【レポ】渋谷「オタンジャディス」のガレットとクレープ

渋谷「オタンジャディス」のガレットとクレープ
スポンサーリンク

「Au Temps Jadis(オ・タン・ジャディス)」は渋谷イエローストリート沿いにあるクレープ&ガレット専門店。
1985年創業の老舗とのこと。
ガレット専門店でそんなに長く続くんだと驚きました。

おでかけ前のチェックで入口に細い階段があるからベビーカーで入るのは難しそうと思い、家族での訪問を控えてました。
一人でおでかけする機会に、11時のオープン時刻を目掛けて訪れました。
自宅の元住吉から東横線で渋谷まで。
センター街の混雑を避けるためにビックカメラ渋谷東口店横のB2出口から地上へ。
明治通りを北上し宮下公園を過ぎたところで山手線の高架をくぐって代々木公園方面へと向かいました。

店頭まで来てオープンは11時30分ということを知りました。
やられました。
公式もGoogleも食べログも11時記載。
どこにそんな情報が?
インスタに11時30分の情報がありました。
むー。

気を取り直して11時30分に再び訪問。
オープンに合わせて来ているお客さんが数組いました。
階段を下りて店内へ。
狭いのでベビーカー持ち込みは厳しそうです。
中は静かで独特の世界観。
外が渋谷とは思えない異世界に迷い込んだような感覚です。
地下で日光が差し込む様子がまた幻想的。

半分以上の席が予約の札が置かれていました。
一人の場合はお店中央の大きなテーブル席に相席のようです。

注文はセットメニューのみ。
そば粉のガレット+デザートクレープ
レッツでおすすめされていた「ハム、卵、チーズのガレット」と「塩バターキャラメルのデザートクレープ」の組み合わせを。
ドリンクはリンゴの発泡酒のシードルにしました。

美しい。
何枚もガレットを見てきましたが、こんなに芸術性を感じたのは初めて。
盛り付けがめちゃめちゃ丁寧です。
アラフォーのおっさんの心を完全に射貫きました。
生地はソフトタイプで食べやすい。
チーズがふわっふわ。
赤いプチプチが爽やかでした。
耳までチーズが行き渡っていて一口ひとくちの満足度が高い。
若干、しょっぱいかなぁ。

鉄板が客席を向くように配置されていて、お客さんの食べ終わりを伺って次のメニューを提供しているようでした。

続いてデザートクレープ。
やっぱり美しい。
中央にのっているのはバターです。
食べてみると、、なんじゃこりゃあ!
あったかくてふわっふわ。
こんなクレープ食べたの初めて。
こんがり香ばしい。
厚みがあって食べごたえがあります。

シードルはアルコール度数強めのくっきりタイプ。

どうやらお兄さん一人切り盛りしている様子。
接客は物腰柔らかい。
インテリアも料理も接客も人間性が現れているようでした。
支払いは現金のみ。
ガレットは高い食べ物だけど、この内容で2,200円はリーズナブルと断言できます。

▼おでかけした飲食店
渋谷「Au Temps Jadis(オ・タン・ジャディス)」

▼いただいたメニュー
・そば粉のガレットとデザートクレープ、お飲み物のセットメニュー:2,200円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:相席のテーブル席
・デート:予約推奨

▼参考にしたおでかけ記事
渋谷で一人ランチするなら!女性にオススメなお店5選

渋谷で一人ランチするなら!女性にオススメなお店5選
いつでもにぎわいを見せる渋谷エリアにも、のんびりランチを楽しめるお店がたくさんあります♪女子にうれしいサラダプレートやガレット、肉派も満足の本格バーガーなど、こだわりメニューが勢ぞろい!今回は、一人でゆっくりランチを堪能できるオススメ店を5つご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました