【レポ】日比谷OKUROJI「肉バル カーニヴォー」のステーキサンド

日比谷OKUROJI「肉バル カーニヴォー」のステーキサンド

日比谷OKUROJI「ニクバル CARNIVOR(カーニヴォー)」でステーキサンドを。
遅めのランチに、11時30分~17時までのカフェタイム利用で訪れてみました。

有楽町駅から新橋駅方面へ伸びる高架下、日比谷グルメゾンを通り抜け、日比谷OKUROJIへ。

高架下ということを忘れてしまいそうになるくらい、スケールが大きくスタイリッシュな商業空間。
オープンしているお店はまだ疎らですが、これまで何もなかったところに突如として現れた巨大ダンジョンのようで、歩いているだけでワクワクします。

トーストはこんがり焼かれた薄切りタイプ。
トマトを挟むように2枚のステーキが入っています。
お肉をサンドしているとは思えないくらい、食感はふかふかしてて柔らかい。
酸味があってスパイシーなステーキソースがたっぷりかかっています。

肉自身の旨味を楽しむならもっとソースは控え目が良いかなぁと思いましたが、これはこれでこだわりなのかなと思いました。
対称的に、フライドポテトは細切りカットの至って普通のポテトでした。

終始ソウルミュージックがBGMとして流れていました。
味がある雰囲気です。
キャッシュレス決済に対応していて、クレジットカードで支払いました。

レッツのおでかけ記事で紹介されていた夜の看板メニューの1inchステーキもカフェタイムで食べられるみたいでしたが、なかなかの昼食価格になってしまうため、次回の楽しみに取っておくことにしました。

▼おでかけした飲食店
日比谷OKUROJI「ニクバル CARNIVOR(カーニヴォー)」

▼いただいたメニュー
・ステーキサンド:1,200円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:カウンター席あり
・デート:おしゃれ

▼参考にしたおでかけ記事
【有楽町】話題のグルメ、コスパ抜群の名店も!おすすめディナー5選

【有楽町】話題のグルメ、コスパ抜群の名店も!おすすめディナー5選【Lets】レッツエンジョイ東京
有楽町は、銀座や丸の内、新橋にもほど近く、デートや女子会にぴったりのレストランが軒を連ねています。高架下の話題スポットから洗練されたレストランまで!今回は、わざわざ足を運びたくなる、とっておきの5店をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました