節約家の楽天期間限定ポイントと通常ポイントの使い道

私は、いわゆる楽天経済圏のサービスを多用していて、支払いに使用するクレジットカードを楽天カードに集約しています。

▼シラタキ家が利用している楽天のサービス
・楽天市場
・楽天カード
・楽天銀行
・楽天証券
・楽天でんき
・楽天モバイル

楽天の様々なサービスで度々実施されているキャンペーンやポイントプレゼントで、いつの間にかたまってる期間限定ポイント。
折角いただいたポイントなので、期限内の消費し切りたい。
通常ポイントも節約やお得になる方法で使いたい。

そういう思いで取り組んでるのが、期間限定ポイントと通常ポイントの使い分けです。
面倒臭そうに聞こえますが、私の場合、決めたルールに基づいて行っているだけですので、面倒に思ったことがありません。
面倒さよりも、節約できている実感をより持てるようになり、他の節約法を含めた倹約生活を続けるモチベーションに繋がっています。

それぞれの人に合った楽天ポイント利用法があると思いますが、私が実践している使い分け方が何かしらのヒントになれたらと思います。

基本スタンスとして、期間限定ポイントを使い切るために、コンビニはもちろん楽天市場であっても無駄な買い物をしません。
あくまで必要出費の中から
期間限定ポイントを使うもの、通常ポイントを使うものと仕分けています。

スポンサーリンク

楽天スーパーポイントの使い分け

▼期間限定ポイントの使い方
・毎月:楽天モバイルや楽天でんきの月額利用料金支払い
・まとまった分:楽天ふるさと納税
・端数:楽天市場や楽天ペイでの普段の買い物

▼通常ポイントの使い方
・毎月:楽天証券でのポイント投資
・毎月:楽天カードのポイントで支払い

スポンサーリンク

楽天モバイルと楽天でんき⇒期間限定ポイント

楽天モバイルと楽天でんきの料金支払いには期間限定ポイントを利用できます。
まずは、楽天モバイルでしっかり使い切ります。
月々のスマホ代をポイントでまかなえ、実質ゼロ円でスマホを使えていることが節約できている実感を得やすく、倹約生活のモチベーションに繋がっています。

キャンペーン参加で大量の期間限定ポイントを獲得した場合は、楽天でんきの支払いに充当することも。

通常ポイントを差し引いて期間限定ポイントだけを使うのは決して手間ではありません。
操作は月に一回だけです。
月内に設定したポイント使用が翌月請求に適用されるため、月最終日に設定するようにしています。

スポンサーリンク

楽天ふるさと納税⇒期間限定ポイント

楽天モバイルや楽天でんきで使い切れないくらの期間限定ポイントが貯まったら、楽天ふるさと納税で一気に使い切ります。

ふるさと納税は節約のためにフル活用したい制度。
楽天でもふるさと納税の寄付ができ、その寄付金に、期間限定ポイントを含む楽天ポイントが使えます
寄付額にも、楽天市場と同じSPUが適用された楽天ポイントが付与されるのでとてもお得です。
使ったポイント分は、SPUで付与される楽天ポイントが減りますが、期間限定ポイントを失効するよりはプラスのため、そこは割り切っます。

スポンサーリンク

楽天市場や楽天ペイでの普段の買い物⇒期間限定ポイント

楽天モバイルと楽天でんき、楽天ふるさと納税で使い切っても、タイミングで当月失効の期間限定ポイントが付与されることも。
補充しておきたい日用品を、楽天市場や、近所のドラッグストアでの楽天ペイ支払いで期間限定ポイントを使い切るようにしています。

スポンサーリンク

楽天証券でのポイント投資⇒通常ポイント

5年~20年間のうちに使うお金用としてNISA口座に積立投資しています。
主な用途は子供の教育資金です。

楽天証券にNISA口座を開設。
楽天証券では、毎月5万円まで楽天カードのクレジット決済で投資信託を購入可能で、上限額を積み立てています。

そのうち1ポイントだけポイント投資として楽天スーパーポイントを利用しています。

ポイント投資するのは、楽天のポイントアッププログラムのSPUの条件を達成するため。
楽天証券で楽天スーパーポイントコースに設定した上で、500円分以上のポイント投資で、楽天市場の買い物のポイント還元率が+1%加算されます。

ポイント投資には期間限定ポイントを使えないため、消費するのは通常ポイントです。
通常ポイントは可能な限り、次の「楽天カードのポイントで支払いにあてたいため、1ポイントのみ使用しています。

スポンサーリンク

楽天カードのポイントで支払い⇒通常ポイント

前記の楽天証券のポイント投資(1ポイント)以外はすべて、楽天カードのクレジット決済時にポイントで支払いで使い切っています。

ポイントで支払いには期間限定ポイントが使えず、通常ポイントのみです。
ポイントで支払いサービスの利用スケジュールは下記の通りです。

毎月12日頃:ポイントで支払いの受付が開始されます。
⇒次の楽天スーパーポイントの付与まで待ちます。

毎月15日頃:先月の利用額に応じた楽天スーパーポイントが付与されます。
⇒ここでポイント支払いサービス利用の設定をします。
その時点で利用できる通常ポイントすべてを使い切っています。

毎月20日頃:先月の利用額からポイントで支払い分を差し引いて請求額が確定します。

これは、楽天市場での買い物など、各サービス利用時に楽天スーパーポイントを使わずに楽天カードの利用額を上げて、利用額に応じた楽天スーパーポイントを多くいただこうと考えたもの。
楽天スーパーポイントを貯め込んでもメリットは無いため、利用額確定後のポイントで支払い受付で、毎月コンスタントに使い切ります。

毎月使い切ってると、どうしても楽天カード請求額に対するポイントで支払いの額が小さくなり、各サービスでのポイント利用に比べて節約できている実感は少ないです。
ここはもう自分が心地よいポイント利用スタイルがこれなんだと割り切るしかないと思ってます。


以上が、私の楽天スーパーポイントの期間限定ポイントと通常ポイントの使い分け法です。
このテーマについては実に多くのブロガーさんが記事を書かれていますので、合わせて調べられるとより納得度が増すと思います。
ご自身にあったポイント利用スタイルを見付けるきっかけになれてたら嬉しいです。

コメント

  1. あんず より:

    こんにちは。興味深く読ませてもらいました。
    楽天証券のポイント投資での質問なのですが、1ポイントだけで良いのですか?
    ポイントで、500ポイント以上なのかと思っておりました。
    回答頂けたら嬉しいです。

  2. シラタキシラタキ より:

    あんずさん、コメントありがとうございます!

    1ポイントだけで良いです。
    楽天証券の公式ページにも書かれていますのでご参照ください。

    ▼抜粋
    SPUの条件となる当月1回500円の買い方は最低1ポイント含まれていればOKです。全部ポイントでも、ポイントと現金を組み合わせて注文することも可能です。

    https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/spu/
    ※ページ前半「ポイント+1倍をGETするには?」の見出しの後です。

タイトルとURLをコピーしました