【レポ】北千住「茶香」のパンケーキ

緊急事態宣言前におでかけしたレポートです

スポンサーリンク

北千住「茶香(ちゃか)」でパンケーキ「春麗(はるうらら)」を。
茶香は人気中の人気店で、前日のネット予約か当日の整理券が必要です。

前日のネット予約開始が前日の18時。
時間前から予約スタンバイするはずが、仕事に没頭するあまり気付いたら時間を過ぎていて見事に満席。
日によるとは思いますが、受付開始後10分くらいで埋まってるのではないでしょうか。

お店のTwitterで当日整理券を配布する予定を確認。
予約無しで突撃してみることにしました。

自宅の元住吉から東横線で渋谷方面へ。
副都心線へ乗り入れて明治神宮前駅で千代田線へ乗り換え。
あとは北千住まで乗りっぱなしの約1時間の電車旅。
北千住駅の4番出口から地上へ上がりました。

茶香まで10分歩きます。
北千住マルイに沿って歩き住宅街へ。
ホテルの手前を曲がってひたすら北上。
宿場町通りを横目にサンロードを北へ。
千住寿町交差点で日光街道を渡ってようやく到着。

整理券配付開始予定40分前の9時10分。
一番乗りと思いきや既に店頭のベンチに座る強者がいました。
待っていると店内から店員さんがやってきて「12時50分からの席で案内できます」との説明が。
12時50分かぁ。
想像していたより後の時間帯でした。
整理券をもらうために引き続き配布開始の9時50分まで店頭で待とうとしたところ、9時30分から整理券の配付が開始されました。
前のお客さんも同じ12時50分組でした。
2人組らしく、整理券は1人で受け取りに来ても良いようです。
キャンセル無しで10分前に戻って来るようにと案内がありました。
諭すようなかなり優しいトーンです。

振り返ると気付かないうちに後ろに5人並んでいました。
この人達は何時の組なんだろうと思いながら、駅前のドトールへ。
充電しながら待とうと思ったら電源が撤去されてるみたいで、省エネ利用で記事を書き溜めることにしました。

そして12時40分、再び茶香へ。
店頭のベンチで待機します。
店外までパンケーキの香りが漂ってました。
5分前の12時45分に案内がありました。
中に入ると木目調の綺麗な内装です。
1階は厨房で通されたのは2階。
2人掛けのテーブル席が数組並んでいました。
テラス席もあるようです。
予約限定のため既にほぼ満席です。
席は指定されます。

早速注文。
レッツのおでかけ記事でも紹介されていた3月の新店舗限定パンケーキ、春麗(はるうらら)を注文しました。

20分くらい待ちました。
店員さん「メレンゲを使用していて萎みやすいのでお早めにお食べください」
究極のふわふわです。
トッピングのりんごの重さで撮影中にもリアルタイムで萎んでいくのが分かります。
そのまま食べ進めると萎み切ってしまいそうと思い、まずはりんごをパンケーキから下ろしました。
りんごや苺のシャキっとした食感とのコントラストが面白い。

クリームも溶けます。
本当に時間との勝負。
くっきり残るにはりんごと苺だけ。

果物の甘味を大切にしてるのかな?
クリームは甘さ控えめです。
紅茶が入ってるのか独特な香りがしました。
物理的にも味的にも分離感がすごいんですが、これはこれでアリなのかも。
こうした変化が激しくいろんな物が混ざり合うのが春ということで。

FEELCYCLEで流れるテイラーの曲に合わせて、脳内でエルボーダウンオフビートを刻みながら最後はツイストで〆るパンケーキ体験を楽しみました。
支払いは現金のみでした。
店員さん「長い時間お待たせしました」
本当に長かった。
しかし最後まで気持ち良く時間を過ごせました。

▼おでかけした飲食店
北千住「茶香」

▼いただいたメニュー
・春麗(はるうらら):1,950円

▼おすすめのおでかけシーン
・デート:予約必至の人気店
・ソロ活:一人なら当日整理券狙いも

▼参考にしたおでかけ記事

予約が取れない人気カフェが移転!「絶品パンケーキ」が夢みたいに美味しかった

【北千住】人気カフェ「茶香」の絶品パンケーキレポ|レッツエンジョイ東京
北千住の人気店が、同エリア内に移転オープン!今までの人気メニューはもちろん、新しいメニューも加わってパワーアップしました。そんなお店を早速レポートしちゃいます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました