【レポ】麻布十番「シーン カズトシ ナリタ」の人気パン食べ比べ

スポンサーリンク

麻布十番のパティスリー&ブーランジュリー「Scene – Kazutoshi Narita(シーン カズトシ ナリタ)」で、人気のパンメニューをテイクアウトして食べ比べ。

別のおでかけで訪れた西荻窪からハシゴで麻布十番へ向かうことに。
JR西荻窪駅から中央線で四ツ谷まで。
白金高輪行きの南北線に乗り換えて麻布十番駅で下車。
4番出口から地上へ。
商店街5分程歩いて目的のパティスリー、シーンに到着しました。

だいたい突発的な閃きでハシゴする時はだいたい失敗するんですよね。
でもいつも予定立ててのおでかけだけではつまらない。
たまには思いつきで行ってみようと。
ランチタイム後の訪問だったので残っているかどうかドキドキしながら入店しました。

レッツのおでかけ記事で紹介されていた目当ての人気のパンメニューは下記3点。

  • クロワッサン
  • 生絞りクリームパン
  • エッグサンド

目当てのパン3種類、すべてストックがありました。
ショーケースに並べられているパン以外にも奥に控えていたようで、欠品の心配をする必要はありませんでした。

いやぁ、さすがの麻布十番。
すべてがおしゃれ。
テンションが上がります。
パンのディスプレイが鮮やかで、どのパンもケーキも光って見えます。
お値段も輝いてますが。
こんなお店で普段買いなんてできません。

袋は有料制でポリ袋が5円で紙袋が10円。
こちらも麻布十番価格です。
キャッシュレス決済は、クレジットカードの他、交通系ICカードやiDも使えました。
楽天カード→Kyash→TOYOTA Walletの流れでチャージしたiDで支払いました。

自宅に持ち帰って実食。

まずはクロワッサンから。
フォルムから存在感があります。
生地が中までぎっしり詰まってました。
外側のサックリ感が普段食べるクロワッサンと違います。
ザクーっと重い感じ。
バターの香りも豊かです。

続いてエッグサンド。
ビジュアルが私は美味しいですよーという自己主張しています。
食パンは想像していたよりサックリ系。
たまごサラダは胡椒が効いててほんのりスパイシー。
断面側に寄っているので食べる時の配分を考えないとパンだけが残ってしまうことも。
半熟卵が塩っぱくて濃厚。
ここだけ取ってご飯と一緒に食べたいくらい。

最後に、生絞りクリームパン。
サックリとしたブリオッシュパン。
パンとバターの香ばしさが際立っています。
中には甘さ控えめで、油断するとこぼれ落ちそうなくらいトロンとしたクリームが入ってました。

どのパンも個性があって、なかなか食べられない逸品ばかりでした。
パンというより、パンから得られる食体験を売っているように感じました。

▼テイクアウトしたお店
麻布十番「Scene – Kazutoshi Narita(シーン カズトシ ナリタ)」

▼テイクアウトしたメニュー
・クロワッサン:350円
・生絞りクリームパン:320円
・エッグサンド:630円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:テイクアウト専門店

▼参考にしたテクアウト記事
パン好き要チェックの話題店!アジア No.1 パティシエの新業態「Scene」に行ってきた。

【麻布十番】アジア No.1 パティシエの店「Scene」へ|レッツエンジョイ東京
世界の名だたる名店でシェフ・パティシエとして活躍した成田一世シェフが、自身の名を冠したお店を麻布十番にオープン!パン好き界隈でも話題になっているお店にうかがってきました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました