【レポ】渋谷「松涛カフェ」の松涛ロール

スポンサーリンク

渋谷「松涛(しょうとう)カフェ」で松涛ロールを。

オープン時刻の11時30分到着目標で渋谷へ向かいました。
自宅の元住吉から東横線で渋谷まで。
109のふもとA2出口から地上へ上がって文化村通りを北上。
松濤文化村ストリートを辿って松濤郵便局前の交差点を右折したところに、目的のお店、松涛カフェがありました。

近くに5年間も住んで前を何度も通ったはずなのに気付かないものなんですね。
元住吉に引っ越してからの初訪問となりました。

10分前到着でカップルが既に店頭で待っていました。
辺りを散策してたら次々に並び始めたので、私も松涛カフェに戻って列に並ぶことに。
オープン時点で待ち客は10組程でした。
男性ソロはもちろん私だけ笑
しかし、イートインのお客さんは3組でした。

店内は2人掛けのテーブル席がメイン。
周りの話し声をシャットダウンされるくらBGMがかなり大き目です。
ロックバンドのライブ空間にいる感じ。

早速、松涛ロールのSサイズを注文しました。
レッツのおでかけ記事でスイーツライターのはなともさんが注文していたとおり、もりもり生クリームとキャラメルソースをトッピング。

店員さんが「大変おまたせしました」と言って提供されましたが、注文後3分経たないくらい高速でした。

フォークを入れる手の触感で、そのしっとり感が伝わってきます。
生地がめちゃめちゃ優しい。
卵の香りが豊かです。
キャラメルソースもしつこくなく優しい。
そして相性抜群。
ロールケーキの中のクリームと、トッピングしたもりもりクリームでクリームだらけに。
軽くてペロッと食べれちゃうのが恐ろしい。
Sサイズは一人で食べて胸焼けしないちょうど良いサイズかも。
Lサイズを食べ切ったはなともさんの血糖値が心配になりました笑
これは感動級スイーツ。
双璧を成す看板メニューの松涛ケーキもきっと美味しいだろうなぁ。

女子に囲まれて恥ずかしいスイーツ体験を想像していましたが、男性ソロでも伸び伸びと時間を過ごせる快適空間でした。
金曜スペシャルメニューのトンテキ定食も気になりました。

▼おでかけした飲食店
渋谷「松涛(しょうとう)カフェ」

▼いただいたメニュー
・松涛ロール:Sサイズ600円
・もりもり生クリーム:+200円
・キャラメルソース:70円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:席数少な目
・デート:絶品スイーツデート

▼参考にしたおでかけ記事
生クリームが大量すぎる!“超巨大ロールケーキ”が食べられる渋谷のカフェへ

“超巨大ロールケーキ”が食べられる!渋谷「松涛カフェ」レポ|レッツエンジョイ東京
渋谷で長く愛されている「松涛カフェ」。名物のロールケーキは、全体の半分以上が生クリームというその衝撃のビジュアルがSNSでも話題を呼んでいます。注目のロールケーキを食べに、友達とおでかけしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました