絶景テラス席!高尾山「十一丁目茶屋」で名物とろろそば

スポンサーリンク

高尾山「十一丁目茶屋」で、ランチに高尾名物とろろそばを。

早朝に新宿へ行く用事がある当日に思い立って、新宿から高尾山へ向かうことにしました。
新宿駅から京王線で高尾山口駅まで。
1時間半くらいの電車旅。
京王線に不慣れで、、時間帯を選んで特急や急行をうまく乗り継ぎできれば1時間くらいで行けたかも。

高尾山での目的のお店は、レッツエンジョイ東京のおでかけ記事で紹介されていた2つ。
そのうち1つ目は十一丁目茶屋で、1899年創業の老舗茶屋とのこと。
絶景とのことでオープン時刻の10時30分到着目標に高尾山を登り始めました。

高尾山には複数の登山ルートがあるらしく、初めてなので初心者向け?の1号路を歩いてみました。
1号路の登り口横にケーブルカーの駅舎がありますがスルー。

高尾山の中腹、上りのケーブルカーが着く駅舎まで登り切りました。
ほぼ休憩無しで40分くらいかかったかな。
全面舗装されていたものの、なかなかの傾斜で想像していたよりのぼりごたえがありました。
ケーブルカーを使えば、降りて数分で辿り着けます。
ベビーカーを押して訪れている親子もいるくらいでした。

30分余裕を持って10時に十一丁目茶屋に到着。
30分待たないといけないなぁと待つ覚悟を決めた直後、偶然にも開店。
運良く一番最初に入店でき席選び放題でした。

店内はテーブル席と靴を脱いで座る小上がりの座敷。
今回は特等席と言われるテラスのカウンター席を選びました。
一番眺めの良さそうな中央の席に着席。

レッツエンジョイ東京のおでかけ記事で紹介されていた温かいとろろそばをいただく予定でしたが、体が温まってて冷たいものを欲していました。
冷やしとろろそばを注文。
支払いは現金のみ前払い制です。
注文時に支払います。

提供まで3分くらいでした。
麺は柔らかい。
見た目以上に量があります。
卵と一緒に濃厚とろとろを楽しめました。
数倍美味しく感じているはず。

オープン10分後くらいにはテラス席は満席になりました。
接客はめちゃめちゃ丁寧です。
優しく声掛けしてもらえます。

今回のひとり山登りはここまで。
山頂まで登る時には家族みんなで来よう。
何年後になるかな。。
帰りはケーブルカーに乗って帰ろうと思いましたが、次のお店のランチタイムまで時間がありそうだったので、2号路を辿って下山することに。
2号路は舗装されている1号路とはうってかわってザ山道。
岩や木がゴツゴツしてて難度がグッと上がりました。
子どもが大きくなるまで2号路は厳しいかな。

▼おでかけした飲食店
高尾山「十一丁目茶屋」

▼いただいたメニュー
・冷やしとろろそば:1,000円

▼おすすめのおでかけシーン
・ソロ活:ひとり登山
・デート:登山デート

▼参考にしたおでかけ記事
この秋おすすめ!初心者でも気軽に楽しめる、高尾山ハイキングレポ

この秋おすすめ!初心者でも気軽に楽しめる、高尾山ハイキングレポ|レッツエンジョイ東京
八王子市にある高尾山は、登山者数世界一といわれる人気スポット。実際に定番コースを歩き、中腹の展望台や山頂のグルメ情報、歴史ある薬王院や山麓の癒やしスポットについてレポート。初心者向けの基本情報を中心に、高尾山ハイキングの魅力をお伝えします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました