【レポ】新橋「ニットカフェ 森のこぶた」のスコーンモーニング

新橋「ニットカフェ 森のこぶた」のスコーンモーニング
スポンサーリンク

新橋「ニットカフェ 森のこぶた」で、モーニングにスコーンセットを。

オープンの7時到着を目標に虎ノ門へ出発。
自宅の元住吉から東横線で渋谷方面へ。
中目黒駅で日比谷線へ乗り換えて虎ノ門ヒルズ駅まで。
B2出口から地上へ上がりました。

虎ノ門ヒルズへ向かい、外周を辿るように歩きます。
Googleマップがあさっての方向を向いて、慣れない虎ノ門の街をグルグルしてしまいました。
余裕を持って訪れたはずが、森のこぶたへの到着はオープンギリギリに。
さすがにオープン前から待っているお客さんはいないようでしたが、入店後に続々とお客さんがやってきました。

4人掛けと2人掛けのテーブル席が数組。
想像していたより広々していました。
カウンターや客席を一望できる道路側の窓に面した席に座ることにしました。

天井からはチームラボの演出かと思うほど沢山の電球が灯っていました。
ピアノの優しいBGMが流れています。
落ち着いていてあったかい空間です。

レッツのおでかけ記事によると、スコーンにはプレーン、クルミ、レーズン、季節のスコーンの4種類のフレーバーがあって、どれがこぶた型のスコーンかは店員さんに尋ねる必要があるとのこと。
アラフォーのおじさんにはなかなかハードルの高いミッション。

と思いきや、スコーンを注文する時に、こぶたのスコーンがどれかを店員さんの方から教えてくれました。

提供まで10分近く待ちました。
このサイズのスコーンを見たことがありません。
子ぶたとは言え、ピッグ、違う、ビッグサイズ。
スプーンが入るくらい、表面だけサクッとしたふんわりしています。
味わいはオーソドックスなスコーン。
そのままいただくには物足りないかな。
ベリージャムやホイップクリームを付けていただきます。

マスク越しにコーヒーの香りが漂ってきました。
最初の苦味がくっきり、口の中ですっと消えてほんのり残るタイプ。
店員さんの人柄があらわれているのか、何とも言えない優しさに包まれた空間で、朝からほっこりできました。
転居予定の職場から近いので通っても良いかも。

居合わせたお客さんはみな私と同じソロ活でした。
支払いは現金のみ。

▼おでかけした飲食店
新橋「ニットカフェ 森のこぶた」

 ▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:落ち着ける

▼いただいたメニュー
・スコーンセット:510円

▼こちらの動画を掲載しているおでかけ記事
「こぶたスコーン」が超キュート!カフェマニアおすすめの、ハッピー気分になれる新橋モーニング

こぶたスコーンが人気のお店!新橋モーニングレポ
朝はゆっくりと過ごしたい、仕事前の一人時間を充実させたい・・・そんな方にオススメのモーニングが、サラリーマンの街・新橋にあるんです。今回は、朝からハッピーになれるキュートなカフェモーニングをご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました