3.5%還元!楽天キャッシュチャージ+楽天ペイ残高払いが最強になるキャンペーンに注目してみた

これまでチャージのポイント還元率アップキャンペーンをことごとくスルーしてきた私ですが、、今回のキャンペーンを目にして「ん?」と節約センサーが反応しました。

「楽天カードでのEdyチャージ、楽天キャッシュチャージがポイント+2%還元!」

還元率が劣るEdyは、選択肢として「ナシ」だと考えているので、数字がゴチャゴチャしないように、こちらのブログでは除外して書いていきます。

スポンサーリンク

楽天キャッシュとは?

楽天の電子マネーサービスのことです。
楽天キャッシュを使えるお店で、スマホ決済アプリ「楽天ペイ」を使って利用します。
SuicaやPASMOと同じく、で、予めチャージして、残高から支払うプリペイドタイプです。

楽天キャッシュのメリットは、
【1】チャージする時
【2】チャージした残高から支払う時
の両方のタイミングで、楽天スーパーポイントが貯まる
こと。

通常、楽天カードからのチャージで「200円ごとに1ポイント」の楽天スーパーポイントが貯まります。
さらに、楽天ペイで楽天キャッシュのチャージ残高から支払うと「100円ごとに1ポイント」の楽天スーパーポイントが貯まります。
(ただし、200万円未満のチャージと100円未満のチャージ残高払いは切り捨てです)

つまり、
・楽天カードからの楽天キャッシュチャージ:0.5%
・楽天キャッシュ残高で支払い:1%
で合計1.5%のポイント還元率です。

スポンサーリンク

+2%還元キャンペーンの内容・メリット

さて本題です。

「楽天カードでのEdyチャージ、楽天キャッシュチャージがポイント+2%還元!」キャンペーン

楽天キャッシュへ合計1,000円以上をチャージすると、もれなく+2%の楽天スーパーポイントが還元されます。

つまり、このキャンペーンを利用すると、
・楽天カードからの楽天キャッシュチャージ:0.5%
・キャンペーンによるポイント進呈:2%
・楽天キャッシュ残高で支払い:1%
で合計3.5%のポイント還元率

さらに楽天スーパーポイントが貯まるお店だと、楽天ポイントカード提示で+0.5%~1%のポイントが付くため、最大4.5%のポイント還元が期待できます。

私がメインのキャッシュレス決済としている、東急カード+TOKYU ROYAL CLUBによるPASMO支払いによる常時2%還元を遥かに超えてきました。
PASMOチャージ時にまるまる2%付くため端数切り捨てを完全に防げるものの、3.5%は例え端数切り捨てがあったとしても十二分の上回るパフォーマンスを期待できるキャンペーンだと思いました。
私の気持ちは「これはもう、キャンペーンに乗っかって楽天キャッシュをチャージするきゃない」です笑

スポンサーリンク

キャンペーンの条件

条件がいくつかあります。

期間内のキャンペーンへのエントリーとチャージが必要

下記期間内でキャンペーンへのエントリーと、楽天キャッシュへのチャージの両方が必要です。

2020年10月12日(月)0:00
~2020年10月18日(日)23:59

キャンペーンへのエントリーとチャージの順番は問わないとのこと。
期間内に両方を済ませておけばOKということです。

ちなみに、楽天カードのキャンペーンなので当たり前ですが、楽天カードを使ってのチャージが条件です。(楽天銀行からのチャージは対象外です)

合計1,000円以上のチャージが対象

1回あたり1,000円未満のチャージを複数回でもOKのように受け取れますが、キャンペーン詳細に具体的な説明が無かったため、心配ならチャージを複数回に分けるとしても1,000円以上にするのが無難かなぁと思いました。

ポイント進呈の上限は1,000ポイント

+2%でもらえるポイントが1,000ポイントまで。
楽天キャッシュ50,000円分までのチャージが、今回のキャンペーンが適用される計算になります。

仮に最大の1,000ポイント獲得しようとするとチャージ50,000円。
チャージする額としてはなかなかの金額です。

もらえるのは期間限定ポイント

ポイント進呈タイミングが2020年12月25日で、利用期限が2021年1月31日のため、利用できる期間は約1ヶ月です。

まぁ、キャンペーンによる獲得上限が1,000ポイントなので使い切れるとは思いますが、SPUや楽天市場の買いまわり等で他に大量の期間限定ポイントを獲得予定の場合は、ポイント消化法を検討することになるかもしれません。

スポンサーリンク

本キャンペーン利用で大切に思っていること

楽天ペイを使えるお店がある

チャージした楽天キャッシュを使えなくては意味がありません。
普段の買い物や飲食で利用できるお店が、自宅や職場等であるかどうかが重要。

楽天キャッシュは楽天市場でも使えますが、楽天プレミアムカードまたは楽天ゴールドカードのクレジット決済
・楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード:4%
・楽天銀行+楽天カード:1%
で合計5%の方が、ポイント還元率が高いため、楽天ペイを支払いにあてるのは得策ではありません。

私の場合、近所にドラッグストアのココカラファインがあり、週末のおでかけでたまに楽天キャッシュを使えるお店に遭遇するので、チャージした楽天キャッシュを気長に消化していきたいと考えています。

ちなみに、コンビニエンスストアへは、突発的な急ぎの買い物が無い限り行きません。
割高なコンビニを頻繁に使っていると節約にならないと思っています。

キャンペーンで得られるのは所詮最大1,000ポイント

これだけポイント還元率がすごい!と言いつつも、キャンペーンで得られる上限は所詮1,000ポイント。

このキャンペーンに乗っかる乗っからないを時間をかけずスパッと判断したいところです。
キャンペーン利用を思い悩む時間が勿体無いかなぁと。
まぁ、私も1,000ポイントをネタに記事を書いてるのはどうなんだ?と考えようによっては時間単価に合わないと言えちゃうかもしれませんが。。

私は前に書いた通りキャンペーンに乗っかる即決でした。

仕組みでポイ活は積極活用

今回のような、一度設定すればOKの少ない労力でポイントを一定量獲得できるキャンペーンは、積極的に活用していきたいです。

先と反対のことを言いますが、1,000ポイントも節約に繋がるチリツモです。
しかし、チリツモのためにキャンペーン情報を探しまわるのは時間単価に合いません。
入ってきた情報から時間単価に合いそう合わなそうを即断する。
入ってこなくて逃したキャンペーンでクヨクヨしない。
それくらいのスタンスのポイ活が、本当の節約に繋がるのではないでしょうか。

「楽天カードでのEdyチャージ、楽天キャッシュチャージがポイント+2%還元!」キャンペーン

キャンペーンに興味を持った楽天カード利用者の方は公式サイトをチェックしてみてください(ログインが必要です)

「楽天e-NAVI」ログインページ:楽天カード
楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」のログインページです。楽天e-NAVIではご利用明細確認のほかにも、お得なキャンペーン・サービスがございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました