御茶ノ水で隠れ家ランチ!おしゃれな「カフェ ダイニングバー104.5」は一人でもデートでも使える穴場だった

スポンサーリンク

新御茶ノ水「Cafe, Dining & Bar 104.5(カフェダイニングアンドバー イチマルヨンゴー)」で、ランチに大豆ミートのラザニアシティスタイルを。

2020年の映画「花束みたいな恋をした」のロケ地らしい。
(あとで今回参考にしたレッツエンジョイ東京のおでかけ記事を見返して気付いたんですが、今回、私が座った席は、菅田将暉演じる山音麦が使用した席でした)

B2出口から地上へ上がって本郷通りを聖橋方面からニコライ堂方面へ下ります。
幽霊坂へ入って外堀通りへ向かう途中にあるテラスタワーの2階に、104.5が見えました。
歩道橋を使えば、駅からわざわざ通りに出なくても行けたっぽい。
まさかこんなところにカフェがあるとは。
幽霊坂の通りからだとビルの2階位置にある104.5になかなか気付くことができないはず。

店内は照明が薄暗くて落ち着きます。
BGMはしっとりした洋楽が流れていました。
席に座ってるだけでテンション上がりっぱなし。
これは居心地が良過ぎてついついデザートまで注文して長居してしまいそう。

注文はモバイルオーダーです。
レッツエンジョイ東京のおでかけ記事でもお店のメニューでもプッシュされていた大豆ミートのラザニアシティスタイルを注文することにしました。
カヌレもおすすめとのことで惹かれたけど予算が高くなるので次の機会に取っておくことにしました。

そしてやってきた大豆ミートのラザニア。
只者ではありませんでした。

↑記事冒頭と同じ動画です。

見た目は普通のラザニア。
ワンプレートにちょこんとおさまっていて軽めの印象です。
まずナイフを入れる時にその柔らかさに驚きます。

食べてみても食感ふっかふか。
チーズはとっろとろ。
大豆ミートとは思えない肉のような旨味を感じました。
これは是非大きめにカットして口いっぱいになるようにして食べて欲しい。
多幸感が溢れます。

パンはしっとりふわふわ。
ほんのり甘味がする2種類のパン。
どこのパンだろう?
2口くらいで終わるのでもっと食べたい。
サラダはレモンが香るシーザーサラダでした。

ランチ1,280円は周辺のお店に比べると1.5倍くらいの相場だけど、十分に見合うランチ体験だと思いました。
決して有村架純びいきしているわけではありません笑

グループ客と私のようにソロ活のお客さんが半々くらい。
お店の雰囲気がそうさせているのか、話し声もひっそりしていました。
私が婚活現役なら間違い無くデート先の候補にするはず。

▼おでかけした飲食店
新御茶ノ水「Cafe, Dining & Bar 104.5(カフェダイニングアンドバー イチマルヨンゴー)」

▼いただいたメニュー
・大豆ミートのラザニアシティスタイル:1,280円

▼参考にしたレッツエンジョイ東京のおでかけ記事
映画『花束みたいな恋をした』ロケ地で、眠っていた大事な思い出と再び出会う。

映画『花束みたいな恋をした』ロケ地で、眠っていた大事な思い出と再び出会う。|レッツエンジョイ東京
各分野のナビゲーターが、得意分野にまつわるオススメ情報を紹介するコーナー。今回は、三度の飯より映画の聖地巡礼を愛する映画ソムリエの東紗友美さんが、『花束みたいな恋をした』ロケ地といま観たい最新恋愛映画を紹介します。

▼ほかの「御茶ノ水ランチ」レポート

▼御茶ノ水はスイーツでも魅力的なお店が!

▼御茶ノ水の朝食バイキングレポート

▼その他、東京の最新おでかけレポートはこちら

すべて実際に行ったみた!最新の「東京グルメ」ブログ

ファン歴4年。東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」のおでかけ記事を読んで、プライベートで実際におでかけ。その中から実際に楽しめたおでかけ先を、動画や写真を交えながらレポートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました