【レポ】学芸大学「香住 北よし」の蟹ラーメン

学芸大学「香住 北よし」の蟹ラーメン
スポンサーリンク

学芸大学「蟹ラーメンとお酒の場 香住 北よし」で、ランチに香住の蟹醤油ラーメンと蟹丼を。

自宅の元住吉から東横線で学芸大学へ。
学芸大学駅の改札を出て右手。
商店街を歩いて左に入ったところに目的のお店、香住 北よしがありました。
装飾が真っ赤でこれから蟹食べることになります感満載です。
店頭にベビーカーOKの看板がありました。
こういうお知らせがあると安心します。

お店に到着したのはオープン直後。
ハイチェアのテーブル席へ案内してもらえました。
妻は香住の蟹つけめんを。
私は香住の蟹醤油ラーメンと蟹丼を注文しました。
セットだと80円お得になって1,300円に。

数分して蟹登場。
おっきい蟹の蓋。
目の前にするとなかなかのインパクトあります。
蓋を開けると、まず目につくのは豪快に蟹の脚付きのつくね。
大きいワンタン。
食べる前から蟹ワールドへ引き込まれます。

妻「めっちゃ蟹だよ。これは蟹嫌いな人は食べられないよ。当たり前だけど」
確かにめっちゃ蟹です。
海老ラーメンのような甲殻類の香りがしますが、クセは海老程ではありません。
甘くて飲みやすいスープ。

柔らかめのストレート麺です。
スープによく絡んで毎口蟹状態。
別添えの蟹身と蟹味噌を入れて混ぜるとさらに蟹度アップ。
これだけ蟹でもクドさが無く上品に感じられるなんて、蟹の力に驚きました。

珍しい蟹のつくね。
プチプチしてほんのり香辛料の香りがしました。

蟹丼は甘い蟹フレークとプチプチとびっこの丼。
ただの白ご飯ではなくほんのり酢の香りがしました。

妻が注文したつけ麺は中太麺。
スープは私が食べたラーメンよりもさらに濃厚でした。

頻繁に声を掛けたり、お菓子を入れる器を出してくれたり、娘に優しく接してもらえました。
娘は少し驚いているようでしたが。

海老ラーメンはたまに食べてましたが、蟹ラーメンは初めてでした。
食事も会話も楽しめた蟹ラーメン体験でした。
妻「二郎とか、とんこつの方が中毒性あるよね。あれ何なんだろうね」
妻の評価はいつもシビア。

▼おでかけした飲食店
学芸大学「蟹ラーメンとお酒の場 香住 北よし」

▼いただいたメニュー
・香住の蟹醤油ラーメン:880円
・蟹丼:500円

▼おすすめのおでかけシーン

・ソロ活:カウンター席あり

・子連れ:ベビーカー入店OK

▼参考にしたおでかけ記事
カニまみれの「蟹ラーメン」!東京初進出店で“カニ天国”を満喫

学芸大学「蟹ラーメンとお酒の場 香住 北よし」レポ
いよいよ冬本番。この季節になると注目される食材の代表格といえば「カニ」。焼いて良し、鍋にして良しのカニですが、ラーメンにしても甲殻類特有の出汁が楽しめ、美味しそうですよね。そんな中、今年大阪で人気のカニ専門店が、「蟹ラーメン」を看板に東京に初進出。カニを全面に打ち出した贅沢な一杯を徹底レポートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました