大人のイタリアンならココ!武蔵小杉「アッペティート」のコースメニューを子連れ&個室で楽しんできた

スポンサーリンク

武蔵小杉のイタリアン「TRATTORIA APPETITO(トラットリア アッペティート)」で、友人と子供と一緒にランチ。

以前、ランチタイムに弾丸でアッペティートを訪れた時、未就学児は個室利用がマストとのことで入店することができませんでした。
友人と食事をする機会に事前に個室をネット予約してリベンジすることにしました。

個室利用には食事代とは別に室料がかかります。
今回利用した4~6名用の一番小さな個室は1,000円でした。
また、注文するメニューの制限もあります。
Pranzo B(贅沢ランチ)以上の注文が必要です。

  • Pranzo A(パスタランチ):1,870円
  • Pranzo B(贅沢ランチ):2,640円
  • Pranzo C(スペシャルランチ):4,840円

当日の店員さんの案内ではPranzo A(パスタランチ)も選べるっぽい感じでしたが笑

この日訪れたのはランチタイムスタートの11時30分。
長時間じっとしていられない1歳の息子を、朝から遊ばせて、ベビーカーで揺らして寝かしつけて訪れました。
個室にベビーカーを持ち込むことができました。
一番小さな個室は通路のスペースがほとんど無く席のスペースだけです。

注文したPranzo B(贅沢ランチ)の内容は、

  • 前菜盛り合わせ
  • パスタまたはリゾット
  • メインディッシュ(魚料理または肉料理)
  • 本日のデザートとドリンク(コーヒーまたは紅茶)

パスタは、トマト、オイル、クリームのそれぞれのメニューがあり、オイルの鶏肉とグリルネギのオイルソースを注文しました。
メインディッシュは、魚料理の鮮魚のソテーレモンバターソースを選択。

まずは前菜からの提供でした。

  • サツマイモの冷製クリームスープ
  • 戻りガツオのカルパッチョ
  • 生ハムとルーコラの盛り合わせ
  • 青のりとトウモロコシのゼッポリーニ

どれも2口サイズ。
友人が選んで注文してくれた白ワインによく合いました。

↑記事冒頭と同じ動画です。

続いてメインのパスタ。
50gなので量は少な目です。
スープパスタのようにしっとり。
鶏肉とネギの食感の違いと、鶏肉の旨味、ネギの香ばしさを楽しめるパスタでした。

そしてメインディッシュのソテー。
こちらも決して量が多いわけではありません。
身がとっても柔らかく、レモンバターソースが優しい。
これまた白ワインとの相性が抜群でした。

最後にデザート。
訪れた前日が娘の誕生日で、大人のプレートを1皿デコレーションしてもらい(書いてもらった名前が若干違ったけど笑)、店員さんがハッピーバースデーソングでお祝いしてくれました(無料でした)
多くの人からお祝いしてもらえて娘は大興奮。

90分制だったかな?時間いっぱい過ごし、友人や子供と良い思い出作りができました。
子連れでの普段利用はハードルが高いけど、また特別な機会に利用してみたい、大人なレストランでした。

▼おでかけした飲食店
武蔵小杉「TRATTORIA APPETITO(トラットリア アッペティート)」

▼いただいたメニュー
・Pranzo B(贅沢ランチ):2,640円

▼おすすめのおでかけシーン
・デート:落ち着いた雰囲気で大人デート

▼同じ「武蔵小杉イタリアンランチ」レポート

▼「武蔵小杉イタリアン」以外も含めた武蔵小杉・元住吉の最新ランチレポート

武蔵小杉・元住吉の地元民おすすめランチマップ&開拓レポ
2020年に渋谷から川崎市の武蔵小杉・元住吉に引っ越してきたシラタキ家。 引っ越し前までは都内を中心におでかけしましたが、武蔵小杉や元住吉の街のことをもっと知りたい! そんな思いで、東京のおでかけレポートに加えて、武蔵小杉と元住吉のランチ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました