【板橋区大山】極厚ホットケーキ!喫茶店「ピノキオ」で行列&混雑必至の人気メニュー

「コーヒーショップ ピノキオ」は、創業40年以上の老舗純喫茶。
ピノキオは銅板で焼き上げた極厚ホットケーキが有名です。

筆者シラタキはピノキオを複数回訪れました。
こちらのブログ記事ではそれぞれのおでかけの様子を紹介します。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】
神奈川県川崎市「元住吉」在住のランチブロガー「シラタキ」です。
ランチは毎日外食で、開拓実績は9年間で3,000店を超えました。
Instagram(8,000フォロワーを突破!)で最新レポートを配信中。

ランチにホットケーキ編:2024年

大山の老舗喫茶店「コーヒーショップ ピノキオ」で、ランチにホットケーキとアイスコーヒーを。

前回訪れたのが6年前。
当時、まさか大山が職場になるとは想像できませんでした。
大山駅から徒歩10分。
渋谷から向かった前回は下板橋から歩いたんじゃないかな。

店内はテーブル席が豊富。
厨房に面したカウンター席はどうやら使われていないみたい。
BGMでしっとりしたジャズが流れていました。

フードメニューはホットケーキの他、トースト、サンドイッチ、スパゲッティ、ピラフといったラインナップ。
ホットケーキを注文しました。
注文時に時間がかかると案内があった通り、ホットケーキの提供まで20分以上待ちました。
休日は1時間待つ場合もあるみたい。
それに比べるとまだマシかな。

↑記事冒頭と同じ動画です。

あらためて見ても極厚。
くっきりしたフォルムがとっても可愛らしい。
ナイフを入れるのが躊躇われるくらい。
表面がかっちかちです。

1枚目はシロップをかけずにバターだけで。
口の中の水分を持っていかれる系のホットケーキです。
甘じょっぱさが優しい。

2枚目はシロップをたっぷりかけて。
シロップをかけた方が良いかな。

アイスコーヒーは飲みやすいすっきりタイプ。
店員さんとお客さんが世間話している場面も。
地元のお客さんに愛されているんだろうなぁ。

支払いは現金のみ。
2人組の他、私と同じソロ活のお客さんもいました。
外国人もいたのでガイドブックに載っているのかな?

店員さんと他のお客さんのやりとりを聞いていたら、ホットケーキは平日16時くらいにはなくなってしまうみたい。
休日はさらに早く売り切れになると思うので早めの時間帯に訪れた方が良さそう。

▼ランチでおでかけした大山の飲食店
「コーヒーショップ ピノキオ」

▼ランチでいただいたメニュー
・ホットケーキ:550円
・アイスコーヒー:400円

▼おすすめのランチシーン
・ソロ活:行列ができる人気店

所在地:東京都板橋区大山金井町16-8
最寄駅:東武東上線「大山」駅(北口)
行き方:最初の角を右折して川越街道側へ。小学校を過ぎた角を左折し山手通り側へ(駅から徒歩9分)
営 業:8時~17時
定休日:水曜/木曜
予 約:不可
喫 煙:全席禁煙
子連れ:ベビーカーのまま入店可
支払い:現金のみ

▼最新の「板橋区大山」ランチブログ記事はこちら

【板橋区大山】ランチのおすすめは?ひとりご飯で片っ端に開拓

ランチで板橋区大山(東武東上線「大山」駅周辺)の飲食店を片っ端から開拓。それぞれのランチの様子をブログ記事を通して紹介しています。

朝食にホットケーキ編:2018年

飾らないホクホクのパンケーキでした。

池袋の北、大山駅最寄りの創業40年の老舗「コーヒーショップ ピノキオ」でホットケーキを。

ガワがサクッとしてて少し重厚感ある生地。
メイプルシロップをたっぷりかけていただきました。

オープンの8時に間に合うよう7時に自宅を出発。
行きは代々木公園から原宿で山手線乗り換え、新宿で埼京線に乗り換えて北板橋駅を下車。
住宅街を15分くらい歩きました。
帰りは板橋区役所前駅から三田線一本で有楽町へ出勤。

今読んでるのは、人魚の眠る家。
ラプラスの魔女に続いて東野圭吾作品を連続で。

▼参考にしたレッツエンジョイ東京のおでかけ記事

メープルシロップがジュワッ!超コスパの極厚ホットケーキが楽しめるレトロ喫茶「ピノキオ」で幸せ時間を満喫!

大山のレトロ喫茶店「ピノキオ」の極厚ホットケーキ実食レポ|レッツエンジョイ東京
おしゃれなカフェで話題のパンケーキも良いけれど、たまにはバターとメープルシロップをたっぷり絡めていただく、懐かしさ感じるホットケーキはいかがですか?本記事では板橋区大山にある、極厚ホットケーキで人気の老舗純喫茶「ピノキオ」をご紹介。昭和レト...

コメント

タイトルとURLをコピーしました