【レポ】清澄白河「フカダソウカフェ」のスイーツ

清澄白河「フカダソウカフェ」のスイーツ

清澄白河「fukadaso cafe(フカダソウカフェ)」でレッツの記事で相性抜群と紹介されていた、キャラメルグラノーラパンケーキとアイスカフェラテを。

千代田線で大手町まで。
半蔵門線に乗り換えて清澄白河で下車。
A3出口を出て歩くこと5分。
明らかに古い倉庫らしい建物が見えてきました。
築50年のアパート兼倉庫をリノベーションしたレトロ感溢れた空間です。

女性2人組やソロのお客さんでほぼ席が埋まっていました。
カウンターで注文して代金を支払った後に席で待ちます。
キャラメルグラノーラパンケーキとアイスカフェラテを注文。
キャッシュレス決済はペイペイのみ対応していました。

グラノーラが散りばめられています。
少しパサっとしたふっくら系パンケーキです。
ホイップとキャラメルアイスクリーム、そしてパンケーキを縦に切っていただくと、ひんやりから甘味がぱーっと広がり、口の中が幸せになります。

苦味控え目で飲みごたえはありませんが、すっきり系のアイスカフェラテがリセットしてくれます。
確かにパンケーキと相性あります。

2枚目は、皿のグラノーラを回収して、別添えのホイップとともに。
ザクザクした食感とパンケーキのほんのりとした温かさを楽しめました。

滞在中に続々とお客さんが訪れてきましたが、結局、最後まで男性は私一人でした。
オープンの13時を目掛けて訪れて、ソファ席でゆったりするのが良さそう。

正面の「うどん」看板がシュール。

▼おでかけした飲食店
清澄白河「fukadaso cafe(フカダソウカフェ)」

▼いただいたメニュー
・キャラメルグラノーラパンケーキ:900円
・アイスカフェラテ:530円

▼おすすめのシーン
・ソロ活:席数少なめ
・デート:レトロおしゃれ

▼参考にしたおでかけ記事
【清澄白河】コーヒーの聖地を巡るおすすめカフェマップ

【清澄白河】コーヒーの聖地を巡るおすすめカフェマップ【Lets】レッツエンジョイ東京
下町の情緒も残りながら、現代美術館や個性的なギャラリーもあるなど、文化が交錯する清澄白河エリア。現在は、新たなコーヒーカルチャー“サードウェーブコーヒー”の発信元として、日本だけでなく海外からも脚光を浴びています。一口にコーヒーといっても…

コメント

タイトルとURLをコピーしました