【節約術】楽天モバイル格安SIMユーザーが感じた「Rakuten UN-LIMIT」のメリット・デメリット

シラタキ
シラタキ

2020年4月のサービス開始とともに「Rakuten UN-LIMIT Ver.2.0」としてプランが改善されました。

こちらの記事は、2020年3月の楽天アンリミット発表当初のサービス発表内容に基づいて、メリットとデメリットを書いたものです。(プラン改善後の情報も追記していますので、本記事をこのまま読み進んでいただいても問題ありません)

改善後の情報をもとにあらためて書いた所感は、下記よりご確認ください。


2020年4月8日よりサービス開始される楽天モバイルの携帯キャリアサービス「Rakuten UN-LIMIT」

「アンリミット」と呼ぶのかな。
「限りない」「無制限」という意味。

「楽天モバイル(ドコモ回線・au回線の通話SIM)からの移行先行申し込み」も受付を開始しました。

当初は2020年4月からの受付開始だったと記憶していたんですが前倒しされたんですね。

きっとこちらのブログに辿り着いた人は、楽天アンリミットについて散々調べ尽くした後だと思うで、私は格安SIMの現役楽天モバイル「スーパーホーダイ」プランのユーザーとして感じたメリットとデメリットについて書こうと思います。

私と同じように格安SIMの楽天ユーザーでアンリミットへの移行を検討している人の参考になれれば嬉しいです。

メリットと感じたこと

キャンペーンでプラン料金が一年間無料

スマホ代を削減できるのは、倹約生活を送っているシラタキ家にとって見逃せないメリットです。

現在利用中のサービスは「楽天モバイル スーパーホーダイプランS」で、月額2,980円(税抜き)の旧プラン。

基本料金から
・ダイヤモンド会員:500円割引(1年間)
・楽天会員:500円割引(2年間)
・長期割:1,000円割引(2年間)
が適用されていて、
これまで1年間は月額980円でした。
(スマホ代節約でめちゃめちゃお世話になりましたm(__)m)

回線開通月から1年が経過したため「ダイヤモンド会員割引」が適用されなくなり、この先1年間は月額1,480円になりました。
さらに1年後は「楽天会員割引」と「長期割」も適用されなくなり月額2,980円になります。
これは楽天アンリミットの2年目以降と同額のプラン料金です。

どうせ来年に割引が無くなって、楽天アンリミットとスーパーホーダイのプラン料金が同額になってしまうのであれば、先に楽天アンリミットへ移行してしまうのもアリでは?と考えるようになりました。

もし、仮に私が、楽天アンリミットの2年目以降以上のプラン料金以上を支払う
・スーパーホーダイ「プランS」または「プランM」の利用期間が2年以上経過していて、月額基本料の割引が既に無くなっている
・スーパーホーダイ「プランL」または「プランLL」を利用している(利用期間関係なし)
という立場ならなおさら、楽天アンリミットへの移行を積極的に考えると思います。

楽天モバイル(格安SIM)からの違約金が発生しない

楽天モバイル(格安SIM)の「途中解約違約金あり」の旧プランを契約している人のみのメリット。
新プランの楽天スーパーホーダイは「最低利用期間」「契約解除料」がもともと無しですもんね。

楽天アンリミットへの移行タイミングが「最低利用期間中」でも、移行に伴う違約金が発生しないとのこと。
さらに調べ進めると、どうやら最低利用期間は引き継がれるらしいです。
つまり、スーパーホーダイを1年間利用中の私の場合、残り2年間の最低利用期間が楽天アンリミットに引き継がれることになるようです。

最初は「どうせ移行には違約金がかかるだろうから」と情報収集すらせずに諦めていましたが、違約金が発生しないと知って移行のハードルがグッと下がったと感じました。

楽天モバイルのSPUが適用される

これまで格安SIMの楽天モバイル利用で得られてた「SPU」が、楽天アンリミットへ移行した後も適用されることに。

2020年4月から楽天モバイルの「SPU」によるポイントアップが+2%から+1%へダウンするものの、食品や日用品のまとめ買いに活用している楽天市場で少しでもお得に買えるのなら、+1%でもシラタキ家にとってはメリットです。

楽天回線エリアにおいてデータ使い放題

楽天基地局への接続時、いわゆる楽天回線エリア内での高速データ通信が使い放題に。

自宅の川崎と、職場やおでかけ先の東京都内をカバーしているようなので、シラタキ家は高速データ使い放題の恩恵を存分に得られるはず。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」を利用していたこれまでは、「最大1Mbps」の低速モードを常用していて、通信が混み合う12時~13時と18時~19時にどうしても急いでWebサイトを表示したい時は、高速データ通信に切り替えて使用していました。

常に高速データ通信で、低速との切り替えの煩わしさからも解放されるとなると、情報収集やブログ執筆がかなり快適になりそうです。

Rakuten Linkアプリを利用すると国内通話かけ放題

既存の「楽天でんわ10分かけ放題」と同じようなサービス。
アプリを起動して通話するだけ。

友達との通話はだいたいLINEで済ませています。
通話自体、機会が限られていて、楽天でんわでも10分超えそうとヒヤヒヤする場面は少なかったんですが、、「Rakuten Link」は、上限無くかけ放題なんですね。

アプリを利用しないと30秒20円もかかっちゃうらしいので、通話時は「Rakuten Link」アプリを利用するのがデフォルトになりそうです。

ポイントキャンペーンで最大20,800ポイント(2020年5月1日~は最大21,300ポイント)が還元される

【追記更新】2020年5月1日~は、対象製品+プランセット購入でプレゼントされるポイント量が「最大15,000ポイント」に増額されました。

これにより、オンライン契約と事務手数料の両キャンペーンと合わせて「最大21,300ポイント」と、従来より500ポイント増額になっています。

還元されるポイントの内訳は
・楽天モバイルの店頭ではなくオンライン契約で3,000ポイント
・申し込み事務手数料相当分の3,300ポイント
・楽天回線対応スマホ+プランセット購入で最大14,500ポイント(2020年5月1日~は最大15,000ポイント)

私が長年愛用しているスマホはXperia。
楽天回線対応スマホでは「Xperia Ace」がラインナップされています。

「Xperia Ace」は14,500ポイント(2020年5月1日~は15,000ポイント)還元の対象製品で、楽天アンリミットへ移行したら最大の20,800ポイント(2020年5月1日~は21,300ポイント)の還元を得られそうです。

ポイント還元は一度限りとは言え、楽天会員で楽天スーパーポイントをフル活用している私にとっては、楽天モバイル移行に伴う出費分をカバーできて助かる特典です。

デメリットと感じたこと

生活圏が楽天回線で実際にカバーできるのか不安

シラタキ家の生活圏は、楽天回線のカバーエリアでまっピンクですが、建物の中に入ったり地下鉄で移動したりしても楽天回線でカバーし続けられるのか。

パートナーのau基地局接続時の高速データ通信は「月2GB」に制限され、2GBを超えたら「最大128kbps」まで通信速度が遅くなるそうです。

「最大128kbps」と言ったら楽天モバイル格安SIMの低速モード「最大1Mbps」より遥かに遅い。
ノンストレスなのは、せいぜいメールやラインで文字のやりとりくらい。

建物の中や地下鉄で頻繁にau基地局接続の高速データ通信に切り替わって、すぐに2GBを消耗してしまうようなら。。
定額で高速データ通信使い放題の恩恵に期待したはずが、1GB500円の追加の度にガッカリする落胆モバイル体験に。

【追記訂正】2020年4月8日より、ギガを使い切った後の速度制限が「最大128kbps」から「最大1Mbps」へ緩和されました。

これにより、ギガを使い切ったとしてもスーパーホーダイと同等の通信速度で通信できることになりました。1GB500円の高速データ通信残量の追加の必要性が少なくなり、もともと抱いていた落胆モバイル体験への不安は早々に解消されました。

楽天回線対応スマホ購入費を含めると出費が膨らむ

楽天回線対応スマホ以外の動作保証をしていないとのことで、事実上、楽天回線対応スマホの購入が前提になりそう。(各自の判断に委ねられ購入マストではないです)

私が愛用しているXperiaの場合、「Xperia Ace」購入費58,100円+事務手数料3,300円-ポイント還元分20,800円=出費40,600円(2020年5月1日~はポイント還元分21,300円で出費40,100円)

現在利用中のスマホは「Xperia XZ2 Compact」
楽天回線対応スマホの「Xperia Ace」は、「Xperia XZ2 Compact」よりも後に発売された機種ですが、性能はフラッグシップ機の「Xperia XZ2 Compact」に劣ります。

楽天アンリミットへ移行するためにはスペックダウンを受け入れなければいけないことになります。

前にも書いた通り、私は今「楽天モバイル スーパーホーダイプランS」で回線開通月からちょうど1年が経過していて月額1,480円です。

楽天アンリミットへ移行せず、今の格安SIMのまま「Xperia XZ2 Compact」を使い続けた場合、この先一年間で17,760円。
スーパーホーダイのままの方が、楽天アンリミットへ移行するよりも23,000円弱、出費を抑えることができます。

Xperia継続利用を諦めて楽天アンリミットへ移行するとしたら、どの機種がお得になるのかも考えました。

楽天回線対応スマホで最安値の「Rakuten Mini」は、ポイント還元の対象ではないんですね。
そうすると、「OPPO A5 2020」購入費32,100円で9,500ポイント(2020年5月1日~は10,000ポイント)のポイント還元を得るのが最安値になりそうです。

【訂正追記】2020年4月8日より「Rakuten Mini」の購入サポートキャンペーンが開始されました。

5,000ポイントのポイント還元で、「OPPO A5 2020」を抜き最安値となりました。

OPPO A5 2020購入費32,100円+事務手数料3,300円-ポイント還元15,800円分=出費19,600円(2020年5月1日~はポイント還元16,300円分で出費19,300円)

最安の「OPPO A5 2020」にしたとしても、楽天アンリミットへ移行せず、スーパーホーダイを使い続けた方がお得になる計算です。

メリットとデメリットを天秤にかけて下した判断

2020年3月時点での楽天アンリミット移行の先行申し込みを見送りました。

高速データ通信の使い放題は魅力的なんですが、楽天モバイル格安SIM利用者の私にとって移行するデメリットがメリットを上回りました。

楽天回線エリアから頻繁に外れて、すぐに2GBの通信制限を超過。
1GB500円の追加料金を支払い続けないと、普段使いすらできないという未来像を思い浮かべました。
そして、そのリスクを覚悟できる程、格安SIM利用中の私には金銭的なメリットがない。

格安SIMのようにギガを消費しない低速モードがあると良かったんですが。。

【追加訂正】スーパーホーダイと同様に、アプリ上で高速データ通信のオンオフ切り替えが可能なのが分かりました。

楽天アンリミットと比較検討することで、現行の楽天モバイル格安SIMのサービスが優秀で、倹約生活を送る私にとって最適解だと再認識しました。

もともとこの記事を書き始めた時は楽天アンリミットへ移行する気満々だったんですけどね。
書き進める中で、いろいろ調べたり考えたりしてると、上記の通り移行しない方が私に合ってるんじゃないかと思い直しました。

この一年間は様子見です。
プラン料金「一年無料」という大盤振る舞いは今回限りかもしれませんが、楽天のことです。きっと移行プロモーションを続々と打ち出すんじゃないかと期待してます。

クチコミで楽天回線の利用環境がだいたい分かってくるでしょうし、企業努力で改善されていくでしょうし、機種対応も進むでしょう。

私の場合、格安SIMの月額基本料割引が適用されなくなる一年先に再検討と考えていますが、状況次第ではタイミングを早めるかもしれません。

楽天アンリミット移行の申し込み方法

最後に、楽天モバイル格安SIMユーザーの場合の移行申し込み方法について簡単に触れます。

楽天モバイルメンバーズステーションのトップにデデーンとアンリミットのバナーがあります。
まずは、そちらをタップして申し込み画面に遷移します。

あとは、ページ下部にある「Rakuten UN-LIMITに先行申込する」ボタンをタップすれば手続きが完了。

情報収集でページを見る度に誤ってタップしないかヒヤヒヤしました。

メンバーズステーションにアクセスさえすれば、移行申し込みに必要なのは「2タップのみ」です。
実に簡単。
楽天としては、それだけアンリミットへ移行して欲しいんでしょうね。
正式契約は、後日送付される案内メールに従って手続きするようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました