【レポ】原宿クリスティーのミルフィーユと紅茶

スポンサーリンク

原宿の紅茶専門店「原宿クリスティー」でミルフィーユと紅茶のケーキセットを。

千代田線で明治神宮前〈原宿〉まで。
3番出口から地上へ出てJR原宿駅前を通り、WITH HARAJUKUを通って竹下通り方面へ。
WITH HARAJUKU側から竹下通りに入る手前に目的の喫茶店、原宿クリスティーがありました。

ここで少し話が脱線します。
原宿クリスティーの手前でTHE ALLEYを通過。
カメラマンさんが一人、外観を撮影をしていて、お店紹介用かなかぁと眺めがら素通りしました。
翌日、偶然見ていた「めざましテレビ」の「イマドキ」のコーナーで、まさに撮影していたお店と外観ショットが流れて驚きました。
放送の前日ギリギリに撮影してるんですね。

話を戻して原宿クリスティーへのおでかけについて。
訪れたのはクリスマスシーズン真っ只中。
店頭にはクリスマスの装飾が施されてました。

ミルフィーユと紅茶をそれぞれ単品で注文するはずせしたが、
せっかくの紅茶専門店なので、セットで注文できる紅茶ニルギリにしました。

ミルフィーユは予想以上の大きさでした。
周りから見えるアラフォーのおじさんがミルフィーユと対面している画を想像すると、恥ずかしく思ってしまうくらい。
東銀座のアメリカンのサンドイッチ程ではありませんが、衝撃はそれに準ずるくらいでした。
声には出せませんが心の中ではかなりテンションが上がってます。
顔には出てたかも。

ミルフィーユというより、パイ生地のクリームサンドと呼んだ方が良いじゃないかと思えるくらいクリームがたっぷりです。
縦に立てたままフォークだけで綺麗に食べるのを諦めて、横に倒してナイフで切っていただくことにしました。
横に倒すと恥ずかしさが半減しました。

これだけクリームが多いのに軽くて甘過ぎずペロリといけちゃいます。
パイ生地とクリームの間のしっとりした生地の部分が幸せ。
普段いただくミルフィーユでは味わえない体験がありました。

紅茶のニルギリは渋味が少なくまろやかでした。
紅茶入れとともに提供されるので2~3杯はおかわりできます。
口に含む度にスッキリしました。

支払いは現金のみでした。
子供をベビーカーに乗せて訪れるのは難しいかなぁと思って一人でおでかけしましたが、店内広々していて、ソファ席もあって何とかなりそうでした。
レッツのおでかけ記事ではスコーンもおすすめと紹介されてました。
原宿に訪れる機会があったらまた立ち寄りたくなった喫茶体験でした。

▼おでかけした飲食店
原宿クリスティー

▼いただいたメニュー
・ケーキセット ミルフィーユ/紅茶(ニルギリ):900円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:一人席豊富
・デート:喫茶店デート

▼参考にしたおでかけ記事
生クリームが大量すぎる「絶品ミルフィーユ」!30種以上の紅茶も楽しめる穴場店へ
https://www.enjoytokyo.jp/solo/detail/1475/

コメント

タイトルとURLをコピーしました