楽天ウォレットのSPUは攻略すべき?月3万円の暗号資産購入で+0.5倍

2021年8月1日より「楽天ウォレット」が、楽天のSPUに仲間入りすることが発表されました。

楽天ウォレットでは暗号資産(仮想通貨)の交換サービスを提供しています。

取り扱い暗号資産
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル

今回SPUの対象となるのは、暗号資産の現物取引サービスです。
そのため、楽天ウォレットの取り扱い暗号資産のうち、現物取引ができる

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム

が対象ということになります。

スポンサーリンク

楽天ウォレットのSPUとは

楽天ウォレットで現物暗号資産を一定額購入した月に、楽天市場での買い物で付与される楽天スーパーポイントが+0.5倍になります。

達成条件

月合計3万円の現物暗号資産の購入
※購入額にはポイント交換分も含まれます。

ポイント付与対象

発表はありませんが、おそらく、楽天モバイルや楽天証券と同様に「楽天市場での買い物金額」に対してと思われます。
そのうち「楽天カード利用額」という制限は無いでしょう。

ポイント付与タイミングと期限

こちらも発表はありませんが、付与されるのはおそらく「翌月15日」でしょう。
期限も他と同様に「付与翌月末」と思われます。

月間獲得上限

こちらも未発表です。
直近仲間入りした「楽天モバイルキャリア決済」と同様に、会員ランクに関係なく「5,000ポイント」ではないでしょうか。
この場合、楽天市場での買い物100万円分までが対象になります。

SPU達成当月の楽天市場利用
  • 5万円の買い物:250ポイント
  • 10万円の買い物:500ポイント
スポンサーリンク

楽天ウォレットのSPUは攻略すべき?

楽天ウォレットに限らず、もともと月3万円以上の暗号資産の現物取引をやっていている人にとってはSPU攻略はアリかもしれませんが、、これまで暗号資産の現物取引をやっていなかった人がSPU攻略のために月3万円で始めるのは、あまりオススメできません。

過去の暗号資産の価格変動を見ていると、株式の投資信託と比べても変動幅が非常に大きいと感じます。
代表的な暗号資産「ビットコイン」を例に挙げると、直近1年間を見ただけでもジェットコースターのように価格変動していることが分かります。

1ビットコインの価格

2021年9月11日:109万円
↓ 629%
2021年4月15日:686万円
↓ 53%
2021年7月8日:367万円

今振り返ると1年前に購入して売却しなければ増えてるじゃんと言えるかもしれませんが、暴落時に冷静でいられるのは難しそうです。

暗号資産は投資全体のポートフォリオの1~5%の範囲内でと、自身のリスク許容度に応じて定めた範囲内で購入するのは良いかもしれません。
しかし、SPU条件となる月3万円だと、ポートフォリオ全体で月60万円~100万円という計算になります。
私を含め、多くの人がリスク許容度を超えた暗号資産購入になってしまうのではないでしょうか。

また、価格変動次第で、SPUで得られると予想される月間獲得上限の5,000ポイント分も軽く消えてしまいそうです。

スポンサーリンク

投資でSPUを攻略するなら楽天証券

暗号資産の現物取引を投資と呼ぶかは人それぞれかと思いますが、、投資は将来の選択肢を広げることができる有用な手段だと考えます。

  • 子供の大学進学や留学に備えたい
  • お金に困らない老後生活を送りたい
  • 給料に依存せずに好きな仕事をしたい
楽天証券 は、
  • 一般NISAやつみたてNISAに対応
  • 100円から投資信託を購入可能
  • 楽天銀行との口座間連携が便利

といった投資を始める上でのメリットが揃っています。
シラタキ家は家族全員が楽天証券に口座開設していて、それぞれで積立投資を実践中です。
楽天証券のSPUは「500円以上のポイント投資(1ポイントと499円の現金でもOK)」と、比較的容易な条件の上、ポイントアップは+1倍。

楽天証券公式サイト では、
  • 楽天証券のメリットのおさらい
  • 現在開催中の口座開設キャンペーンの確認

ができます。
楽天ウォレットのSPUに興味を持ったこの機会に、代わりに口座を開設してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました