【体験談】楽天ダイヤモンド会員で実感したメリットとキープした方法

楽天にはサービス利用状況に応じた5段階の会員ランクがあります。
ダイヤモンド会員はその最上位ランク。

結論から言うと、
ダイヤモンド会員になったからと言って、めちゃめちゃお得になるメリットがあるかというと、「ダイヤモンド」の響きにしては正直言って控え目。

頑張って目指すものではないし、条件達成のための不要な支出を控える方が重要じゃないの?というのが私見です。

と、ダイヤモンド会員のことを調べてる人にとってモチベーションを下げるようなことを冒頭に言っちゃったわけですが、、
ここからは、私が実際にダイヤモンド会員になってみてメリットに感じたことや、ダイヤモンド会員になってから約1年間キープし続けている方法について紹介します。

そんな頑張らなくても、楽天経済圏のサービスを活用して真っ当な倹約生活を送れば、自然とダイヤモンド会員になれるし、キープできるんだと思ってもらえ、ご自身が再現される際の何かしらのヒントになれれば嬉しいです。

スポンサーリンク

楽天ダイヤモンド会員のメリット

私が実際に楽天ダイヤモンド会員になってメリットだなぁと思った特典をランキング形式で紹介します。
いきなり第一位から。

【実感第一位】楽天モバイルの月額料金が割り引きされる

楽天モバイルユーザーでないと受けられないメリットです。

楽天モバイルのスーパー放題「プランS(2GB)」を契約していて、1年目でかつダイヤモンド会員で月額980円(税抜き)に。
ダイヤモンド会員でなくても、楽天会員で1年目は月額1,480円とお得なんですが、さらに500円引き。
最大500円×12ヶ月=年間6,000円引き。
これっぽっちと言ってしまえばこれっぽっちなんですが、倹約はチリツモです。

楽天モバイルの料金支払いには、楽天スーパーポイントの期間限定ポイントを使えて、その月額980円(税抜き)すら出費することなく満額ポイントで支払っていました。

このスマホ代が実質ゼロ円にできているという精神的モチベーションが非常に大きい
楽天経済圏を使っての倹約生活スタートに自信を持てました。

楽天モバイルに切り替えて間も無く1年のため、月額1,980円(税抜き)に跳ね上がっちゃうんですけどね。
十分恩恵は受けられたかなぁと。

【実感第二位】楽天の各種サービスの優待キャンペーン・特典

私にとっては第一位から一気にテンション下がります。

優待内容は楽天ポイントクラブ内にあるダイヤモンド会員限定ページで確認できます。
楽天の各種サービスの新規登録や初めての利用といった、初回限定特典をメインとしたラインナップです。

既に利用しているサービスで使える優待キャンペーンや特典が少なく、機会が限定的です。
ダイヤモンド会員になった頃には、楽天の各種サービスをそこそこ利用している状態で、既に優待キャンペーンや特典を受けることができないのでは?と推察します。

頻度高く確認するのではなく、月1回覗いてみて利用を決めていたり検討したりしている楽天のサービスが、特典に含まれているようだったらエントリーしておく程度のスタンスで良いと思います。

私が利用した優待キャンペーン・特典(いずれもポイント獲得)は下記の通りです。
・楽天ゴールドカード(切り替え)
・楽天でんき(エントリー&初めてのサービス利用)
・ポイント運用(エントリー&新規利用)

【第三位】お誕生日ポイントとして楽天スーパーポイントを700ポイントもらえる

ダイヤモンド会員になって誕生日を迎えたことがないので700ポイントをもらったことがありません。

昨年に誕生日を迎えた時点では、楽天経済圏のサービスへと移行途中で、プラチナ会員だったと思います。

1年に1回限りで、かつ少額なので、私はそれ程魅力的に感じていません。

シラタキ
シラタキ

後日、誕生日特典の700ポイントをしっかりいただきました。
付与のタイミングは月の中旬で、当月内の期間限定ポイント。。
やっぱり、もらえるならありがたくいただきますレベルの特典と感じました。

【第四位】ダイヤモンド会員一年キープで特典

楽天市場での買い物する時のポイント加算、クーポン抽選などの特典があるようですが、私はまだ一年に満たないため特典を受けたことがありません。

内容次第ですが、こちらもオマケ程度でしょうね。

スポンサーリンク

楽天ダイヤモンド会員になるための条件

月末に下記3つ全ての条件を達成しているかどうかで、翌月がダイヤモンド会員か判定される仕組みのようです。

獲得ポイント数

集計月を含む過去6ヶ月間で、4,000ポイント以上の楽天スーパーポイントを獲得する必要があります。
1ヶ月に換算すると667ポイントで、これは66,700円を楽天経済圏で支払う必要があると言い換えることができます。

獲得ポイント回数

集計月を含む過去6ヶ月間で、30回以上の楽天スーパーポイント獲得回数が必要です。
1ヶ月に換算すると、楽天経済圏で5回ポイントを獲得する必要があるということです。

その他条件

「楽天カードの保有」が条件となります。楽天カードを保有していない場合、どんなに獲得ポイント数、獲得ポイント回数を積み上げたとしても、ダイヤモンドから1つ下位ランクのプラチナ会員止まりになります。

とは言え、プラチナ会員になっていてダイヤモンド会員を目指そうとしている時点で、楽天カードを保有していないことはあまり無いケースと思います。

実質、プラチナ会員が新たにクリアしなければならない条件は、獲得ポイント数と獲得ポイント回数の2つに絞られることになると思います。

スポンサーリンク

楽天ダイヤモンド会員の条件達成とキープの注意点

カウントされるのはランクアップ対象のポイントのみ

獲得したポイントが「ランクアップ対象」でなければ、獲得額と獲得回数もカウントされません。

ランクアップ対象のポイントは、楽天サービス利用時に獲得するものに限られ、SPUで加算されるポイントや、各種キャンペーンで加算されるポイントはカウントされません。

条件を毎月達成し続けなければいけない

一度なれればずっとダイヤモンド会員というわけではなく、キープするには上記の条件を直近6ヶ月間集計で毎月達成し続けなければいけません。

スポンサーリンク

私が楽天ダイヤモンド会員をキープした方法

私の場合は、楽天経済圏のサービスへ切り替える中で自然と仕組み化できていました。
条件変更が無い限り、今後もキープし続けることになると思います。
再現性は高いと思います。

楽天のいろんなサービスや制度の掛け合わせですが、ざっくり言うと、メインバンクを楽天銀行にしてハッピープログラムにエントリー、楽天カードのクレジット決済で楽天証券での積み立てや生活で利用しているサービスの支払いをしただけです。

楽天カードのクレジット支払い

獲得ポイント数の内訳を確認してみると、楽天カードでのクレジット支払いがその多くを占めていて、これだけでダイヤモンド会員の条件をクリアしていました。

毎月のNISA積み立て

楽天カード払いで毎月50,000円を、楽天証券のNISA口座に積み立てています。
すると楽天スーパーポイントを500ポイント獲得できます。
もうこれだけで月換算の必要ポイント獲得数のほとんどを獲得できたことになります。

あとは、残り167ポイント=16,700円分を楽天サービス内外に関係無く、普段のお買い物や外食で楽天カードでクレジット決済するだけで条件達成することになります。

月額利用料金の支払い

私は、下記月額利用料金を毎月、楽天カードでクレジット決済しています。

  • FEELCYCLE:約16,000円
  • 楽天ブロードバンド:約4,000円
  • 楽天でんき:約3,000円
  • マネーセンスカレッジ:約2,000円
  • 東京ガス:約1,000円
  • 音楽配信サービス「AWA」:約1,000円
  • テレビ東京オンデマンド:約500円

電気料金とガス料金は変動しますが、上記でだいたい27,000円~30,000円を毎月支払っています。
NISAの積み立てを含め、これらのクレジットカード支払いのみで必要獲得ポイント数を達成しています。
つまり、生活スタイルや利用しているサービス、支払い方法を改めない限り、達成し続けることになります。

楽天ふるさと納税

ふるさと納税は楽天を利用しています。
寄付額はまとまった金額のため、獲得ポイント数の大きなプラスへ働きます。

楽天市場での日用品購入

日用品を送料無料になるよう、キャンペーン時にまとめ買いしています。
先述通り、キャンペーンやSPUによるポイント加算は、会員ランクアップのための獲得ポイント数には含まれませんが、購入額に対するポイントはしっかり含まれます。

楽天銀行のハッピープログラム

私が獲得ポイント回数をどうやって獲得しているか、その内訳を見てみると、楽天銀行のハッピープログラムによるものが多いことが分かりました。

ハッピープログラムとは、利用ステージに応じた回数分、ATM手数料や他行宛振込手数料が無料になったり、楽天銀行の取り引きに応じて、楽天スーパーポイントが付与される楽天銀行独自のサービスです。

そのうち、取り引きに応じて楽天スーパーポイントが付与される特典は、他の特典に比べて一見地味な存在なんですが。。

楽天スーパーポイントが付与される対象の取り引きは実に様々で、ハッピープログラムでまるっと一括りにして獲得ポイント回数1回ではなく、その取り引きのグループ毎に獲得ポイント回数がカウントされてました。

私の場合、下記5つの取り引きが獲得ポイント回数としてカウントされていました。

・他行口座(家計口座)への振込
・楽天カードの口座振替(自動引落)
・その他口座振替(自動引落)
 ※iDeCoへの掛け金拠出やビューカードの引落
・給与または賞与の受取
・楽天証券取り引き(投資信託の残高10万円以上)

ダイヤモンド会員の必要獲得ポイント回数は、月換算で5回なので、これらで達成です。つまり、楽天銀行や楽天証券での毎月同じ取り引きを続けている限り達成し続けることになります。

楽天サービス利用

楽天でんきの利用や、獲得ポイント数のところで挙げた楽天カードのクレジット支払いも、毎月のポイント獲得回数としてカウントされていました。

楽天銀行のハッピープログラムと合わせて、毎月7回の獲得ポイント回数となり、結果、ダイヤモンド会員をキープできていました。

スポンサーリンク

まとめ

楽天ダイヤモンド会員は、他の会員ランクに比べてめちゃめちゃ魅力的な特典があるわけではないものの、月々のスマホ代をグッと抑え、ポイント払いで実質ゼロ円出費できることによる倹約モチベーションの向上は非常に大きい。

楽天ダイヤモンド会員のキープを、楽天市場での買い物や、楽天スーパーポイントが貯まるリアル店舗での楽天ポイントカードの提示によるポイント獲得に頼ることなく、普段の消費や取り引きの中でも続けられること。

これらの気付きが、会員ランクと楽天サービスと程よい距離感で向き合うきっかけになり、生活が少しでも豊かになるヒントになれれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました