濃厚ソース&ボリューム満点のパスタだった!「すぱじろう」でランチ

スポンサーリンク

すぱじろうグランツリー武蔵小杉店で、ランチにすぱじろうのジェノベーゼを。

妻「すぱじろう、なんで恵比寿なんだろう?」
すぱじろうは恵比寿を本店に、東京都内、大阪、名古屋に出店している釜揚げパスタの専門店。
都内を歩いているとよく見掛ける印象で、全国展開しているチェーンかと思っていましたが、ほとんどのお店が都内に限られているなんて調べるまで知りませんでした。

私は東京・神奈川に15年近く住んでますが、すぱじろうで食事をとったことは1回あるかないか。
少なくともレッツエンジョイ東京を見て飲食店を開拓するようになった6年前からは、1度も訪れてなかったと思います。
ということで、ほぼ初めての気分で訪れることになったすぱじろう。

自宅から最寄りのすぱじろうグランツリー武蔵小杉店は、ショッピングモール「グランツリー武蔵小杉」の4階フードコート内にあります。
パスタメニューはたらこすぱやミートソースすぱ等の680円から。
良心的な価格設定です。

今回は少しリッチにジェノベーゼをいただいてみることにしました。
妻はモッツァレラチーズとなすのトマトすぱを注文。
スパゲッティのサイズはSサイズ(100g)、Mサイズ(120g)、Lサイズ(170g)同一料金です。
追加料金190円でさらに上のXLサイズ(240g)なんてのもあるのようですが、今回はLサイズを注文しました。

追加料金で好みの具材を細かくトッピングもできるんですね。
シンプルなパスタをベースに、トッピングしてオリジナルパスタを作る楽しみもあるのか。
キャッシュレス決済は、グランツリーの他の飲食店と同様に、スマホ決済を含めて豊富に対応。
6gramを支払元にしたQUICPayで支払いました。
呼び出しブザーを受け取って座席で待ちます。
今回も子供2人連れての食事のためファミリー席を利用。

ブザーで呼ばれて受取口からお盆ごと受け取って座席まで運びました。
光沢を放つ黒の器に盛られていてパスタが映えます。
盛り付けも丁寧。
フードコート感がありません。
あらためて食べる前のビジュアルって重要と感じました。

まずはジェノベーゼから。
麺は柔らかめの細麺。
ジェネベーゼソースがねっとり濃厚です。
トッピングのトマトが爽やか。
ベーコンはしっかりとした塩加減でした。
妻「量が多くて1種類だと飽きそうだね。(シェアして)2種類食べないと」

続いて、妻が注文したモッツァレラチーズとなすのトマトすぱ。

甘いトマトソースです。
茄子がとろとろ。
ニンニクスライスがたっぷり入っていました。
こちらもパンチ力のある濃厚パスタでした。
妻「箸で食べるなんて五右衛門みたい。パスタってね、フォークで食べないと食べた気がしないのよってお姉ちゃんが言ってた」

食べた後にしっかり印象を残すパスタ体験でした。同じ「じろう」が付くラーメン二郎の中毒性と似てるかも?それなのに覚えてないということは、きっと私は一度もすぱじろうを利用したことが無かったんだろうな。

▼おでかけした飲食店
すぱじろうグランツリー武蔵小杉店

▼いただいたメニュー
・すぱじろうのジェノベーゼ:1,180円

▼おすすめのおでかけシーン
・子連れ:ベビーカー持ち込み可能&子供椅子あり

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました