看板が無い隠れ家カフェ!代々木公園「プルミエメ」でモーニング

スポンサーリンク

代々木公園ビル2階「PREMIER MAI(プルミエメ)」で、モーニングにプルミエメのアイコンメニュー、ムイエットプレートを。

インスタグラムでよく目にしていたお店で訪れるのを楽しみにしていました。
ほんの数年前までプルエミエのある代々木公園に住んでいました。
当時お店があったらお気に入りで通っていたんじゃないか、行く前からそんな直感がしました。

自宅の元住吉から東横線で渋谷駅まで。
そのまま副都心線へ乗り入れて明治神宮前駅で千代田線に乗り換えて代々木公園駅から向かうルートが普通だと思います。
今回は散策を兼ねて渋谷駅から歩いてプルミエメへ向かいました。

予習不足でした。
看板が見当たらず辺りをウロウロしてしまいました。
参考にしたレッツエンジョイ東京のおでかけ記事を見返して、やっぱりここで合ってるよねと勇気を出して建物の中へ。
階段を上ると扉にコロナの案内ポスターが。
ここ?
入口を間違ったかと戸惑いつつも扉を開けると、店員さんが優しく迎い入れてくれました。

席はキッチンを囲うようにあるカウンター席と相席の大きなテーブル席、窓側に配置されたハイテーブル席の3種類。
カウンター席に私と同じくオープンに合わせて訪れたと思われる2組のお客さんが座ってました。
キッチンを含め全体を見渡せるテーブル席を選びました。

メニューはお店のカードの裏にあるQRコードを読み込んでウェブ上で閲覧します。
そのままネットで注文かと思いきや、注文はレジで店員さんに伝える流れです。
レッツエンジョイ東京のおでかけ記事で紹介されていたムイエットプレートを注文しました。
ワンドリンクオーダー制なのをうっかり忘れてて慌ててドリンクメニューを確認。
コールドブリューをお願いしました。

キャッシュレス決済はスマホ決済を含め豊富に対応。
リーダーとスマホの相性が悪いのか、QUICPayもモバイルSuicaもうまく支払い処理ができず、、何度か繰り返しているうちにモバイルSuicaで支払えました。

席に戻って提供を待ちます。
最初に重しが下になったような棒がテーブルの上に準備されます。
キッチンから鉄板で食パンやベーコンを焼いているものと思われるジュージューという音が響いた後、独特のプレートにのったトーストセットが提供されました。

そしてようやく先に置かれた重しと棒の正体が明かされます。
「こちら使われたことがありますか?」
エッグカッターのこと。
使ったことが無いと伝えると使い方を説明してくれます。

卵の上にのせて球体を上から3回落とすと、卵の殻が円状にヒビが入るとのこと。
あとはナイフで切り取って、黄身を食パンにディップして食べるようにとの案内がありました。
早速、エッグカッターなるものを使ってみます。
最初は音の大きさにビビります。
店内が静かで響きやすく少し恥ずかしい。
ちゃんとヒビが入っているのか確認しながら何度か球体を落とし、あとはナイフで少々強引にカットしました。
いかがでしょう?初めてにしては合格点でしょうか。

食パンは「考えた人すごいわ」のものです。
あの特徴的な紙袋が置かれていました。
目と鼻の先の「365日」のパンではないんですね。
意外に思いました。
まずは何もつけずに。
表面はこんがり焼かれてて香ばしい。
食べてみるとしっとり。
パンの甘みが伝わってきます。

ミニトマトは甘くて独特の香りが。
何かのソースに漬けてあったものだと思います。
アスパラはシンプルに塩味。
柔らかくてみずみずしい。
赤いのはポテトサラダ。
薄くて黄色いのはチーズでした。

卵は2種類で黄色気味と橙色の黄身。
食パンにディップしていただきます。
塩味もなく卵の味そのもの。
食べ合わせを考えないと卵だけが残ってしまいます。
きれいに食べようとすると難しい。

グラスの側面にお店のロゴ入りです。
自己主張強め。
苦味はまろやかで飲みやすい。
すっきりしました。

幻想的なピアノのBGM。
店員さんは親切な声掛けでとても好感が持てました。

メニューにはインスタでよく見たモンパンも。絶対に美味しいに違いない。

どうして店頭に看板が無いのか。その理由を店員さんと居合わせたお客さんがやりとりしているのを聞いてしまいました。勝手に書いてネタバレは良くないかなぁと思い、こちらには書きませんが、気さくに教えてもらえると思うので、是非、店員さんに尋ねてみてください!

▼おでかけした飲食店
代々木公園「PREMIER MAI(プルミエメ)」

▼いただいたメニュー
・ムイエットプレート:1,600円

・コールドブリュー:500円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・デート:朝食デート
・女子会:おしゃれ

▼参考にしたおでかけ記事
まるでフランスの朝ごはん!隠れ家カフェで“鉄板焼きトースト”に舌鼓

まるでフランスの朝ごはん!隠れ家カフェで“鉄板焼きトースト”に舌鼓|レッツエンジョイ東京
朝食って面倒くさくて食べたくな〜い。でも、思わずSNSにアップしたくなるようなステキな朝食ならば、食べてみたい!と、考える人も多いのでは?今回は2021年5月にオープンした“ちょっとよそゆきの朝ごはん”が1日中楽しめるお店をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました