【レポ】横浜中華街食べ歩き!達人おすすめ店巡り

元住吉駅からみなとみらい線直通の東横線に乗って元町中華街駅まで。
ベビーカーを押しての子連れでは初めての横浜中華街です。

混雑を避けるため、お店が続々とオープンする10時台を目掛けて訪れました。
レッツで達人が紹介していた15店舗の中から、妻が行きたいお店をセレクト。

1.ブタまん / 江戸清 中華街本店
4.北京ダック / 中華街大飯店
7.台湾唐揚げ / 横濱炸鶏排
8.杏仁ソフト / 横浜大飯店

以上、4店舗の制覇を目指しました。

朝陽門(青龍門)側から中華街へ入ります。
10時台なのに、お粥や焼き小籠包のお店は既など、既に行列を作っているお店がありました。

まずは10時30分オープンの
1.ブタまん / 江戸清 中華街本店
朝陽門近くの大通り店はまだオープンしていませんでしたが、本店は10時30分前から販売を始めていました。
一番人気のブタまんと、黒毛和牛すき焼きまんを。

とにかく熱い。
手に持って撮影できるような熱さではありません。
ズボンの上に置いても熱が伝わってくる程アツアツです。

妻「ん!中が柔らかいね!」
ふっかふかです。
中のあんもたっぷりゴロゴロ。
肉汁が溢れ出ています。

すき焼きまんは、豚まんとはまた違う餡です。
とろみがあります。
中に半分カットされた半熟玉子が。

続いて12時オープンの
8.杏仁ソフト / 横浜大飯店

スポンサーリンク

食べ歩き最後のデザートとして考えていましたが、10時30分頃にお店の前を通ると既に営業していたので、順番を繰り上げました。

妻「ん!濃厚だね」
ねっとり濃厚。
まさに杏仁豆腐の味わいです。
肉まんでヌルヌルしていた口の中をスッキリさせてくれました。

続いて11時オープンの
7.台湾唐揚げ / 横濱炸鶏排
台湾唐揚げ(炸鶏排)500円

大判の唐揚げです。
店頭にサンプルが置いてあって、その大きさが分かります。
注文時に辛子を入れるかどうかを尋ねられ、辛いものは苦手なため控えました。
注文後に揚げてくれるようで提供まで待ちました。
肉まんと同じく、めちゃめちゃ熱いです。
衣がザクザクしています。
妻「一人一枚は大変だね。二人で一枚にしないと」

最後に11時オープンの
4.北京ダック / 中華街大飯店

今回の〆となってしまった北京ダック。
先に巡った3店舗の満足度が高かったため期待値が高い状態で訪れました。
1個250円。
先のお客さんが食べてる様子を見るとあまり大きくなさそうなので2個注文することに。
注文後に北京ダックを巻き巻きしてくれました。
お店奥の椅子に座っていただきました。
生地がもっちりしています。
味噌が強めです。
これが正解なのか分からないまま完食。

最後に訪れた北京ダックの中華街大飯店を除き、何かしらのキャッシュレス決済に対応していました。
また感覚的にオーダー式食べ放題のお店が増えたような。
そうした変わり行く中華街の一面をうかがえつつも、コロナの状況下においても焼き甘栗を指つかみで試食をすすめてくるお店も。
うーん、変わらないなぁ。

▼おでかけした飲食店&いただいたメニュー
江戸清 中華街本店
・ブタまん:500円
・黒毛和牛すき焼きまん:500円

横浜大飯店
・杏仁ソフトクリーム350円

横濱炸鶏排
・台湾唐揚げ(炸鶏排):500円

中華街大飯店
・北京ダック:250円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:食べ歩き
・子連れ:早めの時間がおすすめ

▼参考にしたおでかけ記事
横浜中華街のオススメ食べ歩きグルメ15選!定番の中華料理から人気デザートまで達人のお墨付き

【横浜中華街】達人厳選の食べ歩きグルメ15選|レッツエンジョイ東京
歴史ある観光地として有名な「横浜中華街」。200店以上の飲食店が軒を連ねるグルメタウンだからこそ、どのお店へ行けば良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、横浜中華街のことならなんでもお任せあれの“横浜中華街コンシェルジュ”に、定番の食事系からSNS映え◎なデザート系まで、目的別に選べる食べ歩きグルメを教えてもらいま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました