横浜駅から徒歩5分で工場直売パンが買える?123クラブハウスのジャンボ○○は安さも衝撃だった

スポンサーリンク

妻がマルイシティ横浜2階「1・2・3 ClubHouse New 横浜店」で、小菅製パンの工場直売パンを買ってきてくれました。

小菅製パンは、千葉県流山に工場を持つ、給食パンをはじめとする「添加物極力不使用」を掲げたパンメーカーです。
以前、いつもおでかけの参考にしているレッツエンジョイ東京の記事でも「小菅製パン」の工場直売パンを目にしたことがありました。
神奈川県の川崎から千葉県の流山へ、工場直売パンを目当てにおでかけするのは気が引けていたんですよね。
普通に交通費の方が高くついちゃうし。

妻はおでかけし、子供と家に留守番した日。
まさか妻がその小菅製パンの工場直売パンを買ってきてくれるとは想像していませんでした。

妻「全部で750円くらいだった」
そう言いながら妻は買い物袋の中からとんでもない規格外のジャンボパンを取り出しました。
ジャンボメロンパン!

浅草などでこれまで数々のジャンボメロンパンを目にしてきましたが、この大きさには遭遇したことがありません。
値段を聞いてさらに衝撃が。
私が言い当てようとした金額をはるかに下回り250円。
えっ、このサイズで250円。。

この日は留守番でお昼ご飯を食べる機会を逸していました。
買ってきてくれた妻に感謝し、早速すべてのパンをいただくことにしました。

クロワッサン:50円

しっとり系クロワッサン。
これは普通かな。

コロネチョコ:100円

しっとりさ控えめの生地の中にねっとり濃厚チョコレート。

あんマー:150円

妻「あんことマーガリンだよ」
あんマーは極厚食パンであんこをサンド。
厚めの食パンはふんわりしっとり。
マーガリンのコクを感じました。

ヘルシーベジサンド:200円

妻「これはフレッシュな野菜が入っているから、あんまり安くなかった」
極厚トマトスライスにレタスがぎっしり入ったサンドイッチ。
縦にも横にも立たないくらい野菜の量が半端ない。

ジャンボメロンパン:250円

↑記事冒頭と同じ動画です。

なんでマスクなんだろ?
妻「分からない。メロンの良いにおいがするよ」

サッカーボールくらいのサイズです。
2個裏面同士をくっ付けて本当にサッカーができそう笑
横からガブリとかぶりつき。
しっとりさは少なめ、ふんわり系の生地でした。
表面のザクザク食感は控えめかな。

メロンパンを食べていると添加物を極力使用していなさそうというのがよく分かります。
正直言って味は素朴に感じました。
普段からバターやいろんなものが沢山入っているパンを食べなれていることに気付かされました。
と言いつつ、さすがに1度の食事では食べ切れなかったものの、翌日にはきれいに平らげてしまいました。

先日、シウマイの崎陽軒本店でアフタヌーンティーをいただくために横浜に訪れた際、妻がしきりにマルイへ行きたいと言っていたのはこれが目当てだったのか。
その日は、ベビーカーを押して慣れない横浜駅周辺をウロウロ迷ってしまい、辿り着けませんでした。。
次は私もお店へ行ってみて工場直売パンを大人買いしてみたいな。

▼妻がおでかけしたお店
マルイシティ横浜2階「1・2・3 ClubHouse New 横浜店」

▼妻が買ってきてくれたパンメニュー
・クロワッサン:50円
・コロネチョコ:100円
・あんマー:150円
・ヘルシーベジサンド:200円
・ジャンボメロンパン:250円

▼同じ運営元(小菅製パン)が紹介されているレッツエンジョイ東京の工場直売記事
ワケあり販売が大人気!流山「小菅製パン」レポ

ワケあり販売が大人気!流山「小菅製パン」レポ|レッツエンジョイ東京
パン好きさんに超~朗報!千葉県流山市にあるパン工場「小菅製パン」が毎週土曜日に開催している「ワケあり販売」がいま大注目を浴びています。人気の理由は、ビックリするようなお値段!一体どんなパンをゲットできるのか、実際にお邪魔してリサーチしてきました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました