【レポ】渋谷「吉祥菓寮」のきなこパフェとわらび餅

渋谷「吉祥菓寮」のきなこパフェとわらび餅

渋谷MIYASHITA PARKのSouth 2階にあるきなこスイーツ専門店「吉祥菓寮(きっしょうかりょう)」で黒千石(くろせんごく)のきなミスパフェと本わらび餅を。

元住吉から東横線で渋谷まで。
渋谷MIYASHITA PARKを再訪しました。
渋谷駅側のSouth 2階にある吉祥菓寮へ。
11時オープンでした。
間違って10時に来てしまい、、園内でその時間に開いているのは、同2階のパンとエスプレッソとまちあわせと、4階のスターバックスくらい。

訪れたこの日は雨。
公園で待ってると濡れるし、4階のスタバは室内席が極端に少なく満席だったため、宮下公園向かいのスタバで待つことにしました。

11時に入口に戻ってくると、時間ぴったりに屋内施設がオープン。
店員さんもセキュリティさんも誰も解錠に来ることなく、自動ドアが勝手に開いたのが新鮮でした。

一番乗りで吉祥菓寮へ。
お店の正面がテイクアウトで、右側がカウンター席、左側がテーブル席というレイアウトでした。

テーブル席に着いて、パフェを2つ注文するか妻と悩んだ末、パフェとわらび餅とを1つずつ注文しました。

わらび餅は、注文後、数分と待たずのめちゃめちゃ早い提供でした。
もともと甘いとのことで、好みであんみつをかけるようにとの案内がありました。

プルンプルンのトロトロです。
ほとんど弾力はありません。
みずみずみしく噛むとすーっと溶けていきます。
蜜をかけなくてもすっきりとした甘さ。
蜜はコクが増しました。
妻「折角だからきなこモリモリにしよー」
テーブルに置いてあるきな粉はかけ放題。

続いてきなミスパフェ。
どうやらこちらはMIYASHITA PARK限定で数量限定らしい。
上の方にはメレンゲの焼き菓子があるので、まずは崩すようにいただきます。

妻「チョコ入ってる?女子が好きな味だな」
チョコレートのくっきりした甘さです。
メレンゲがサクサクしてます。
中央はコーヒーゼリー、下の方にはクランキーチョコレート。
最後まで甘い甘いティラミスパフェでした。

きな粉スイーツをきれいに食べることは無理だと悟り、後半はお構い無しにきな粉モリモリにして完食しました。

今回は抱っこ紐で訪れましたが、椅子を抜いてもらえれば、ベビーカーでも入店できそうな感じでした。
MIYASHITA PARKには飲食店が盛り沢山なのでまた再訪する機会がありそうです。

▼おでかけした飲食店
吉祥菓寮(きっしょうかりょう)渋谷MIYASHITA PARK店

▼いただいたメニュー
・焦がしきな粉パフェ:1,320円
・黒千石のきなミスパフェ:1,430円

▼おすすめのおでかけシーン
・デート:おしゃれ和スイーツ
・ソロ活:カウンター席あり

▼参考にしたおでかけ記事
きな粉かけ放題ってすごい!京都発「きな粉スイーツ専門店」が完全にきな粉天国だった。

“きな粉"かけ放題ってすごい!京都発「きな粉スイーツ専門店」が完全にきな粉天国だった。
今回ご紹介するのは「吉祥菓寮 渋谷MIYASHITA PARK店」。京都発のきな粉スイーツ専門店で、きな粉を使ったさまざまなスイーツを楽しめることから注目を集めています。しかも、ここでしか味わえない限定パフェもあるのだとか。きな粉の香ばしさが感じられる、とっておきのスイーツを堪能しに行ってきました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました