【申込レポ】セゾンパールデジタルの還元メリット&キャンペーン

2020年〜2021年は、キャッシュレス決済激動の改悪オンパレードでした。

  • Kyash Card
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天ペイ
  • VISA LINE Payカード
  • LINE Pay

このうちVISA LINE Payカードは、そもそもサービス開始当初から2021年4月までが3%ポイント還元と予告があったので覚悟はできてたんですけどね。
その他は寝耳に水でした。

2021年4月までは、3%ポイント還元のVISA LINE Payクレジットカードが、多くの人にとって最適解だったのではないでしょうか。

私はもともと貯めるポイントを楽天スーパーポイントに集約していて、Kyash Cardのポイント二重取りを考えていたところKyashが還元率を改悪。
そのことをきっかけにVISA LINE Payクレジットカードを発行したので完全に出遅れました。
そのVISA LINE Payクレジットカードも、2021年5月からは2%のポイント還元に。
LINEポイントクラブでマイランク「プラチナ」を維持してLINE Payのチャージ&ペイで支払えば、2021年5月からも3%ポイント還元は安泰と考えていました。
ところが、2021年4月いっぱいでのマイランクが終了の一報が。
思い描いていた夢の3%ポイント還元リレーが叶わなくなりました。

そんな落胆の中、救世主になりそうと注目したのが今回ご紹介する「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

こちらのブログ記事では、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットを節約家支点整理していきます。

VISA LINE Payクレジットカードの代替となるクレジットカードを探している人に新しい気付きを与えられたら嬉しいです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードとは

クレディセゾンが発行するアメリカン・エキスプレス(アメックス)ブランドのエントリーカードです。

シラタキ
シラタキ

想定される利用シーンにおいては、アメックスでのクレジット決済よりQUICPayを意識することになると思います。

年会費は初年度無料

2年目からは年1,100円ですが、年1回の利用で翌年度の年会費が無料になります。
年会費無料の初年度に1回でも利用すれば2年目も年会費無料。
毎年1回でも利用すれば、初年度と同じように実質、年会費無料で使い続けることができます。

貯まるポイントは永久不滅ポイント

セゾンカードお馴染みの永久不滅ポイントが貯まります。
その名の通り、有効期限が無い永久不滅なポイントです。

シラタキ
シラタキ

実際に私は10年以上も前に貯めたポイントが未だに残っています。
3%ポイント還元リレーが途切れたら、永久不滅ポイントをPontaポイントに交換して使い切る予定です。

通常のポイント還元率は0.5%相当

他のセゾンカードと同じく、クレジット決済で1ヶ月のショッピング利用総額1,000円につき1ポイント貯まります。

1,000円毎というところが強気。
999円以下は切り捨てです。
VISA LINE Payクレジットカードのように決済毎にではなく、楽天カードのように1ヶ月のショッピング利用額に対してポイント付与されるのが救い。
永久不滅ポイント1ポイントにつき最大5円相当のアイテムと交換できるため、還元率は0.5%です。

ぶっちゃけ、0.5%ポイント還元のクレジット決済だけだと魅力薄な印象です。
それなら、ショッピング利用総額100円につき1ポイント貯まり、ポイントの使い勝手も良い楽天カードの方が節約観点で優れています。

SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

3%相当のポイント還元

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを紐付けたQUICPayで支払うと、3%相当のポイント還元が得られます。
これはクレジット決済0.5%相当の6倍です。

ポイント還元率表記の「相当」というところがミソ。
永久不滅ポイント1ポイントにつき5円のアイテムと交換した時に、はじめて3%ポイント還元が実現します。

つまり、永久不滅ポイント1ポイントにつき5円未満のアイテムと交換した場合は、3%のポイント還元率から目減りします。
例えば、私のように楽天モバイルユーザーでauユーザー以外の人がPontaポイントへ交換する場合、

永久不滅ポイント200ポイント ⇒ Pontaポイント900ポイント

です。
永久不滅ポイント1ポイントにつき4.5円のアイテムに交換することになるため、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント還元率は2.7%に。
目減りするものの、楽天市場ユーザーの私にとって最有力候補のポイント交換先です。

3%のポイント還元をキープできて、最も使い勝手が良さそうなのはAmazonギフト券でしょうか。

永久不滅ポイント200ポイント ⇒ Amazonギフト券1,000円分(送料込み)

尚、3%ポイント還元は期間限定で2022年3月まで。
仮に、VISA LINE Payクレジットカードの3%ポイント還元が終わる2021年5月に発行したとしても10ヶ月間は使える訳で、次の高還元率サービスの登場まで十分に活躍してくれそうです。

シラタキ
シラタキ

2022年3月まで、QUICPayが使えるシーンにおけるキャッシュレス決済法として使い倒したいと考えています。
会計時にQUICPayが使えるかを都度チェックしていますが、キャッシュレスに対応しているお店はだいたい使えるようです。
自宅最寄りのスーパーマーケットのマックスバリュでも使えるのは嬉しい。

デジタルカードを選択して発行できる

カード発行時にデジタルカードを選択すると、プラスチックカードではなく、スマートフォンアプリ「セゾンPortal」にカードが発行されることになります。
デジタルカードでもプラスチックカードと同じく、QUICPayやオンラインショッピングに利用可能。
使い勝手変わらないのであれば何ら問題無いでしょう。
デジタルカードなら最短5分で発行できる時短メリットも。

シラタキ
シラタキ

ブログ記事後半でお伝えしますが、実際に5分でデジタルカードを発行出来ちゃいました笑

後日、郵送で完全ナンバーレスカードが送られてくるとのこと。
カード番号も、有効期限も、セキュリティコードも書かれていないなんて。
それで普通にIC付きクレジットカードと同じように使えちゃうというから、何か不思議です。

シラタキ
シラタキ

私もデジタルカードを選択しました。
基本、カードは持ち歩かずQUICPayでの支払いに限定します。
QUICPayではなくクレジット決済する時は、Kyash残高を使い切るまでと楽天市場で2万円以上買い物した月はKyash Card(合計2.2%ポイント還元)で、それ以外はVISA LINE Payクレジットカードという使い分けかな。

SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの入会特典キャンペーン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの「デジタルカード」新規申し込み者を対象にした、新規入会特典キャンペーンが開催中です。

  1. 最大8,000円相当プレゼントキャンペーン
  2. 毎月10%キャッシュバックキャンペーン(終了)

最大8,000円相当プレゼントキャンペーン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトからの新規入会特典として、永久不滅ポイント1,300ポイント(6,500円相当)がプレゼントされるキャンペーンが開催中です。

入会月(カード発行月)の翌々月末までにショッピング5万円以上利用が条件。
支払金額の13%がポイント還元されるという計算です。

上の画像のように、300ポイント(1,500円相当)を加算した1,600ポイント(8,000円相当)を獲得するためには、さらにカードでのキャッシング利用が必要です。

入会するだけで数千ポイントをドンとプレゼントしてくれる楽天カードに比べると太っ腹さは弱いんですけどね。
せっかく入会するなら必ず活用したいキャンペーンです。

シラタキ
シラタキ

私は2021年5月に入会しました。
他支払い方法を控え、入会翌々月末(私の場合2021年7月31日)までにQUICPayを使える場面で可能な限り使って5万円以上のショッピング利用を達成したいと考えています。

SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital

【終了】毎月10%キャッシュバック

「SAISON CARD Digital」に入会し、カード入会月「4月」「5月」「6月」毎に設定された対象期間にショッピング利用すると、最大5ヶ月間、毎月10%キャッシュバックされるキャンペーンも開催中です。

キャンペーンのサムネイルでは一見関係なさそうに見えますが、なんと「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」のデジタルカードを選択した発行した場合もキャンペーン対象なんです。

「最大8,000円相当プレゼントキャンペーン」には対象期間の記載が無く、おそらく終了時期未定の常時開催キャンペーンのようですが、こちらは期間限定です。

キャンペーン対象入会期間

2021年4月15日~2021年6月30日

「最大5ヶ月間」は最初の3ヶ月間と残り2ヶ月間とで条件が別れます。

最初の3ヶ月間:1ヶ月間のキャッシュバック上限1,000円(合計3,000円)

残りの2ヶ月間:対象加盟店での利用実績があることを条件に、1ヶ月間のキャッシュバック上限2,000円(合計4,000円)

対象加盟店は下記の通り。

携帯電話の利用料金

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイル、LINEモバイル

電気の利用料金

北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力、HISでんき

私は楽天モバイル&楽天でんきユーザーなので何もしないと対象外。
無料期間中の楽天モバイルを乗り換える訳にはいきません。

そこで、SPUが2021年5月で終了してしまう楽天でんきから、対象加盟店の 「HISでんき(HTBエナジー)」 へ乗り換えました。

もちろん、今の楽天でんきより電気代がお得になるかをシミュレーションした上での乗り換えです。セゾンパールアメックスの利用が電気会社を見直すきっかけになりました。

キャッシュバックキャンペーンの併用

両キャンペーンページの注意事項に書かれている「ほかのキャンペーンと重複当選が無い」という案内が気になり、チャットサポートで尋ねてみました。

シラタキ
シラタキ

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード デジタルへの入会を検討しています。
「最大8,000円相当プレゼント」と「毎月10%キャッシュバック」の2つの入会キャンペーンを確認したところ、双方で他のキャンペーンと重複当選が無いことが書かれています。
双方の条件を満たした場合、どちらのキャンペーンが適用されることになりますか?

問い合わせ受付の返答は、自動応答かもしれませんが秒でした。
そして、数分待っていただいた回答は下記の通り。

ご覧いただいているキャンペーンは、公式HPであればどちらも対象となります。
公式のHP以外から申し込みをいただいた場合は、対象の入会ページの特典のみとなり、公式HPの特典は対象外となりますのでご注意くださいませ。

チャットサポートからの回答

これはめちゃめちゃ嬉しい!
私は問い合わせた勢いでセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード公式HPから申し込みました笑

オンラインで申し込んで、デジタルカードの利用手続き完了まで、本当に5分と掛かりませんでした。
申し込むためのフォーム入力や、オンライン口座登録、Google Pay登録等を含めると、発行しようと思い立って実際にデジタルカードを利用できるようになるまでの全行程は30分くらいかな。
クレジットカードの時代が変わった瞬間を目の当たりにしたような体験でした。

改悪された楽天カード、Kyash Card、VISA LINE Payクレジットカード等からの乗り換え先を検討されている方は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

シラタキ
シラタキ

私は、楽天ポイントを貯めることに固執して、Kyash CardもVISA LINE Payクレジットカードもボーナスタイムに乗り遅れましたが、今回は早期にしっかり乗れた気がします。様々なサービス改悪と直面して「お得なサービスはお得なうちに」が大切と学びました。

SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital

コメント

タイトルとURLをコピーしました