、3Dセキュアに対応している高還元率のクレジットカードになると思います。
例を挙げると、2021年4月までポイント還元率3%のVISA LINE Payクレジットカード。
それに、街での買い物でポイント2倍のキャンペーンを利用して、実質ポイント還元率2.2%まで上げられる楽天カードから入金したKyash Card。

しかし、銀行口座から支払いたい人にとっては選択肢が少ないでしょうね。

最後のメリット、ユニクロ会員証提示と支払いが同時にできること

ユニクロ会員ではないのでありがたみがいまいちピンと来ませんが、会員証でピッ、支払いでピッの2度の手間が1回で済みますよという時短メリットでしょうか。
もしそうだとしたら、会員証提示と支払いの反復が多い程、時短に繋がりそうです。

ただ、そもそもの前提として、そんな頻繁にユニクロで買う?と、最後のメリットにまで突っ込みたくなりました。
ユニクロ愛用者の私でさえ、ユニクロの店舗を覗くことが月1回あっても、購入することはワンシーズンに1回あるか無いかかな。
仮に私がユニクロ会員でも、会員証提示と支払いの2度ピッは苦にならない気がします。

ということで、
リリース時点で発表されているユニクロペイのサービスからは、私が実感を期待できそうなメリットが見当たりませんでした。

他社のQRコード決済サービスのように、ユニクロはポイントや特典のバラマキをしませんよという意思の表れでしょうか。
それとも、ユニクロのヘビィユーザーから少しずつ利用を浸透させていきたい、検証しながら小さく始めたいという狙いでしょうか。
ユニクロヘビィユーザーは、ユニクロアプリをインストールしてくれているだろうから、普段の会員証提示の流れで使ってくれるだろうという思惑があるのかもしれません。

シラタキ
シラタキ

逆に、面倒で会員証を提示してくれなくなってきているから、決済とセットにしたかったのかなと邪推してみたり。

しかし、ユニクロでは、PayaPayやd払い等、メジャーなQRコード決済を利用可能です。
例え利用シーンを自社内サービスに限定するとしても、ユニクロペイが、群雄割拠のQRコード決済の舞台で、多くの人に使われて生き残れるのか。
混雑回避の大義名分が薄れるコロナ後まで見届けたいです。


以上、ユニクロペイのメリットについて思ったことをずらーっと書きました。

調べつつ考えつつ書き進めていると、やっぱりユニクロ都合が優先されたサービス設計だよなぁという印象が強まっていきました。

  • 購買データの取得効率を高めたい
  • 他社へのキャッシュレス決済手数料を削減したい

それ程「決済」の部分を押さえるってビジネスインパクトが大きいんですね。

スポンサーリンク

現状におけるユニクロでのお得な支払い方法

ユニクロペイでお得な買い物が期待できない中、現状においてユニクロで最もお得な支払い方法は何か?
ユニクロが対応しているキャッシュレス決済には少しばかりクセがあります。

  • 交通系IC(SuicaやPASMO等)、WAON、nanaco、楽天Edyは使えない
  • 楽天ペイは使えない(期間限定ポイントの消化に使えない)

まぁ、クレジットカード、QUICPay、PayPay、d払い、auPAYあたりが使えるため、問題無いと言えば問題ありませんが、なかなか遭遇しないパターンです。
私が知り得る最もお得な支払い方法は、

※1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合

かなぁと思います。
私は、現在、VISA LINE Payクレジットカードに紐付けたd払いで支払っています。
残念ながら、VISA LINE Payクレジットカードの3%ポイント還元は2021年4月いっぱいで終わってしまうので、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを新たに発行し、2021年5月以降はQUICPayを使ってユニクロでの買い物で3%ポイント還元ライフを継続するつもりです。

SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital
スポンサーリンク

今後のキャンペーン発表に期待?

お得なキャンペーンも続々。

ユニクロ公式ページにあるこちらの文言。
これぞ倹約家にとって一筋の光明です。

ページ上には具体的なキャンペーン開催内容は書かれていませんでしたが、きっとこの後、書かれている通りに「続々」と発表されるんでしょうね。

私はユニクロ会員ではないので分かりませんが、既にユニクロ会員には案内が届いているのかも。

ユニクロ愛用者だけど非会員、そして倹約生活を送っているシラタキ家は、このキャンペーンの動向に着目しています。
つまり、現段階でユニクロペイの利用は様子見です。

先にも書いた通り、ユニクロではd払いが使えます。
2021年4月いっぱいは、引き続き、VISA LINE Payカードを支払い方法に紐付けたd払いで支払おうと思います。
ポイント還元率最大3.5%です。
一方、ユニクロペイにもVISA LINE Payクレジットカードを紐付けることができるので、ポイント還元率最大3%。
今後発表されるキャンペーンの内容次第では、近いうちにユニクロペイを使う時が来るかもしれません。

こうした新サービスはリリース当初が最もお得で、次第に改悪されていくというのが世の常。
うまく乗っかるのが倹約生活のひとつのコツかなぁと思います。

シラタキ
シラタキ

ユニクロペイにうまく乗っかりたい!
FEELCYCLEで底がすり減ってしまう黒靴下、洗濯で少しずつヨレてしまうエアリズム黒マスクを補充しようかな。

ユニクロペイでの支払い自体ではどうやら節約には繋がらなそうです。
紐付けるクレジットカード次第でポイント還元率が変わってきます

記事内で紹介したVISA LINE Payクレジットカードのポイント3%還元は2021年4月まで。
常時ポイント1%還元の楽天カードが、ユニクロペイへの紐付けクレジットカードとして中長期にわたってお得になる一枚だと考えます。
もし、楽天カード持ってない方は発行を検討してみてはいかがでしょうか?

実感している「楽天カード」のメリット
  • 年会費無料
  • クレジット決済で常時ポイント1%還元
  • 楽天市場の買い物がお得になる
  • カード料金の支払いにポイントが使える

ユニクロペイ利用時のポイント還元なんて気にしない!クーポンでお得に商品を買えれば良いじゃん。
そんなポイントは苦手(嫌い?)だけどお得に生活したい人は「楽天モバイル」への乗り換えも節約の一手だと思います。

楽天モバイル公式サイトでは、
  • 生活圏内が楽天回線エリアかどうかの確認
  • 手持ちのスマホが使えるかの確認
  • どの申し込みキャンペーンが開催中かの確認

ができます。
ユニクロペイとは関係無いじゃないかと突っ込まず笑、一度、確認してみてはいかがでしょうか。

シラタキ
シラタキ

私も妻も、スマホ代の節約目的で楽天モバイルへ乗り換えました。
こちらのユニクロペイ記事も、楽天モバイルでの快適ネット環境でサクサク調べてサクサク書けました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました