新幹線ビューの穴場?ランチもできる有楽町「ジョリッティカフェ」でイタリアンジェラートを満喫

スポンサーリンク

有楽町マルイ3階「Giolitti Café(ジョリッティカフェ)有楽町店」でイタリアンジェラートを。

「Giolitti(ジョリッティ)」はイタリアの老舗ジェラートブランド。
有楽町マルイ3階のジョリッティカフェは初のカフェ業態店らしい。
私の記憶が正しければイタリアンカフェ「Skew(スキュー)」の跡地。

奥のテーブル席側は足元から天井まで窓ガラスで開放的です。
ちょうど同じ高さの正面を新幹線が走る新幹線ビュースポット。
またこういうかたちでこの場所を訪れることになるとは。

イートインはお皿入りで2つのフレーバー以上の注文になるとのこと。
丸いカウンター席ならテイクアウトメニューもいただけるらしい。
レッツエンジョイ東京のおでかけ記事でスイーツコンシェルジュ「はなともさん」が紹介していたのはテイクアウトメニューで、ピスタチオとジャンドゥーヤのダブルカップに生クリームトッピング。
同じようにテイクアウトで利用することにしました。

ジェラートのフレーバーは18種類。
そのうち、スタチオ、ジャンドゥーヤ、ヘーゼルナッツ、アーモンドはプレミアムフレーバーで+110円。
はなともさんセレクトは2種類のプレミアムフレーバーのダブルカップ。
そして自家製生クリームをトッピング。
こちらも+110円で、合計すると普通にダブルカップを注文するより+330円。
なかなかリッチなジェラートのテイクアウトになりました。
キャッシュレス決済はクレジットカードのみ対応。
Revolutで支払いました。

居合わせたお客さんは9割が女性。
そのほとんどがグループ客でソロ活はちらほら。
一人だけ私と同じ男性ソロのお客さんがいました。
お客さん同士の話し声で賑やか。
ベビーカー入店可で子ども椅子も。

ジェラートだから提供はすぐかなと思いきや5分ほど待っての提供でした。
想像していたよりかわいいサイズ。
これで1000円かぁという印象をどうしても抱いてしまいます。

↑記事冒頭と同じ動画です。

一口食べてみると、、これは好きなタイプ!
ジェラートといってもジャリジャリ感が無い滑らかなタイプです。
トルコアイスのようにねっとりしています。
そして香りも甘さも超濃厚。
普段食べるアイスクリームを2倍濃くしたような感じ。
小さいカップながら、口の中ではその存在感に圧倒されました。

そしてイタリアンスタイルを味わうためにトッピングした生クリーム。
食感がふわっふわで贅沢気分に。
イタリア人はこうやって食べるのかぁ、、確かにジェラートに合いました。

↑6年前に有楽町マルイ3階(前スキュー)から撮影したドクターイエロービュー

窓側の席が空かなかったため、新幹線ビューを捉えるシャッターチャンスがありませんでした。
ということで、最後に、6年間のスキュー時代に撮影した動画を紹介します。
ジョリッティカフェではこちらと同じ新幹線ビューを楽しむことができます。

↑6年前に有楽町マルイ3階(前スキュー)から撮影した新幹線ビュー

▼おでかけした飲食店
有楽町マルイ3階「Giolitti Café(ジョリッティカフェ)有楽町店」

▼いただいたメニュー
・ダブルカップ(ピスタチオとジャンドゥーヤ):990円
・生クリーム:110円

▼おすすめのおでかけシーン
・デート:高級ジェラート店
・ソロ活:テイクアウト利用可

▼参考にしたレッツエンジョイ東京のおでかけ記事
「ここまで美味しいジェラート初めて!」名作映画にも登場した“世界で愛される味”

「ここまで美味しいジェラート初めて!」名作映画にも登場した“世界で愛される味”|レッツエンジョイ東京
各分野に詳しいナビゲーターが、得意分野にまつわるオススメ情報をさまざまな切り口で紹介するコーナー。今回はスイーツコンシェルジュのはなともさんが、「プチ贅沢にぴったりなジェラテリア」を紹介します。

▼ほかの「有楽町・銀座スイーツ」レポート記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました